2017年06月16日

森下悠里が結婚!



 グラビアアイドルの森下悠里(32)が16日、ニッポン放送「金曜ブラボー」に出演し、結婚を生報告した。

 担当コーナーの冒頭、MCの上柳昌彦アナウンサー(59)と望月理恵(45)からお祝いの言葉をかけられると「私ごとですが、このたび結婚させていただくことになりました」と発表。「相手の方は10年前からのお友達ですが、昨年末くらいからお付き合いさせていただいて、同棲から結婚ということになりました」と伝えた。 

「入籍は済ませましたが、結婚式はまだなんです。ドレスを着るという夢があるので、その時はぜひ着たいと思っています」と挙式への思いを語った。

「私ごとの報告で、すいません」と恐縮しまくりの森下はこの日、パープルの衣装で出演。番組のフェイスブックに写真が掲載されることから「白だとわざとらしいので、この色にしました」と話した。

 森下は午前中に、インスタグラムで結婚を発表した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000045-tospoweb-ent

森下悠里 ゴージャス [DVD]


posted by 切葉鳩 at 23:10 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中

武田玲奈、写真集で初の下着カット挑戦

 モデルで女優の武田玲奈(19)が、20歳の誕生日となる7月27日に2nd写真集(タイトル未定・集英社)を発売することが決定した。ドラマや映画など次々と話題作に出演し、女性ファッション誌『non-no』専属モデルとしても活躍する人気急上昇中の美少女が、初めてのランジェリー姿など決意のセクシーカットに挑んだ。

 武田は2015年2月にグラビアの王道誌『週刊ヤングジャンプ』の“史上最大級の逸材”として、初登場にして表紙を飾る破格の待遇でデビュー。高校卒業時の16年4月発売の1st写真集は発売即重版の大ヒットで、オリコン週間“本”ランキングの写真集部門で1位を獲得した。さらに女優として映画『暗殺教室』『オオカミ少女と黒王子』やドラマ『ラストコップ』『100万円の女たち』などに出演し、スターへの階段をトップスピードで登っている。

 待望の2nd写真の舞台は、本人が「ずっと行きたかった!」と最も憧れていた世界の最先端都市のアメリカ・ニューヨークと、東海岸屈指のリゾート地・マイアミ。さらに都内スタジオでも撮影を行う豪華な内容となっている。

 テーマは「日常生活の中の武田玲奈」。読んだ人が武田と友だちや恋人になったような気分を味わえる内容となっており、心を許した人にしか見せないナチュラルな表情を多数収録。また、完璧なスタイルを最大限生かした「アニメコスプレ」も本作の見どころで、自身が好きな作品から“推しキャラ”を選出しており、改めて武田のスタイルのよさ、2次元との親和性の高さを実感させる。

 武田は「20歳の誕生日に発売されるこの写真集は、私にとって、想いがたくさん詰まった作品になりました。ニューヨークのおしゃれな街並みやマイアミビーチでの撮影は本当に楽しくて、いい写真がたくさん撮れたと思います」と出来栄えに自信満々。お気に入りの1枚はタイムズスクエアで撮影したカットで「憧れの場所だったので、気分も最高に上がっていました」と興奮まじりに振り返っている。

 7月からはドラマ『マジで航海してます。』で女優の飯豊まりえとW主演を務めるなど、さらなる飛躍を予感させる武田が、この瞬間だから見せられる美しさと色気を最大限に表現している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00000348-oric-ent

武田玲奈2nd写真集(仮)


posted by 切葉鳩 at 22:59 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中

うんこ漢字ドリル、勢い止まらず

日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生




 「うんこ」という言葉を全例文で使った、ユニークな内容の学習ドリル(小学1〜6年生対象)として話題を呼んでいる『日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル』(文響社 3月24日発売)。同シリーズの『〜 小学1年生』が週間3.1万部を売り上げ、6/19付『オリコン週間“本”ランキング』の総合部門にあたる「BOOK部門」で先週6/12付に続いて、4週連続の1位を獲得した。

 昨年11月発売の『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版』(2016年11/21〜12/12付)以来となる4週連続(5/29、6/5、12、19付)の1位。今年度では村上春樹氏『騎士団長殺し-第1部 顕れるイデア編-』(新潮社 2月24日発売)の3週連続を抜き1位最長記録となった。また、同シリーズは『〜小学2年生』から『〜小学6年生』も引き続き快調で、6週連続で全6作がTOP10入りを続けている。

 シリーズの好調を受け、15日発売の女性誌『女性セブン』(小学館)に“大人版”が綴じ込み付録として登場することも決定。本家同様の笑える“うんこ例文”を掲載しており、脳トレに役立つかも?

 シリーズ著者の古屋雄作氏は「作ってみると、基本的には子ども向けと同じように楽しんでやれました。今回は『女性セブン』ということで、“主婦ならでは”の情景とか共感ネタのようなものを折り込めないかとチャレンジしたつもりです」と大人版の狙いを語った。また、「やはり自分が主婦ではないので想像するのに苦労しました。女性誌にこれだけ“うんこ”という言葉を書かせてもらって、今はとても清々しい気分です(笑)」と独特の“達成感”を明かしている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00000349-oric-ent

posted by 切葉鳩 at 16:32 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | めも