楽天 本の売れ筋ランキング



posted by 切葉鳩 at 21:41 | 北海道 ☔ | Comment(0) | めも

今日は「花粉症記念日」らしい

3月7日は花粉症記念日なのです。

ただし、インターネットで「花粉症記念日」や「3月7日 何の日」などの言葉を検索しますと、「1993年3月7日に気象庁が花粉症対策として花粉飛散情報の発表を開始した日」といった解説が多く見られます。しかし、このような事実はありません。

気象庁では花粉飛散情報を発表していませんし、これまでも発表したことはありません。また、「花粉症記念日」といった記念日の制定もしていません。

つまり誰が言い出したかは分からない謎の記念日なんですね「花粉症記念日」



posted by 切葉鳩 at 16:21 | 北海道 ☔ | Comment(0) | めも

嘘の新聞

Googleで嘘の新聞と入れると朝日新聞をサジェストしてくると聞いてたんだが、本当にやってみたら全くヒットしなかった。
虚構新聞とこれをネタにしたブログやYoutube動画しかヒットしなかった。

デマかGoogleは使い込みに応じて検索結果を変えてくるから、嘘の新聞=朝日新聞になった人はよっぽど朝日新聞の嘘を血眼になって検索しまくっているのだろう。

よってネット都市伝説です、これ。

いや、個人的には朝日新聞は嘘の新聞と思ってるけど(笑)デマはいかんよ、デマは。

posted by 切葉鳩 at 16:01 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 妄言

ドル、105円台後半





 7日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場は、コーン米国家経済会議(NEC)委員長の辞任報道で急落した後は下げ渋ったが、1ドル=105円台後半でなお上値重い展開となっている。正午現在、1ドル=105円67〜67銭と前日(午後5時、106円14〜15銭)比47銭のドル安・円高。
 ドル円は早朝、106円台前半で推移していたが、コーン委員長が辞任するとの報道で売りが強まり、105円50銭前後に急落。その後は下げ過ぎの反動から買い戻しが入ったほか、安寄りした日経平均株価が一時プラス転換したことで105円80銭台に浮上した。ただ、同水準では戻り売りもみられ、正午に向けてはやや水準を下げている。
 コーン委員長の辞任は、ホワイトハウスが一部報道後に正式発表した。ドル円は戻り歩調となったが、「米保護主義への警戒感は根強く、買い戻し一巡後はすぐに上値が重くなった」(為替ブローカー)という。前日の海外時間は、北朝鮮が関係正常化に向けた対話に応じるとの見方でリスクオンの地合いに傾いたが、「コーン委員長の辞任で地合いは悪く、下値を試すリスクがある」(FX業者)との声が聞かれる。
 ユーロは午前9時との比較では対円で小高く、対ドルは横ばい圏。ユーロ円は買いが入った後に緩む展開となった。正午現在、1ユーロ=131円21〜22銭(前日午後5時、130円92〜93銭)、対ドルでは1.2416〜2416ドル(同1.2333〜2334ドル)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180307-00000021-jijc-brf

[PR]初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
タグ:為替 円相場
posted by 切葉鳩 at 13:15 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

宮迫博之「これ、もう映画館」 ソニー「首かけスピーカー」、TV紹介で人気爆発

 ネックピローのように首にかけて使うソニーのウェアラブルスピーカーが、売り切れ続出で品薄となっている。

 きっかけは、2018年3月4日放送のバラエティー番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)。ソニーの広報担当者によれば、番組の人気企画「家電芸人」で紹介された直後から、公式通販サイトへの注文が相次いだのだという。

 商品名は「SRS-WS1」。発売は17年10月で、ソニーの公式通販サイト「ソニーストア」での販売価格は2万4880円(税別、3月6日時点)。首にかけて使うU字型のスピーカーで、ワイヤレスでテレビの音声を再生することができる。

 U字の両端部分には高音質の専用フルレンジスピーカーユニットを搭載。商品公式サイトによれば、ソニー独自の構造と音声処理によって、まるで音に包まれているような感覚を味わえる。また、臨場感を高めるために、音と連動して本体が振動する機能も搭載しているという。

 こうしたスピーカーの人気が高まるきっかけとなったのは、「アメトーーク!」の家電芸人特集だ。18年3月4日の放送で、お笑い芸人の土田晃之さんら出演者がこの商品を大絶賛したのだ。

 商品のプレゼンターを務めた土田さんは、アパートなど大きな音を出すと近所迷惑になってしまう場合でも、「(このスピーカーなら)ある程度の音量で十分」と説明。また、お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐さんも、

  「やっぱりヘッドホンだと、2時間映画とかを見てるとストレスがかかる」

と商品の使いやすさを力説。実際にスピーカーを試したMCの宮迫博之さんも、

  「うわ、これ振動が来てるよ。スゴい。これ...、もう映画館。これ絶対買うわ、ちょっとスゴすぎんねんけど」

と絶賛していた。また番組中には、スピーカーを試しながら掃除機をかける「実験」も行ったが、これに宮迫さんは目を丸くして「全然聞こえる」と話していた。

通販サイトで「売り切れ」続出
 こうした番組の視聴者からは、ツイッターやネット掲示板に、

  「めっちゃ欲しい...キッチン立つと、テレビの音聞こえないし、子供生まれたら、旦那も私もテレビの音量気になるよね」
  「欲しい!! ライブ映像とかゲーム実況見たら楽しそう」

といった書き込みが続出。そのほか、「耳の遠い高齢者にぴったり」「高齢者の方にもいいんでは」との意見もあった。

 実際、3月6日昼時点で、大手通販サイトのAmazonと楽天市場を調べると、「SRS-WS1」はいずれも完売状態。ヨドバシ.com、ヤマダウェブコム、ビックカメラなど、家電量販店の通販サイトでもほとんどが「在庫なし」だった。

 そのうちAmazonでは、「SRS-WS1」がオーディオスピーカー部門の売上ランキングで1位。また「マーケットプレイス」では、4万円以上のプレミア価格で商品を出品する業者が複数出ている。

  ソニーの公式通販サイト「ソニーストア」でも、話題のスピーカーは「入荷次第出荷」との状態になっており、サイト上では「ご好評により供給が逼迫しているため、入荷次第、順次注文が確定された順番から出荷させていただきます」との説明書きがある。

 ソニー広報CSR部の担当者は6日のJ-CASTニュースの取材に、

  「番組で紹介された直後から、ソニーストアへの注文が相次ぎ、ありがたいことに完売となりました。引き続き生産は行っておりますが、サイトでご説明している通り、現時点で入荷時期は未定となっております」

とコメントした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180307-00000000-jct-bus_all

posted by 切葉鳩 at 13:11 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

ドル、105円台半ば





 7日の東京外国為替市場のドルの対円相場は、米国のコーン国家経済会議(NEC)委員長辞任報道を受けて売りが強まり、1ドル=105円台半ばに下落している。午前9時現在、105円57〜58銭と前日(午後5時、106円14〜15銭)比57銭のドル安・円高。
 前日の欧州時間の序盤は、「EUは米国のデニムなどの関税を検討している、との報道でリスク回避の円買いが強まった」(外為仲介業者)とされ、ドル円は105円80銭台へ下落。その後は北朝鮮が「非核化問題協議や米朝関係正常化のため、米国と対話する用意がある」表明すると、円買いが巻き戻され、106円40銭台に切り返した。米国時間の序盤は、米輸入制限への警戒から、105円90銭台へ失速。中盤以降は米株の切り返しや長期金利の持ち直しを眺めて買い戻され、106円10〜20銭台へ上伸。東京早朝は、コーンNEC委員長の辞任報道を受けて売りが加速し、105円50銭前後へ急落した。
 東京時間の早朝、米一部メディアが「コーン米NEC委員長が辞任する」と報道。市場関係者は「トランプ大統領の歯止め役がいなくなり、輸入制限発動が強行されるとの見方が広がった」(外資系銀行)と説明。ドル円は市場参加者が少ないこともあり、水準を大きく切り下げる形となった。投資家は米保護主義への警戒を一段と強めており、「ドル円は下方向への動きが意識される」(国内銀行)とみている。
 ユーロは対円で小幅高、対ドルは上昇。午前9時現在、1ユーロ=131円07〜09銭(前日午後5時、130円92〜93銭)、対ドルは1.2415〜2415ドル(1.2333〜2334ドル)。
https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180307-00000038-jijf-market

[PR]FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX
タグ:為替 円相場
posted by 切葉鳩 at 09:14 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

「超人」ガチャピンの功績

  1973年、フジテレビ系での放送開始以来、45年の節目で幕を下ろすことになった『ひらけ!ポンキッキ』(現『ポンキッキーズ』/毎週日曜 前8:00 BSフジ)。その長寿番組が生んだスターこそガチャピンとムックだろう。SNSでも「寂しい!」「長い間、お疲れ様でした」などの声で溢れており、放送開始当初からの唯一のレギュラー出演者として世代を超えて愛されていたことがわかる。特にチャレンジ企画に取り組むガチャピンの姿は多くの人の心に響き、「何でもチャレンジして尊敬する」との声も。そんな“超人級”の偉業を成し遂げてきたガチャピンの使命と功績とは?

 『ポンキッキ』と言えば、まず大ヒット曲を思い浮かべるのではないだろうか。450万枚を売り上げ、現在も“日本で一番売れたシングル”の記録を持つ「およげ!たいやきくん」をはじめ、「いっぽんでもニンジン」、「ホネホネロック」、「まる・さんかく・しかく」等々、数多くの人気曲を世に送り出している。

 また、多くの人気芸能人が参加していることでも知られ、ペギー葉山、爆笑問題、安室奈美恵、井ノ原快彦、満島ひかり、三浦大知、そして現在も、歌手の藤原さくらや、人気子役の鈴木福などが出演。そして2代目「おにいさん」は、あの柄本明とベンガル(当時は東京乾電池)だったというのも意外である。

 だが、そんな『ポンキッキ』シリーズが生んだ最大のスターは、放送開始以来ずっと出演し続けているガチャピンとムックであろう。特にガチャピンは、放送間もなくシングルレコードの第一弾として「たべちゃうぞ」を歌唱して発売(ちなみに2作目が「およげ!たいやきくん」)。作曲・吉田拓郎という力の入りようは、スターならではと言ったところだが、「親の言うことを聞かない子は食べちゃうぞ」といった歌詞に「怖い」と苦情が殺到しわずか2週間で放送中止に。そんなお騒がせもありながら、当初の南国から来たのんびりとした性格の恐竜の男の子から、徐々に世界各地の旅や様々なチャレンジを見せ、スポーツ万能でアクティブな体当たりキャラを定着させていく。
more...
posted by 切葉鳩 at 09:09 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。