2018年03月13日

石原さとみ、30代迎え「見られる」から「見せる」女優に

 米映画情報サイト「TC Candler」による「世界で最も美しい顔100人」に2013年から5年連続でランクインしているナチュラル・ビューティー。

 今年は1月期のドラマ「アンナチュラル」(TBS系)で解剖医を演じ、高視聴率をたたき出したかと思うと、2月からは4年ぶりとなる舞台「密やかな結晶」に出演。ドラマで見せる元気な役どころとは違う、知的な雰囲気を漂わせる大人の女性を演じる。

 CMも2017年には8社に出演。「コケティッシュな雰囲気は抜群です。タレント自身が持っているとされる“潜在視聴率”も10%近い。どんな女優でも微妙な写りのCMがあるものですが石原さんは、はずれがない。企業側の期待も大きい」と広告代理店関係者。

 昨年は、デビュー15周年という節目だったこともあり、6年ぶりとなる写真集「encourage」を出版した。「キューバで撮影された作品は、すっぴんに近いナチュラルメークのショットもあり、“素”に近い石原が見られるということで、版を重ね、15万部に達しました。乃木坂46が席巻する写真集界で、さすがの大ヒットとなりました」と出版関係者。

 そんな彼女、実は隠れ巨乳だとか。「レッドカーペットなどでみせるセクシーなドレス姿からEカップはあるとささやかれています。締め付けられるのが嫌だということで、プライベートではノーブラ派だそうです」と映画関係者。

 10代、20代のころは、行き詰まりを感じることも少なくなく、「さまざまなインタビューで、20代半ばまでは外からどう見られているのかということを気にしていたと語っています」と放送関係者。

 20代前半には米ニューヨークに語学留学したことも。「30代を迎えて、そうした葛藤からも抜け出したようです。現場などでも自分のアイデアをかなりぶつけており、自分がどう見られるかではなく、どう見せるかというセルフ・プロデュースに向かっています」と先の放送関係者。

 一部でささやかれるイケメン俳優との関係が気になるところだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180312-00000018-ykf-ent

タグ:石原さとみ
posted by 切葉鳩 at 23:57 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

春の限定いのち・桜

posted by 切葉鳩 at 23:44 | 北海道 ☔ | Comment(0) | めも

桜の写真集

posted by 切葉鳩 at 17:40 | 北海道 ☔ | Comment(0) | めも

ドル、106円台後半





 13日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、日経平均株価の切り返しなどに支援され、1ドル=106円台後半に上昇している。午後3時現在、106円77〜78銭と前日(午後5時、106円56〜56銭)比21銭のドル高・円安。
 東京早朝は売りが先行し、106円20銭台に軟化。午前は、軟調な日経平均の動きに上値を抑えられ、106円25〜40銭のレンジ相場となった。午後は、日経平均の切り返しや米長期金利の時間外取引での上昇を背景に106円80銭台へ浮上。その後は上げ一服となり、106円70銭台で推移した。
 ドル円は、株高や米金利上昇に支援されたほか、「国内輸入企業の買いや短期投機筋のショートカバーが入った」(外為仲介業者)とされ、値を上げる展開となった。もっとも、107円に乗せる勢いはなく、上値は限定的だった。市場では「米消費者物価指数の発表までは、106円台で推移する」(FX会社)と見る向きが多い。
 ユーロも対円で上昇、対ドルは小緩む。午後3時現在、1ユーロ=131円63〜63銭(前日午後5時、131円47〜47銭)、対ドルでは1.2327〜2327ドル(1.2337〜2337ドル)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00000020-jijc-brf

[PR]初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
タグ:為替 円相場
posted by 切葉鳩 at 17:30 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

日経平均は4日続伸、森友文書巡る過度な警戒感は後退





 13日の東京株式市場は、日経平均株価が4営業日連続で上昇した。終値は前日より144円07銭(0・66%)高い2万1968円10銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同9・73ポイント(0・56%)高い1751・03。出来高は12億2千万株。

 日経平均は81円安で取引が始まったが、為替市場で対ドルの円高が一服して上昇に転じた。森友学園問題に絡む政治の混乱を懸念する見方も根強く、「積極的な買いを手控える動きはもうしばらく続くだろう」(大手証券)との見方が出ている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00000044-asahi-brf

[PR]迷える投資家の羅針盤 トレーダーズ・プレミアム
posted by 切葉鳩 at 17:25 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

ドル、106円台前半





 13日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米国の長期金利低下や株安を受けて前日の海外市場で売られた流れを引き継ぎ、1ドル=106円台前半へ下落している。午前9時現在、106円32〜32銭と前日(午後5時、106円56〜56銭)比24銭のドル安・円高。
 前日の欧州時間のドル円は、材料が乏しく、106円40〜60銭台で小動きとなった。米国時間の序盤は、米長期金利の低下などを背景に、106円40銭台へ下落。中盤は106円50銭台で底堅く推移したが、終盤は米金利の一段の低下と米株安を眺めて、106円30〜40銭に軟化した。東京早朝は、日経平均株価の下落を見込んだ売りが先行し、106円20銭台に緩んでいる。
 東京市場のドル円は、森友学園問題などが引き続き悪材料となり、上値の重い展開が予想される。同問題をめぐって安倍政権の支持率が低下したり、麻生財務相の辞任に発展したりすれば、「リスクオフの円買いが強まる」(国内銀行)とみる関係者が多い。「今後は情勢を見極める必要があり、ドル円は神経質な動きになる」(FX会社)との声が聞かれている。
 ユーロも対円で下落、対ドルはいってこい。ユーロドルは、欧州金融当局者のハト派発言でいったん軟化したが、その後は米金利低下などによるドル売りを受けて持ち直した。午前9時現在、1ユーロ=131円17〜17銭(前日午後5時、131円47〜47銭)、対ドルでは1.2338〜2338ドル(同1.2337〜2337ドル)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00000009-jijc-brf

[PR]初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
posted by 切葉鳩 at 10:12 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。