2018年03月19日

円、106円台前半





 週明け19日午前のロンドン外国為替市場の円相場は持ち高調整の中、1ドル=106円台前半を中心に推移した。正午現在は106円15〜25銭と、前週末午後4時(106円05〜15銭)比10銭の円安・ドル高。
 株安や日本の政局不安を背景に円が買われた海外市場の流れを引き継ぎ、円は欧州時間の朝方、105円90銭台で取引された。ロンドンでは米長期金利の上昇を眺めてドルに買い戻しが入り、円はもみ合いの中、じりじりと106円20銭近辺まで水準を切り下げた。
 英CMCマーケッツのアナリスト、マイケル・ヒューソン氏は「米国と各国の貿易をめぐる緊張は引き続き懸念材料だが、今週は米連邦準備制度理事会(FRB)の追加利上げが見込まれている。0.25%の引き上げはあまり疑問視されていない」と指摘した。
 ユーロの対ドル相場は1ユーロ=1.2300〜2310ドル(1.2275〜2285ドル)。対円では同130円60〜70銭(130円20〜30銭)。
 ポンドは1ポンド=1.4050〜4060ドル(1.3915〜3925ドル)と、2月下旬以来3週間ぶり高値圏に急伸。英国の欧州連合(EU)離脱交渉で、離脱のショックを緩和する「移行期間」をめぐる合意が成立するとの期待感から、ポンドはさまざまな主要通貨に対して買われた。
 このほか、スイス・フランは1ドル=0.9525〜9535フラン(0.9525〜9535フラン)。
https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180319-00000170-jijf-market

[PR]FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX
タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 21:27 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

長寿番組続々終了のフジテレビ…満場一致で打ち切りを逃れた番組とは





 2018年4月、フジテレビが大きく変わろうとしてる。フジテレビは今年3月いっぱいで『めちゃ×2イケてるッ!』、『とんねるずのみなさんのおかげでした』、『ウチくる!?』、BSフジの『ポンキッキーズ』など20年以上続く人気バラエティが一斉に終了。大改革に乗り出しているのだ。

 フジテレビは昨年12月、放送収入が落ち8億3600万円もの営業損失が出たことを発表。今年2月には雑誌「フライデー」がフジテレビに在籍する50歳以上の社員を対象に早期退職者を募っていることを報じており、フジテレビはいよいよ正念場を迎えるようだ。

 一部の報道によると、すでに同じく長寿番組である『志村けんのバカ殿様』も打ち切りが視野に入ってきたとのことだが、そんななか、地味ながらも手堅く放送してきたこの番組が、4月からついに長寿番組の仲間入りをするという。

 それは、『奇跡体験!アンビリバボー』(毎週木曜20時〜)である。

 本番組はビートたけしをストーリーテラーに迎え、1997年10月に放送を開始。海外の珍しいニュースや事件・事故を再現ドラマを交え紹介し検証していくドキュメンタリーで、放送回数は既に800回を超えている。

 関係者によると、フジテレビのあらゆる長寿番組が宮内正喜社長の判断で軒並み打ち切りとなるなか、唯一、役員の満場一致で継続の判断が下されたのが、この『奇跡体験!アンビリバボー』のみだったという。

 『奇跡体験!アンビリバボー』が生き延びた理由について、とある芸能記者はこう語る。

 「『奇跡体験!アンビリバボー』はフジテレビのバラエティ番組のなかでは唯一、安定した視聴率を稼いでいる番組なので、打ち切りになる可能性は低いでしょう。また、再現ドラマも有名な役者を起用するわけではなく、一本あたり100万ちょっともあれば十分クオリティの高いビデオが作れるので、非常にコストパフォーマンスがいいのです。唯一、多額の予算がかかるのがビートたけしさんの出演費なのですが、これは『アンビリバボー』スタッフが海外でロケや取材を行う際に『世界のキタノの番組』と申告すれば、大抵のメディアが協力してくれることもあり、彼の存在は絶対に必要なのです。ちなみに、これは日本テレビの『世界まる見え!』もまったく同じです」

 『奇跡体験!アンビリバボー』は一見地味な番組ではあるが、視聴率だけみれば、フジテレビのバラエティの中ではトップクラスの常時2ケタ(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得している「優良番組」。木曜20時台ではトップの数字だという。

 『奇跡体験!アンビリバボー』以外のバラエティ番組が全滅……そんな時代がやってくるのかもしれない。
https://wjn.jp/article/detail/1023485/

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】
タグ:フジテレビ
posted by 切葉鳩 at 21:07 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

99.9最終回 自己最高の21.0%

 「嵐」の松本潤(34)が主演を務めるTBS日曜劇場「99・9 ―刑事専門弁護士― SEASON2」(日曜後9・00)の最終回が18日、2時間SPとして放送され、平均視聴率は21・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが19日、分かった。 第2、8話に記録した18・0%を大幅3・0ポイント更新する自己最高をマークし、初の大台超えで有終の美を飾った。

 初回15・1%で好発進すると、第2話は18・0%と大幅に上昇し、18日放送のテレビ朝日「BG〜身辺警護人〜」(木曜後9・00)初回の15・7%を超えて1月クール民放連続ドラマ(ゴールデンタイム=午後7〜10時、プライムタイム=午後7〜11時)のうち1位に。第3話=16・2%、第4話=16・8%、第5話=17・0%、第6話=17・0%、第7話=17・4%と推移。最終回前となった第8話で、第2話に並ぶ自己最高タイ18・0%を記録していたが、今回さらに数字を伸ばして初の大台超えでフィニッシュした。瞬間最高は22・5%だった。

 昨年10月期に同枠で放送された「陸王」も最終回で20・5%を記録しており、日曜劇場は2作連続で大台超えフィニッシュ。これは2004年「砂の器」「オレンジデイズ」以来14年ぶりの快挙となった。

 最終回では、2016年に放送されたシーズン1に立花彩乃役で出演していた榮倉奈々(30)が2年ぶりに同作に復帰。元DeNA投手の「ハマの番長」こと三浦大輔氏(44)の出演でも話題を集めた。

 個性的な刑事専門弁護士たちが逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいく新感覚の痛快リーガル・エンターテインメントドラマ。松本は、前作に引き続き、99・9%有罪とみなされた案件でも、残された0・1%の事実を納得するまで追及する超型破りな斑目法律事務所の若手弁護士、深山大翔を演じた。深山とチームを組む敏腕弁護士の佐田篤弘役を、前作同様香川照之(51)が、また、新キャストとして木村文乃(30)、「アジアン」馬場園梓(36)が加入。おなじみのパラリーガル・明石役の片桐仁(44)、藤野役のマギー(45)らの軽妙なやり取りも健在だった。

 最終回は、深山(松本)たちのもとに、死刑囚・久世貴弘(小林隆)の再審請求の依頼がきた。依頼人は、久世の息子・亮平(中島裕翔)。久世は8年前に妻を殺害後、放火したとして「建造物放火及び殺人罪」で死刑判決を受けていたが、息子の亮平は「両親は仲が良く、父が母を殺すわけがない」と言い切っていた。深山と舞子(木村)は、自分自身の経験もあり、久世の無実を立証するために調査に乗り出す…という展開だった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-00000099-spnannex-ent

posted by 切葉鳩 at 14:58 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

ドル、105円台後半





 19日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、買い一巡後は伸び悩み、1ドル=105円台後半で推移している。正午現在、105円82〜82銭と前日(午後5時、105円65〜66銭)比17銭のドル高・円安。
 ドル円は早朝、105円90銭前後で取引された後、午前9時過ぎに「実需筋のまとまった買いが入った」(為替ブローカー)ことから106円10銭台に上昇した。もっとも、その後は戻り売りに押され、105円70銭台に反落。正午に向けてはやや下げ幅を縮めている。
 実需筋の買いに一時水準を切り上げたドル円だが、「日経平均株価が軟調となっているほか、森友問題で安倍政権への支持率が急落していることが圧迫要因」(FX業者)となり、ドル円の上値を重くしている。一方、20、21日にFOMCを控えて「積極的に動きにくい」(先の為替ブローカー)こともあり、目先は105円台後半のレンジ圏での値動きが続くとみられる。
 ユーロは対円を中心に下落。ドル円の反落にユーロ円もなびいた。対円でのユーロ安を受けてユーロドルもやや水準を下げた。正午現在、1ユーロ=129円84〜85銭(前日午後5時、130円14〜14銭)、対ドルでは1.2270〜2270ドル(同1.2317〜2318ドル)。
https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180319-00000062-jijf-market

[PR]FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX
タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 12:25 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

ドル、106円近辺





 19日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、良好な内容の米経済指標をきっかけに買い戻しが進み、1ドル=106円近辺へ上伸している。午前9時現在、105円96〜96銭と前週末(午後5時、105円65〜66銭)比31銭のドル高・円安。
 前週末の欧州時間のドル円は、マクマスター米大統領補佐官の解任報道が改めて嫌気され、105円60銭付近に下落した。米国時間の序盤は、米鉱工業生産指数やミシガン大消費者景況感指数が好内容だったことから買い戻しが強まり、中盤には106円20銭前後へ浮上。終盤は週末を控えた調整売りに押され、106円前後に緩んで推移した。週明けの東京早朝は105円80銭付近で始まったが、その後は106円近辺へ戻している。
 ドル円は、米国の良好なファンダメンタルズを反映して、ショートカバーが進んだ。ただ、トランプ米政権の保護主義的な通商政策などが引き続き警戒され、上値は限定的だった。東京市場のドル円は売買材料が乏しい上、20、21日にFOMCを控えていることからポジションを作りにくく、「106円前後でのもみ合いになる」(外為仲介業者)と予想される。
 ユーロは対円で小動き、対ドルは下落。午前9時現在、1ユーロ=130円13〜14銭(前週末午後5時、130円14〜14銭)、対ドルでは1.2280〜2281ドル(同1.2317〜2318ドル)。
https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180319-00000012-jijf-market

[PR]【考えないFXトレード】
タグ:為替 円相場
posted by 切葉鳩 at 09:12 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

バドミントン混合複で渡辺・東野組が初優勝 全英OP

 バドミントンの全英オープンは18日、英バーミンガムで各種目の決勝が行われ、混合ダブルスで初の決勝に挑んだ渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)が第5シードの中国ペアに2―1で逆転勝ちし、この種目で日本勢の初優勝を成し遂げた。

 女子シングルスでは世界ランキング2位の山口茜(再春館製薬所)が同1位の戴資穎(台湾)に、0―2で敗れ、初優勝はならなかった。

 女子ダブルスは前日の準決勝で米元小春、田中志穂組(北都銀行)との日本勢対決を制した福島由紀、広田彩花組(再春館製薬所)と2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルのカミラ・リターユヒル、クリスティナ・ペデルセン組(デンマーク)との顔合わせ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180318-00000048-asahi-spo

posted by 切葉鳩 at 07:15 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

W杯複合 渡部暁斗が総合優勝

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は18日、ドイツのクリンゲンタールで個人第20戦が行われ、平昌五輪個人ノーマルヒル銀メダリストの渡部暁斗(北野建設)が3位に入り、2戦を残して初のW杯総合優勝を決めた。

 日本選手としては1994〜95年シーズンまで3連覇した荻原健司に続く2人目の快挙で、23季ぶりのタイトル獲得となった。渡部暁は1月下旬から2月にかけて4連勝するなど、自己最多の6勝を挙げた。

 18日は前半飛躍が強風のため中止となり、16日の予備飛躍の結果を採用して後半距離(10キロ)を実施。渡部暁は前半首位に立ち、W杯総合2位で前半2位のヤン・シュミット(ノルウェー)に18秒差をつけてスタート。優勝は逃したが、4位だったシュミットは上回り、残り2戦で逆転される可能性がなくなった。

 前半3位のファビアン・リースレ(ドイツ)が36秒差を逆転し、今季4勝目、通算9勝目を挙げた。

 渡部善斗(北野建設)は13位、永井秀昭(岐阜日野自動車)は17位、山元豪(ダイチ)は24位、加藤大平(サッポロク)は36位、渡部剛弘(ガリウム)は39位だった。 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-00000003-jij-spo

more...
posted by 切葉鳩 at 06:56 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

高木美帆 W杯スケート総合V

スピードスケートのワールドカップ(W杯)今季最終戦は18日、ミンスクで行われ、女子1500メートルは平昌五輪銀メダルの高木美帆(日体大助手)が1分56秒36で優勝した。高木美は今季出場した5レース全てを制して初の種目別優勝に輝き、日本勢初の個人総合優勝を果たした。菊池彩花(富士急)は9位。

 マススタートでは女子の佐藤綾乃(高崎健康福祉大)が今季2勝目を挙げ、松岡芙蓉(富士急)は12位。男子は中村奨太(ロジネットジャパン)が2位に入り、ウイリアムソン師円(日本電産サンキョー)は6位だった。

 男子500メートルは山中大地(電算)が35秒07で7位となり、同1500メートルの小田卓朗(開発計画研究所)は5位。

 平昌五輪女子500メートル金メダルの小平奈緒(相沢病院)、同マススタート金メダルの高木菜那(日本電産サンキョー)は欠場。 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180318-00000119-jij-spo




posted by 切葉鳩 at 06:53 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

大坂なおみがツアー初V 快挙

女子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、プレミア・マンダトリー)は18日、シングルス決勝が行われ、世界ランク44位の大坂なおみが第20シードのD・カサキナ(ロシア)を6-3, 6-2のストレートで破り、悲願のツアー初優勝を果たした。四大大会に次ぐグレードの「WTAプレミア・マンダトリー」で日本勢女子の優勝は史上初の快挙。

20歳同士の新世代対決となった決勝戦、大坂は第1ゲームでブレークされたが、直後の第2ゲームでブレークバックに成功。その後は強打で押し切り、第7ゲームから3ゲームを連取して第1セットを先取。

第2セットも流れは大坂に傾き、第1ゲームでブレークすると第5ゲームもカサキナのサービスゲームを破り、日本勢女子で11人目のツアー優勝者となった。

また、BNPパリバ・オープンでノーシードからの優勝は1999年のS・ウィリアムズ(アメリカ)、2005年のK・クレイステルス(ベルギー)以来13年ぶり史上3人目。

大坂のツアー決勝進出は2度目で、2016年の東レ パン パシフィック オープンテニス(東京/有明コロシアム、ハード、WTAプレミア)決勝では元世界ランク1位のC・ウォズニアッキ(デンマーク)に敗れた。

今大会、大坂は1回戦で元世界ランク1位のM・シャラポワ(ロシア)、2回戦で第31シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)、3回戦で世界ランク100位のS・ヴィケリー(アメリカ)、4回戦で同58位のM・サッカリ(ギリシャ)、準々決勝で第5シードのKa・プリスコバ(チェコ共和国)、準決勝で第1シードのS・ハレプ(ルーマニア)を下し、決勝へ進出していた。

一方、敗れたカサキナは昨年4月のボルボ・カー・オープン(アメリカ/チャールストン、クレー、WTAプレミア)以来2度目のツアー優勝とはならなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-00010001-tennisnet-spo

more...
posted by 切葉鳩 at 06:50 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。