2018年03月30日

セクシーすぎるジャズピアニスト・高木里代子、イメージDVDに初挑戦! 「普通じゃない」アピールでファンを刺激



 「エロすぎるジャズピアニスト」と呼ばれる高木里代子(33)が、グラビアファンから注目を集めている。

 15年秋に開催されたジャズフェスティバルにセクシーなビキニで登場し、見事なEカップボディを見せつけて話題となった高木。その後、バラエティや情報番組に顔を出し、「エロいこと好き」「(夜は)がんばるタイプ」などとぶっちゃけ、刺激的なキャラと美貌で人気と知名度が一気にアップした。

 グラビアアイドル顔負けのボディを誇り、SNSなどでも色っぽい姿を見せることから特に男性人気が抜群。露出度の高い衣装で演奏する動画は、ネットで話題になることも多い。そんな高木が、4月に自身初のイメージ作品『Rose Dream』(イーネット・フロンティア)を発売することがわかり、ファンから喜びの声が上がっている。

 高木は今作を「普通じゃないイメージDVD」とブログでアピール。今年の初めにタイのリゾート地・パタヤで撮影された作品は、都内で活躍するジャズピアニストが曲作りに行き詰まり、一人旅に出かけるドラマ仕立てだという。

 本人役で出演する高木には、当然ながらセリフもあり、ピアノの演奏も披露。イメージ作品らしいセクシーショットも満載とのことだが、この作品のためにオリジナル曲を書き下ろしたそうで、ピアニストらしい内容に仕上がっているようだ。
http://www.menscyzo.com/2018/03/post_63687.html

posted by 切葉鳩 at 21:50 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

ドラマ大コケ 吉岡里帆「紐ブラ&マイクロビキニ」で汚名返上

 吉岡里帆(25)主演の「きみが心に棲みついた」(TBS系)が3月20日の最終話で、吉岡演じる主人公の小川今日子と桐谷健太演じる漫画誌編集者・吉崎幸次郎の結婚というハッピーエンドでめでたしめでたしで終わった。しかし、吉岡にとっては「めでたしめでたし」とはいかなかった。初の主演だったが連ドラの最低合格水準の二桁を記録することはなく、平均視聴率も7%台と残念な結果だったからだ。

 グラビア活動での男性人気に加え、『カルテット』(TBS系)の演技力も好評だっただけに、周囲は高視聴率を期待したが、
 「今期はフジの月9ドラマ『海月姫』が、最低4.9%というワースト記録を出していることもあり、目立つことはありませんでしたが、ドラマ関係者の評価としては、ほぼゼロに等しい。すでに今後のドラマで吉岡をキャスティングしている関係者は、その扱いの見直しに追われています」(ドラマ関係者)

 演じた役柄の“キョド子”のキャラクターも、ファン離れを招いているというから、気の毒な面も多い。
 「うじうじと悩んでばかりで煮え切らず、周囲を振り回すような主人公でしたから、回を追うごとにSNSでは“イライラする”といった書き込みが増えていきましたね。下着姿や裸のバックショットまで披露しながらのこの評価には、本人もショックを受けています」(テレビ雑誌記者)

 もちろん、昨年スクープされた俳優・佐藤健(29)のマンションへの“すっぴん濡れ髪通い愛”の影響も少なからずあっただろう。
 「さまざまな要因があるとは思いますが、昨年から吹いていた風が、止みかけているのは間違いない。また、主演の声がかかるよう、一つずつ実績を重ねていく必要がありそうですね」(同)

 そんな状況に吉岡サイドは、早くもグラビアや写真集のスケジュールを入れまくっているという。
 「今までにない極小ビキニでのセクシーポーズが用意されています。壇蜜並みのギリギリのVラインに迫ろうと、ムダ毛のお手入れを始めたという話も伝わってきます」(グラビア関係者)

 推定Eカップの吉岡が紐ブラ&マイクロビキニを公開してくれるとなれば、汚名返上に「めでたしめでたし」となるのは間違いない。
https://wjn.jp/article/detail/8207348/

posted by 切葉鳩 at 21:44 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

藤澤五月 「ぽちゃかわ」水卜麻美に取って代わる超人気カー娘

 平昌五輪で銅メダルを獲得した“カー娘”の藤澤五月(26)に、「ぽちゃかわ」の新語が飛び出した。
 「“ぽっちゃり”といえば、日本テレビの水卜麻美アナの専売特許でしたが、今、カーリングで大活躍した五月ちゃんが取って代わろうとしています。本誌編集部員たちも、彼女のルックスのよさ、そして体の豊満ぶりを評価。今後、グラビアでの活躍を期待する意味も含めると、“ぽちゃかわ”はピッタリな“冠称”じゃないでしょうか。写真集を出せば、大ヒットは間違いないでしょう」(本誌Aデスク)

 藤澤は五輪で人気爆発。美形アスリートとして、日本のみならず韓国でもトップクラスの選手となった。
 「愛称は“さっちゃん”ですが、グラビアなどでは、キャッチフレーズをつけるのが普通。彼女にふさわしいネーミングを付けようと編集部でも話題になっていました」(同)

 ネット界でも彼女のネーミングはかまびすしい。
 「容姿はアイドル並み。しかもB86センチのDカップ級といわれるため、“グラドル系さっちゃん”という呼び方が目立つ。近く、胸見せの写真集を出すとも噂されていますし、確かに、“グラドル”の冠称もナイスだと思います」(ネットライター)

 しかし、彼女の魅力が分からない不謹慎な輩もネット界には存在する。
 「かわいさは認められているものの、尻デカで下半身ムッチリなところを指して“ブタかわいい”“デブかわ”、果ては“太ドル”なんて呼び方をする輩もいる。国民的なヒロインに、ネット厨房、いわゆる幼稚発言の不見識は失礼すぎる」(同)

 これには、本誌編集部内でも議論が白熱。そこで、藤澤ファンを公言するAデスクは大岡裁きを見せた。
 「日テレの水卜アナは、太さを逆手に取って、“ぽっちゃりアナ”という女子アナ界初のブランドを確立。その、女子アナ界での不動の人気にあやかろうではないかと、『“ぽちゃかわいい”で“ぽちゃかわ”でどうか?』と提案。全員賛成で、編集部の総意となりました」(本誌編集部)

 ちなみに、さっちゃんが『ぽちゃかわ写真集』を出せば、どれくらいの売り上げが見込めるのか?
 「部数20万部、ギャラ1億円のメガヒットが期待できます。“ぽちゃかわ”は間違いなく流行語大賞候補でしょう」(写真集編集者)

 “もぐもぐタイム”を増やして、さらなる“ぽっちゃり”に期待。
http://news.livedoor.com/article/detail/14503395/



posted by 切葉鳩 at 21:39 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

岡村隆史 めちゃイケ最終回は「ネット荒れる」

 ナインティナインの岡村隆史(47)が、31日に放送されるフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」の最終回について「おそらくネットも荒れるでしょう」と“炎上”を予想した。

 岡村は29日深夜放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で、「めちゃイケ」最終回の内容に触れ、「もう最終回ですから、懐かしのコーナーもありますし、『もう最後やからやってもうたれ』っていうコーナーもあります」と明かした。

 「おそらくネットも荒れるでしょう。『おいおい、最終回やからってお前これ、やり逃げすんのか?』というようなこともあります。でも、しょうがないです。だってもう終わるんだから。『最後にやってやろうぜ』ということでやらせてもらいました」と、炎上覚悟で収録したという。「『あっ!』と思うことあると思いますけれども、言うたとて、もう番組がないんですから、もうそこは観てもらって『やりおったなぁ』っていうことだけ。あとはもうネットでワーッとやってもらったらいいと思いますけど。我々はもうそこにはいませんので」と“やり逃げ”する腹づもりを明かした。
http://news.livedoor.com/article/detail/14506679/



posted by 切葉鳩 at 21:32 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

佐々木希と仲間由紀恵に不穏な噂

 先の人気女優2連チャンの妊娠発表にまつわるこんな話が聞こえてくる。お笑いコンビ「アンジャッシュ」渡部建(45)の妻である佐々木希(30)と、俳優で夫の田中哲司(52)の浮気を許し、待望の子どもを授かった仲間由紀恵(38)――。

「2月28日に妊娠3カ月を発表した佐々木に対し、仲間は翌3月1日に妊娠4カ月を発表した。人気女優のオメデタが連日飛び込んできて、芸能ニュースは祝福ムード一色に包まれましたが、当事者、とくに後発の仲間にいいところを持っていかれた佐々木の心境は複雑だったとか。事務所の調整ミスという情報が飛び交ったくらいです」(事情通)

 そもそも優劣をつけるような話ではないが、周囲が人気女優の心情をおもんぱかるのには理由がある。「芸能界で“ママタレ”は金の卵」と断言するのは、某大手広告代理店幹部。これまでのキャリアに「ママ」の冠が付くだけで、タレントの価値が高騰する例が後を絶たないからだ。

「いまやママタレはテレビのバラエティー番組に欠かすことのできない存在。数字(視聴率)を持っているため、各局が争奪戦を展開する事態になっているんです。ママタレとなって再ブレークしたのが、菅野美穂や伊東美咲、神田うの、梨花といった顔ぶれ。ママタレにはテレビやCMの仕事以外に子供服や玩具、マタニティーグッズに加え、絵本に絡めた出版界などからタイアップの依頼が舞い込んでくる。話題になれば自分でレーベルを立ち上げ、販売することもできる。ネットを駆使すれば年商ウン億円も夢ではありません」(前出の広告代理店幹部)

 実入りの多いママタレ事業はオイシイというわけだが、そこはプライドの高い女優サマである。単純にカネのためと割り切れることばかりではないようだ。

「バラエティーを主戦場とするタレントとは異なり、あくまで、演技をしてナンボなのが女優。ただ、佐々木サイドは子育て中心の生活をしたいという本人の希望もあって、今後、ママタレを前面に掲げて売り出そうと考えている。それに対し、仲間は子育てをしっかりしながら女優として現場復帰することを目指している。仲間にしてみれば、妊娠報道はまだしも、女優として“並列”扱いされたくないっていう心情でしょう」(芸能プロ関係者)

 2人の出産予定は夏から秋にかけて。“冷戦”から目が離せない。
http://news.livedoor.com/article/detail/14506400/

more...
posted by 切葉鳩 at 21:23 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

STAP騒動・小保方氏のグラビア好評 篠山紀信氏“投入”で写真集出版も

 STAP細胞問題で世間を騒がせた小保方晴子氏(34)に、セクシー写真集のオファーが殺到しそうだ。同氏は一連の論文不正問題で2014年12月に理化学研究所を退職。早大から博士号も剥奪され、「リケジョの星」からただの人になってしまった。

 そんな小保方氏が発売中の「婦人公論」(中央公論新社)のインタビューに登場。精神的に追い詰められ、山奥の宿に身をひそめていたことや、文章を書くにあたり平安時代の「更級日記」を参考にしたことを明かし、いまもなおSTAP細胞の存在を信じ「心ある研究者に見いだされ、正しく人類の役に立ってほしい」とメッセージを送っている。

 ひと際目を引くのは、同誌に掲載された小保方氏のグラビアだ。撮影したのは宮沢りえのヘアヌード写真集「サンタフェ」などを手掛けた大御所カメラマンの篠山紀信氏(77)。顔はほっそりした印象で、メークを変えたのか、これまでとは別人のような大人っぽい雰囲気に仕上がっている。

 ネット上では「かわいい」「整形したのでは?」「STAP細胞で若返った」などさまざまな声が飛んでいるが、反響の大きさは無視できない。

 小保方氏が今後について「何でもやってみたい」と話していることもあり今後、出版界で争奪戦が繰り広げられそうだ。

「あの篠山紀信氏を“投入”しているのだから、本人もヤル気十分。彼女のセクシー写真集を出したい出版社は多いはずです」とは業界関係者。

 同氏は婦人公論で「小保方晴子日記」を1年余り連載し、このほど加筆した同名の日記も出版した。

「小保方氏には、いまも『彼女は悪くない』という熱心なシンパがいます。固定ファンがいるというのは今後の活動面で大きいですね」(同)

 男性としてはヌード写真集を期待したいところだが…。“おぼちゃん”から目が離せない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00000034-tospoweb-ent

タグ:小保方晴子
posted by 切葉鳩 at 21:15 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

18歳女性、毎週1000ドルを一生もらえる 初購入の宝くじ

 カナダ・ケベック州で、宝くじを初めて購入した女性が当選し、生涯にわたり毎週1000カナダドル(約8万2000円)を受け取る権利を得た。

シャルリー・ラガルドさんは18歳の誕生日に、同州のコンビニエンスストアで祝いのワインとスクラッチ式の宝くじを買った。帰宅後、新成人になったばかりのラガルドさんは、同時に億万長者となったことにも気づいた。

当選者は100万カナダドルを一括で受け取ることも可能だが、ラガルドさんは毎週1000カナダドルを受け取る方式を選んだ。当選金は旅行や好きな写真撮影に使う計画だという。

ケベック州では宝くじの購入資格は18歳以上となっている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-35116914-cnn-int

[PR]日本一当たる売り場で宝くじの購入代行【ドリームウェイ】
タグ:宝くじ
posted by 切葉鳩 at 16:04 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

日経平均、2営業日連続上げ 前日の米国株価上昇を好感





 30日の東京株式市場で、日経平均株価は2営業日連続で上昇した。終値は前日比295円22銭(1・40%)高の2万1454円30銭。東証1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は、同12・30ポイント(0・72%)高い1716・30。出来高は11億4千万株。前日の米国株価上昇を好感し、半導体関連銘柄などが買われた。市場では「米中貿易摩擦が懸念されるなか、IT関連の上昇が一時的に市場心理を改善させている」(大手証券)との声が出ている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00000057-asahi-brf

[PR]「トレーダーズ・プレミアム」業界最高水準の株式情報サービス
posted by 切葉鳩 at 15:48 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

大谷翔平 メジャー初打席初安打

 米大リーグは29日(日本時間30日)、一斉にレギュラーシーズンが開幕。投打の「二刀流」で注目を集めるエンゼルスの大谷翔平投手(23)は、敵地オークランドでアスレチックス戦に「8番・DH」で先発、2回に迎えたメジャー初打席で右前に初安打を放った。

 2回2死一塁。ア軍先発の右腕グレーブマンの内角92マイル(約148キロ)を強振。叩きつけた打球は一塁走者・シモンズの股の間を抜け、右前へ転がった。4回2死の2打席目は初球94マイル(約151キロ)の内角シンカーはボール。2球目、再び内角低めの94マイル(約151キロ)シンカーを捉えた、鋭い打球の二ゴロに終わった。第3打席は5―4と1点リードの6回2死一塁。左腕・バクターに2ストライク1ボールと追い込まれ、最後は態勢を崩されながら一ゴロに倒れた。

 試合前、大谷をスタメン起用した理由についてマイク・ソーシア監督は「投手との(左右の)マッチアップを考えた。彼は23歳だけど日本でやってきた過程がある。闘争心があって、チームを勝利に導いてくれるんじゃないかと思う」と話していた。

 大谷は、オープン戦で通算32打数4安打、打率・125だが、ノーステップ打法で結果を残すなど復調気配で開幕を迎えた。27日のオープン戦最終戦後には「去年とか一昨年はそれこそ凄い緊張していたんじゃないかなと思う。今年はどうなるかよく分かっていないのでそこまで実感というかそういうのはないかなと思います」と語っていた。

 投手としては4月1日(同2日午前5時5分)の第4戦で初登板する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00000060-spnannex-base

more...
タグ:大谷翔平
posted by 切葉鳩 at 11:33 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

山崎アナ&おばた 婚姻届提出

 お笑いタレントの、おばたのお兄さん(29)が29日、スポニチ本紙既報通り、フジテレビの山崎夕貴アナウンサー(30)と結婚した。関係者によるとこの日、婚姻届を提出した。

 2人は16年12月の番組収録で出会い、おばたおはこの俳優・小栗旬(35)のものまねを山崎アナが気に入り意気投合。昨年5月ごろに交際をスタート。直後の同6月には、写真週刊誌がおばたと20代女性の浮気を報じ破局危機を迎えたが乗り越えた。山崎アナは30日の「めざましテレビ」(前5・25)と「ノンストップ!」(前9・50)に生出演し、喜びを語る予定だ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00000002-spnannex-ent




posted by 切葉鳩 at 07:19 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

円、106円台前半





 29日のニューヨーク外国為替市場では、グッドフライデー(聖金曜日)に伴う連休を前に商いが細る中、米長期金利の低下を背景に円買い・ドル売りが優勢となり、円相場は1ドル=106円台前半に上昇した。午後5時現在は106円39〜49銭と、前日同時刻(106円80〜90銭)比41銭の円高・ドル安。
 この日のニューヨーク市場は、四半期末・年度末要因による持ち高調整の売り買いが中心となった海外市場の流れを引き継ぎ、106円51銭で取引を開始。その後は米長期金利が昼ごろにかけて低下したことから、徐々に円高・ドル安が進み、円は一時106円27銭まで上昇した。
 ただ、翌30日はグッドフライデーに伴い大半の金融市場が休場となるため、連休を取る市場参加者も多く動意に薄くなる中、終盤にかけては小幅レンジ内での値動きとなった。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.2295〜2305ドル(前日午後5時は1.2304〜2314ドル)、対円では同130円86〜96銭(同131円43〜53銭)。 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00000007-jijc-brf

[PR]FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX
タグ:為替 円相場
posted by 切葉鳩 at 07:10 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

RIZAPがサンケイリビング買収





 減量ジムの展開などを手がけるRIZAPグループは29日、地域生活情報紙の「リビング新聞」などを発行するサンケイリビング新聞社(東京)を買収し、連結子会社化する方針を発表した。同社の全株式を保有するフジ・メディア・ホールディングス(HD)から株式の80%を取得し、マーケティング強化を図る。

 RIZAPの連結業績への影響は精査中としている。同社の取得分を除いたサンケイリビング新聞社の株式20%は引き続きフジ・メディアHDが保有する。

 サンケイリビング新聞社は主婦向けのリビング新聞のほか、私立幼稚園を中心に配布する「あんふぁん」などのフリーペーパーを発行し、女性向けマーケティングに強みを持つ。RIZAPは同社を傘下に収めることで、フリーペーパー事業の強化に加え、女性をターゲットとした事業や独自商品の成長などを狙う。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00000575-san-bus_all

[PR]ひとりではできなかった?[ライザップ]他のジムとはここが違う。
posted by 切葉鳩 at 07:06 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

Amazon Echo一般販売開始

Amazon Echo (Newモデル)、サンドストーン (ファブリック)




 Amazon.co.jpは、これまで“招待制”で販売していたスマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズの一般販売を3月30日から開始した。予約を受け付けており、4月3日からの出荷を予定。また、4月3日からはAmazonのほか、エディオン、ケーズデンキ、ジョーシンなどの家電量販店でも販売する。

 スマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズは、Echoが11,980円(税込)、小型のEcho Dotが5,980円(同)、スマートホーム連携が特徴のEcho Plusが17,980円(同)。発売を記念して、Echo Dotを4月2日23時59分までの期間限定で1,500円引きで販売する。

 また、Echo Plusはスマート電球のPhilips Hueを1個セットにして販売する。なお、エディオンなど家電量販店では、EchoとEcho Dotのみ販売。Echo Plusは取り扱わない。

 いずれも、音声アシスタント「Alexa(アレクサ)」を搭載したスマートスピーカーで、話しかけるだけで、音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、スポーツ結果の確認などが可能。Kindle本の読み上げにも対応している。

 スマホのように手を使わずに、料理などをしながらでも操作できるほか、様々な情報や機能を音声だけで取得・制御できる。Echoは音質にもこだわったスタンダードモデル。Echo Dotは小型モデル、Echo Plusはスマートホーム連携機能を強化した上位モデルと位置付けられている。

 '17年11月から招待制で販売されており、対象者はメールで予約・通知後に購入可能となっていたが、3月30日から一般販売となり、だれでも購入できるようになった。

 Alexa Experience & Device担当マネージャーのカレン・ルービン氏は、「'11月の時点では、デバイスは完成品だったが、Alexaの日本語への対応に不十分な点や、不自然さが残っており、日本のお客様の期待の応えられないことがあった。皆様の協力で賢くなり、一般販売できるようになった」と述べ、「今日をDAY1として、EchoとAlexaをより便利にしていく」と語った。

はじめてのAmazon Echo スマートスピーカーを使いこなそう! [ニュース、音楽、家電操作からもっと便利な使い方まで]




■頭が良くなったAlexa

 ルービン氏は、昨年11月以降のAlexaの機能強化について説明。「日本語力」が向上し、「4カ月で頭がよくなった。地方特有の言い回しや、利用者のクセも認識できるようになり、声も自然になった」という。また、ユーザーの好みも学習し、その好みを反映した結果を戻せるようになっているという。

 例えば、音楽再生を停止する場合は、当初は「止めて」、「ストップ」といった言葉が対象だったが、「もういいよ」、「もう音楽止めて」、「ごめん止めて」といった言葉でも操作が反映されるようになった。また、「上映中の映画はなにがある?」と聞くと、近隣の映画館の上映作品を教えてくれるなど、日本の利用環境にあわせた調整が順次行なわれている。

 また機能面でも強化。複数のEchoデバイスを連携させて音楽を楽しめるようにする「マルチルームミュージック」機能を追加し、複数のEchoデバイスをグループ化し、リビングと寝室など別のスピーカーとして管理。全部のスピーカーで同じ曲を再生したり、寝室からリビングのEchoを制御するなどの操作が行なえる。対応の音楽サービスはAmazon Music、Prime Music、Amazon Music Unlimited、dヒッツ、うたパスなど。

 さらに、Kindle本の読み上げにも対応。ルービン氏は、「銀河鉄道の夜」を実際に読み上げてみせて、Echoの活用シーンを広げていることを紹介した。

 さらに、「定型アクション」にも対応。テレビや電球などのスマートホーム対応機器と連携し、事前に一連の操作を登録しておくことで、一度のコマンドで複数のタスクを実行できるというもの。例えば、朝起きてEchoに「アレクサ、私の朝の支度」と呼びかけることで、「電気をつける」→「天気予報とニュースを再生」→「ケトルのお湯を沸かす」などの一連の動作を一度の呼びかけで実現できる。

 対応する「Works with Alexa」認定製品は、Philipsのスマート電球「Hue」やTP-LinkのWi-Fiプラグ、リンクジャパンのスマートリモコン「eRemote」、スマートロックの「QRIO」など。海外では、1,200のブランドから4,000以上のWorks with Alexa製品が発売されているという。

 なお、Echoの一般発売に合わせて、オンキヨーやAnker、Harman/KardonのAlexa Voice Service(AVS)スマートスピーカーも招待制ではなく一般販売が行なわれる。

■スキル開発も推進。Echo・Alexaを家族の一員に

 Alexaの強化に加え、日本のパートナーとの連携も強化。Alexa用のアプリともいえる「スキル」は、開始当初の約260から600以上に増加した。また、通知機能にも対応し、先行開発した「JR東日本 列車運行情報案内」では列車の遅延情報をEchoが教えてくれるほか、「Yahoo!天気・災害」では、所在地の雨・雪の予報を朝7時頃に通知するなど、より生活に役立つよう強化されている。

 Alexa Bussiness Groupの柳田晃嗣氏は、「Hey! Miku!」や「全国タクシー」、「脳トレ」などのアプリを紹介したほか、現在のスキル利用状況についても説明。平日は、朝6〜8時に、ニュースや天気のニーズが高いが、22時過ぎに大きなピークがあるのが「ライフスタイル」。このライフスタイル関連スキルは「睡眠に関わるもの」とのことで「寝室で多くのEchoが使われているのでは」と分析する。

 また、週末はニュースや天気だけでなく、スマートホームや音楽、ゲームなどの利用が多くなるなど、利用傾向には大きな違いがある。今後もより強力なスキル開発のために、セミナーを各地で開催。また、28日からはオンラインセミナーも提供している。最近では、「どのように対話を構成するのが効果的か?」など、より実践的かつ実用的なアプリ開発を目指す企業が増えているという。

 これまでは招待制で販売していたため、スキル開発者から「期待ほど使われていない」との声もあがっていたが、一般販売にあわせてスキルの告知も強化。3月30日からは、AlexaのWebサイトにアプリの一覧ページを設けるとともに、各アプリのランディングページを用意し、スキル開発者がアプリを告知しやすくする。

 Echoの販売台数目標などは明らかにしていないが、「毎朝、数千人のお客様が話しかけてくれている」(ルービン氏)とのことで、「お客様の協力により、賢くなって一般販売できるようになった。これからも、『家族の一員』と思っていただけるよう強化していく」とした。

 なお、海外ではすでに実現されてるEcho同士の通話機能や、FireTV連携機能については、「日本での対応に向けて頑張っている」とした。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00000009-impress-ind

posted by 切葉鳩 at 07:05 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

筧美和子、性生活暴露!プライベートの切り売りが始まった?



 26日、タレントの筧美和子が『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)に登場し、自身の性生活を赤裸々に語った。

 “ブス”を主軸にトークを展開していく同番組に、唯一の美人枠として呼ばれた筧だが、ブスを押し出した自虐を相手にされたとき、どう返すか問われると「そういうのホント下手なんです」と消極的に返答。そして、「そういう時の対応能力がない」と気弱に付け加えた。

 しかし、盛り上がりを心配してか、「ブスだからHの時に怒られたこと」に話が及ぶと、筧は一気にぶっちゃけモードに。“ブス枠”のパネラーの一人である芸人・わたなべるんるんが「セックス中に顔面を叩かれたことがある」と告白したことで、MCのおぎやはぎ・矢作兼が「(セックス中に)怒られたことあるの?」と質問すると、筧は「リアクションが薄い、感情を見せてほしいと言われたことがある」大胆告白したのだ。それを聞いた共演者らは爆笑していた。

 仮にもこの番組には美人枠として出演している筧だが、やはりかわいいだけではもたないのが芸能界だ。一時の勢いが消え、夜の生活についても暴露しなければならないあたり、本人の焦りが感じられる。

 「篠山紀信さんとタッグを組んで写真集を出した頃は、セクシー×かわいい路線で、もっと売れるかと思いましたが、これといって印象に残るような仕事ぶりはありませんでした。ただし、テレビには地味に出続け、それをキープしているという感じです。替えが効くポジションということを本人も自覚していて、このあたりでなんとかしなければと思っているのかもしれません」(芸能関係者)

 実際、以前は多かった『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)への出演も最近ではめっきり減り、「筧さんはかわいいし、いい子だけど、機転が利くタイプではない」という厳しい意見も聞こえる。

 最近は新しく出てきたタレントたちに押されていることは確かである。今回の暴露は、本人なりに「なにか爪痕を残さなければ」との想いからかもしれない。
https://wjn.jp/article/detail/6724968/



タグ:筧美和子
posted by 切葉鳩 at 06:55 | 北海道 ☔ | Comment(1) | 世の中