2018年04月21日

SB柳田がサイクル安打達成!

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手(29)が21日に札幌ドームで行われた日本ハム戦でサイクル安打を達成した。16年7月30日に阪神の福留孝介が記録して以来で、プロ野球史上70度目(65人)、パ・リーグでは33度目(32人)。球団ではダイエー時代の03年に村松有人がマークして以来の快挙となった。

 初回2死から日本ハムの先発・有原の2ボールからの3球目、内角低めの変化球をフルスイング。完ぺきにとらえ、右中間スタンドに4号先制ソロだ。

 続いて4回無死から中前打すると、5回1死一、二塁からは中堅フェンス直撃の適時二塁打。6回2死二塁からは中前適時打した。さらに、サイクルヒットに王手を掛けた8回1死一塁から右中間へ適時三塁打を放った。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00000132-spnannex-base




posted by 切葉鳩 at 17:54 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

大谷翔平、4度目のマルチ安打 前日の3三振吹き飛ばす

 エンゼルス1−8ジャイアンツ(20日、アナハイム)エンゼルスの大谷翔平投手(23)が「6番・DH」で先発出場。4打数2安打で4度目のマルチ安打。チームは4連敗を喫した。

 大谷の第1打席は二回、二死走者なしでファンのひときわ大きい声援を受けて登場。ジャイアンツの先発右腕サマージャの低めの変化球を泳ぎならも中前に運ぶ、技ありのチーム初安打を放った。

 第2打席は0−1とリードされた四回、二死走者なしで高めのストレートをとらえたが、左飛に倒れた。六回の第3打席も左飛。

 九回、大谷は先頭打者で初球の内角高めのストレートを強引に引っ張り一、二塁間をゴロで破る右前打を放った。

 前日のレッドソックス戦では「6番・DH」で先発し4打数無安打、3三振だった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00000524-sanspo-base

posted by 切葉鳩 at 17:49 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

アイドル写真集 、“進む過激化”の背景は?



 AKB48の加藤玲奈の写真集が3月末に発売され、その過激さが“48グループ最大露出”と話題になっている。ぬいぐるみで胸を隠しているカットをはじめ、美尻や下着姿も惜しみなく披露。近年、アイドル写真集が何かと話題に上り、売り上げも好調だが、同時に露出傾向にあり、過激化の一途を辿っている。その背景にはアイドルグループ自体の拡大を担ってきた“ある層”の影響があるようだ。

 AKB48の加藤玲奈は、グループきっての美貌の持ち主にしてオシャレ担当というポジションで“ポストこじはる”との呼び声も高いビジュアルメンバー。そのポテンシャルに女性ファッション誌『sweet』の渡辺佳代子編集長が惚れ込み、同誌が1st写真集『誰かの仕業』(宝島社)の制作を担当したという。

 本作は、ロンドン&ハワイでロケを敢行。小嶋陽菜の大ヒット写真集『どうする?』を手掛けたカメラマンの中村和孝氏が撮り下ろした、上半身オールヌードにバストトップを熊のぬいぐるみで隠した超セクシーカットをはじめ、Tバックの美尻を披露したバックショットや、定番の手ブラ、一糸まとわぬ姿の座りカットなどが収められている。キュートな表情と過激なカットが織り交ざった、大胆な構成となっており、 “48グループ史上最大露出”と話題を呼んでいる。その内容は、アイドルがここまでやっていいの?と驚きの声が上がるほど。

 グループアイドル・AKB48の写真集といえば、渡辺麻友の1st写真集『まゆゆ』(集英社)の表紙になった“全裸体育座りカット”は多数のタレントがマネをするほど盛り上がりを見せたのも記憶に新しい。次作『知らないうちに』(講談社)でも美尻をあらわにしたカットも披露し、大人の女性としての変化を表現。また、“神7”として知られたビジュアルメンバー、小嶋陽菜もセクシーなイメージが浸透した。写真集はもちろん、下着メーカーのCMや、女性誌『an・an』での「SEX特集」はじめ、「美乳の作り方特集」、「オンナノカラダ特集」といった特集号の表紙に度々起用されている。

 グループアイドルがグラビアを飾るようになってから、水着姿は当然と言わんばかりに、過激化が進んでいる印象にある。アイドルが写真集で新たな一面を見せていくのは昔から続く定番の手法。しかしながら、過激な描写は、実際ファンが求めているものなのだろうか。昨年、写真集旋風を巻き起こした乃木坂46を例に考えてみると、その背景が見えてくる。

 2017年は写真集分野で坂道グループメンバーが旋風を巻き起こした。白石麻衣の写真集『パスポート』は、講談社の歴史の中で写真集として最高の部数を記録し、他メンバーの写真集も年間ランキングの上位に食い込んでいる。かつてのヘアヌード・写真集ブームには及ばないものの、本が売れない現代に写真集が一石を投じたと言える。

 写真集を出したメンバーの多くが女性誌で活躍するモデルたち。白石麻衣は『Ray』『LARME』(ともにこの春に卒業)、齋藤飛鳥は『sweet』、橋本奈々未(現在は芸能界を引退)と松村沙友理は『CanCam』、衛藤美彩は『美人百花』、西野七瀬は『non・no』、桜井玲香は『NYLON JAPAN』、堀未央奈は『ar』…といったメンバーが写真集を出し、いずれも好調を推移。欅坂46の渡辺梨加も『LARME』の専属モデルで、写真集初版10万部という好スタートを切った。アイドルとしての坂道グループ自体が女性ファンの獲得で認知を広めてきたことは周知の事実だが、その女性ファンの存在が写真集にも影響を及ぼしているようだ。

 大ヒットとなった白石麻衣の写真集は、「同性の女性から支持されるようなものにしたい」という自身の希望により、『an・an』や『sweet』などの女性誌のカバーを撮影するフォトグラファーを起用。さらに、スタイリストやヘアメイクも女性誌で活躍するスタッフを集め、女性目線の世界観で作られた。ヒットの要因について、モデルとして活躍する美貌から、露出しても下品にならないということがさまざまなメディアで考察されている。女性から嫌悪感を抱かれる色気ではないので、ビジュアルを最大限に生かす戦略を取れるのだ。

 冒頭で紹介した加藤玲奈写真集は女性ファッション誌の『sweet』がプロデュース。写真集発売イベントで、加藤は「ファッション誌のスタッフさんなのでいやらしくない。女の子の好きな脱ぎ方」と明かしている。

 独自に『sweet』渡辺佳代子編集長に話を聞いたところ、「エロが撮りたい訳じゃない。女の子の体はすごくカワイイから、そこを追求するとどうしても(衣装の)布が減ってしまう」「美しいものを追求すると身体を出すことがセットになる」と編集意図を語ってくれた。男女の好みの差異について「男性の“カワイイ”がナチュラルなもの(または、ナチュラル風に作りこまれたもの)を好むのに対して、女性は、作りこまれた、やや大袈裟なものをカワイイと感じる傾向にあります。SNSの普及で、最近特にその傾向が加速しているように思います」とも。

 さらに、過去の写真集で女性からの反響が最も多かったのは、紗栄子の写真集『EPISODE 1』だったと振り返る。「バストトップ以外は全て露出し、一番過激で、セクシーでしたね。紗栄子さんの写真集イベントでは、観客の9割が女性の方たちでした」(渡辺編集長)。女性が憧れる“体の美しさ”を追求すると露出が増えていく。つまり、女性ファンの存在が写真集の過激化に実は一役買っているのだ。

 被写体となるアイドル達にとっても、セクシー路線第一ではないというコンセプトにより、逆に大胆になれる効果もあるのかもしれない。ユーザーにとっても女性誌のモデルが被写体であることや、“女性ファンをターゲット”と公言することにより、女性が手に取っても恥ずかしくないものであるというイメージの構築ができている。そのセクシー路線ではないというイメージ構築が、被写体側・ユーザー側に相乗効果を生んだ結果としての“過激化”であると言えるだろう。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00000406-oric-ent

タグ:写真集
posted by 切葉鳩 at 13:23 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

江頭2:50充電? 一時的に休養

 4月改編で江頭2:50(52)が比較的よく出演していたバラエティー番組が立て続けに終了。江頭は「オレ、4月から『ぷっすま』も『めちゃイケ』も『みなおか』も、全部なくなるから、テレビ出ない人になるんだよ」とこぼしていたが、気になる近況が伝わってきた。体調を崩してあまり元気がないらしい。

「パチンコ営業など、江頭さんが出演するはずだった複数のイベントの仕事がキャンセルになったことが分かりました。準レギュラー扱いの番組が次々と最終回を迎えたことがよほどショックだったらしく、いつものハイテンションを維持できなくなっているようです。知人たちは心配しています」(イベント関係者)

 江頭は04年にも過労による体調不良でダウンしたことがある。トレードマークの黒いタイツ姿で、これまで数多くの“伝説”を残してきたが、本人の性格はいたってマジメ。だからこそ、ギョッとするような過激な芸でファンをおおいに沸かせてこれたのだろう。

 エガちゃんは大丈夫なのか――。所属事務所の大川興業に聞いた。

「立て込んでいた仕事が一段落したため、現在は一時的に休養していますが、病気療養とか入院ではありません。今後予定している仕事もありますし、ニュースになるような大げさな話ではありませんよ」(担当者)

 実際、テレビに居場所がなくなったとしても、江頭には仕事のオファーがひっきりなしだ。パチンコ営業などイベントの仕事で1年先までスケジュールが埋まっているという。

「大量にお客さまを呼べる江頭さんの営業料金は“大物並み”。夏からはフェスなど野外イベントの仕事もたくさん入ってきます。今は繁忙期に備えた江頭さんの充電期間なのかもしれません」(前出のイベント関係者)

 布袋寅泰の「スリル」とともにハイテンションで登場する江頭を早く見たいものだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00000010-nkgendai-ent

タグ:江頭2:50
posted by 切葉鳩 at 13:11 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

猪瀬直樹氏&蜷川有紀が結婚へ

 演出家、蜷川幸雄氏(享年80)のめいで女優兼画家の蜷川有紀(57)が5月16日に交際中の作家で元東京都知事、猪瀬直樹氏(71)と婚約することが20日、分かった。

 5月16日に婚約を記念して発売する共著「ここから始まる 人生100年時代の男と女」(集英社、1512円)に合わせ、同日に東京都内で婚約出版パーティーを開き、喜びの報告をする。

 同書は2人の出会いから恋が深まる日々を、対談とエッセーでつづった2部構成。目次には「好奇心こそアンチエイジングのホルモン」「年齢意識は固定観念にすぎない」など興味深い言葉が並ぶ。

 関係者によると、すでに親しい知人らに案内状を送付済み。結婚の意志は固まっているようだ。

 2人は16年1月に知人を介して出会い、蜷川がイタリアの詩人ダンテの「神曲」をテーマにした絵画を制作するにあたり、猪瀬氏が助言したことを機に急接近。同2月から交際が始まり、10月に熱愛が報じられた。当時、蜷川は「一目ぼれされたみたい」と語り、週末に蜷川が猪瀬氏の自宅に泊まる“週末婚”状態だと明かした。

 昨年5月の蜷川の個展には猪瀬氏が駆けつけ、サンケイスポーツの直撃に「(恋愛の)物語は予定調和じゃないから。結婚? そのうちね」と答えていた。

 蜷川は5月9日から20日まで東京・渋谷のBunkamuraギャラリーで画家デビュー10周年記念絵画展を開催する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00000504-sanspo-entmore...
posted by 切葉鳩 at 08:20 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

錦織激闘3時間 世界3位を破る

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は20日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク36位の錦織圭が第2シードのM・チリッチ(クロアチア)を6-4, 6-7 (1-7), 6-3のフルセットで下し、大会初のベスト4進出を果たした。

この試合の第1セット、序盤はチリッチの強打に苦戦した錦織だったが、第5ゲームでパッシングショットを決めて先にブレークに成功し、リードを守ってこのセットを先取する。

続く第2セットは第4ゲームで先にブレークを許した錦織だったが、膝の痛みでメディカルタイムアウトをとったチリッチから第5ゲームでブレークバックに成功。しかし、錦織のサービング・フォー・ザ・マッチで迎えた第10ゲームでは3本のマッチポイントを握るもこれをしのがれると、タイブレークを落としてセットカウント1−1に。

迎えたファイナルセットも依然としてチリッチ優勢で試合が進んだが、パッシングショットを決めるなどで錦織が第8ゲームでブレークに成功。粘るチリッチを振り切り、約3時間の激闘を制した。

錦織は2016年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)から続いていたチリッチ戦の連敗を3でストップさせた。

準決勝では、第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)と世界ランク34位のR・ガスケ(フランス)の勝者と対戦する。

今年1月に右手首のけがから復帰した28歳の錦織は、2月のRBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラス(アメリカ/ダラス、ハード、ATPチャレンジャー)で復帰後初優勝。ツアー復帰戦のニューヨーク・オープン(アメリカ/ニューヨーク、室内ハード、ATP250)ではベスト4へ進出した。

一方、第14シードのM・ラオニッチ(カナダ)の棄権により、思わぬ形で準々決勝に駒を進めていた世界ランク3位のチリッチだったが、大会初の4強入りとはならなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00010001-tennisnet-spo

more...
posted by 切葉鳩 at 08:13 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中