2018年04月25日

ドル、109円前後





 25日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、株価の下げ幅縮小でやや買われ、1ドル=109円前後に上昇している。午後3時現在、109円06〜07銭と前日(午後5時、108円88〜88銭)比18銭のドル高・円安。
 ドル円は早朝、108円80銭前後でもみ合った後、仲値前後に実需筋の買いが強まり、一時109円台に乗せたが、利食い売りなどで108円80銭台に押し戻された。正午過ぎまで同水準でもみ合ったが、株価の下げ幅縮小を眺めて買いが強まり、再び109円台に乗せた。
 このほか、「時間外取引で米長期金利が3%前後で高止まりしていることもドル円の支援要因になっている」(為替ブローカー)とされる。ただ、米長期金利の上昇は米株式を下落させ、改めてリスクオフを招く恐れもある。このため、「今夜の米株式が金利上昇にどのような反応を見せるのか見極める必要がある」(FX業者)との声が聞かれ、目先は109円前後でのもみ合いが続くと見込まれる。
 ユーロは朝方から対円で横ばい圏。対ドルは弱含み。午後3時現在、1ユーロ=133円20〜22銭(前日午後5時、132円79〜80銭)、対ドルでは1.2213〜2213ドル(同1.2195〜2196ドル)。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000021-jijc-brf

[PR]FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX
タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 15:54 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

日経平均、2営業日ぶりに下落 円安傾向が下支え





 25日の東京株式市場は、日経平均株価が2営業日ぶりに下落した。日経平均の終値は前日より62円80銭(0・28%)安い2万2215円32銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同2・02ポイント(0・11%)低い1767・73。出来高は14億2千万株。

 前日の米ニューヨーク市場が急落したが、小幅な下落にとどまった。円相場が対ドルで1ドル=109円前後で円安傾向に傾いたことも下支えした。市場からは「投資家心理が慎重になったのは事実だが、影響は限定的だった」(大手証券)との声が出ている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000046-asahi-brf

[PR]迷える投資家の羅針盤 トレーダーズ・プレミアム

posted by 切葉鳩 at 15:50 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

円、108円台後半





24日のニューヨーク外国為替市場では、米長期金利の上昇を警戒したリスク回避ムードの台頭で朝方の円売り・ドル買いの流れが反転し、円相場は1ドル=109円台前半から108円台後半に戻す展開となった。午後5時現在は108円76〜86銭と、前日同時刻(108円65〜75銭)比11銭の円安・ドル高。
 この日朝方の金融・債券市場で、長期金利の指標である10年物米国債利回りが3%の節目を約4年3カ月ぶりに突破。これを受け、日米金利差の拡大を意識した円売り・ドル買いが進行し、円相場は約2カ月半ぶりに109円台に下落した。また、この日発表された3月の米新築住宅販売件数や4月の米コンファレンス・ボード消費者景況感指数が市場予想を上回る堅調な内容だったことも重しとなり、円は午前中に一時109円20銭まで下落していた。
 しかし、昼前から相場の流れは反転。米長期金利の上昇が景気に与える悪影響を警戒し、株式や原油などのリスク資産への売りが膨らむ中、相対的に安全とされる円が退避資金の受け皿として選好された。円相場は速いペースで切り返すと一時108円55銭まで上昇。ただ、終盤にかけてやや上値を削った。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.2228〜2238ドル(前日午後5時は1.2204〜2214ドル)、対円では同133円03〜13銭(同132円65〜75銭)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000009-jijc-brf



タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 07:27 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

小室哲哉&篠原涼子22年ぶりタッグ

 女優・篠原涼子(44)が主演する映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(8月31日公開)の音楽を、プロデューサー引退を表明した小室哲哉氏(59)が担当することが24日、分かった。篠原は90年代に小室ファミリーとして、「恋しさと せつなさと 心強さと」などをヒットさせており、小室氏とは22年ぶりのタッグ。小室氏が今年1月の引退発表前に受けていた仕事だったことから、“再会”が実現した。

  ◇  ◇

 TKブームの一端を担った篠原のために、希代の名プロデューサーは飛びきりの“置き土産”を用意していた。昨年3月にオファーを受けた小室氏は、「SUNNY−」の劇伴(劇中のインストルメンタル曲)を制作。今年1月の引退会見では、受注済みの仕事はやり遂げるとしていたが、3月まで作業を続けて24曲を完成させた。

 TKサウンドが世の中を席巻した94年に、小室氏がプロデュースし、篠原が歌った「恋しさと−」は売り上げ200万枚突破の大ヒットを記録。96年のゲーム音楽でのコラボ以来、22年ぶりの再タッグ結成となった。

 篠原が演じる専業主婦の奈美が、90年代に青春時代を謳歌(おうか)した設定であることから、小室氏に白羽の矢が立った。当時はやったJ−POPもクローズアップされ、劇中歌として起用。篠原が安室奈美恵の「Don’t wanna cry」を歌うシーンも盛り込まれた。

 昨年11月、撮影現場で小室氏の訪問を受けた篠原は、「お互いあの頃から風貌は変わったけど、中身は変わってないねって(笑)。変わらない小室さんとまたご一緒できて、すごく嬉しいです」と感激。「芝居だけでは伝わらないところを、小室さんの音楽に助けてもらっています」と感謝した。

 小室氏は「最後の僕の映画音楽になります」と宣言。「最初に見かけたのは涼子ちゃんが16才ぐらいの頃だったと思います。輝いてくれて、よかったなあと心から思っています」。移り変わりの激しい芸能界を去る前に、時の流れをかみしめていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000003-dal-ent

more...
posted by 切葉鳩 at 07:22 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。