2018年06月13日

「父の日」商戦、母の日よりも影薄く…百貨店は「自分へのご褒美ギフト」展開



 17日の「父の日」を前に百貨店などが商戦を本格化させている。母の日に比べて影が薄いだけに、父の日ギフトをお父さん自身が自分へのご褒美として買う“セルフ父の日”現象がじわり拡大。各社はこうした需要を取り込みつつ、父親と家族が一緒に過ごすイベントを仕掛け、父の日の存在感アップに努めるなど知恵を絞った消費喚起作戦を展開する。

 通販サイト「ヤフーショッピング」のネット調査(約3500人対象)では、20〜30代男女に父の日にギフトを贈るかを尋ねると55%が「贈らない」と回答。理由として「何がいいか分からない」「面倒」などを挙げた。母の日ほど特別な日として浸透しておらず、「プレゼントしたりする家庭は半数くらいでは」と百貨店関係者も苦い表情だ。 

 代わって存在感を増すのが百貨店一押しの父の日ギフトの“自己買い”だ。松屋銀座(東京都中央区)の売り場担当者は「自分へのご褒美として買う男性が目立ってきた」。同店ではそうした需要を当て込んで、お酒などの保冷効果が高い真空二重構造のタンブラー(1万2960円〜)や、快眠に欠かせないオーダー枕(2万7千円)など、中年男性が好みそうなアイテムを用意した。

 日本橋三越本店(同区)でも「お父さん(オレ)の欲しいモノ、揃(そろ)います。見つけます。」をテーマにベルトや傘などをそろえ自己買いのお父さんに猛アピールしている。

 このほか銀座三越では、普段から距離感のあるお父さんと家族が一緒の時間を過ごす、家族全員参加のパン作り教室の開催など「コト消費」視点の提案も。

 体験型ではほかに、松屋銀座のヘアサロンが男性向けサービスの展開に注力し始めた。父の日に合わせ、頭皮マッサージの「ヘッドスパ」と散髪などのセットコース(初回1万1664円)を売り込んでいる。

 各社に共通する狙いは父の日をきっかけにした男性客の消費喚起だ。メインの女性客だけに依存せず、中高年男性にも来店を促すことで客層の拡大を目指している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00000638-san-bus_all

posted by 切葉鳩 at 23:23 | 北海道 ☔ | Comment(0) | めも

日経平均、終値88円高 米朝首脳会談の反応は限定的





 13日の東京株式市場は、日経平均株価が3営業日連続で小幅に値上がりした。日経平均の終値は前日より88円03銭(0・38%)高い2万2966円38銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同7・55ポイント(0・42%)高い1800・37。出来高は11億9千万株。

 米国の金融政策を決める米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見極めようと、投資家の様子見姿勢が強かった。前日の米朝首脳会談は北朝鮮の非核化に向けた具体案が乏しく、市場の反応は限定的だった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000084-asahi-brf

[PR]騰落予想型AIが、日経平均を毎日予想。【日経平均騰落予想AI F-Trader】
posted by 切葉鳩 at 16:02 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

ドル、110円台半ば





 13日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、買いが一巡した後、1ドル=110円台半ばで伸び悩んでいる。午後3時現在、110円56〜57銭と前日(午後5時、110円32〜32銭)比24銭のドル高・円安。
 ドル円は早朝、110円30銭台から110円50銭台に強含んだ後、110円40銭台でもみ合った。仲値ごろは輸入企業によるドル買いに支援され上昇。正午にかけては米長期金利が堅調に推移し、日経平均株価も上げ幅を拡大させる中、110円60銭台まで浮上した。午後は買いが一服する中、若干下げた水準で売り買いが交錯している。
 米朝首脳会談が無難に終わり、朝鮮半島の地政学リスクが和らいだことから、「ドル円の地合いは強く、一時は上値を試す動きになった」(大手証券)という。米連邦公開市場委員会(FOMC)による利上げの頻度が「年4回になる」(大手邦銀)との予想から、会合の結果が示される前には「110円80銭近辺まで上昇する可能性がある」(同)との指摘があった。
 ユーロは対円で、対ドルで小動き。午後3時現在、1ユーロ=129円92〜93銭(前日午後5時、130円10〜11銭)、対ドルでは1.1750〜1751ドル(同1.1793〜1794ドル)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000017-jijc-brf

[PR]FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX
タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 15:57 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

ドル、110円台後半





 13日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ観測を背景に買いが継続し、1ドル=110円台後半まで上昇している。正午現在、110円60〜60銭と前日(午後5時、110円32〜32銭)比28銭のドル高・円安。
 ドル円は早朝、110円50銭台に強含んだのち、110円40銭前後でもみ合った。仲値ごろに再度ドル買いが強まり110円60銭台に付けた後、やや上げ一服となったが、改めて買いが先行している。
 米朝首脳会談の合意文書では朝鮮半島の非核化に向けた具体案は示されなかったが、波乱なく終了したことは「ポジティブに捉えられた」(大手邦銀)という。FOMCでは利上げペースの加速が示唆されるとの思惑から、東京時間は「ドル買い基調で111円まで上昇する可能性がある」(同)との見方がある。一方、「結果を見極めたい」(外為仲介業者)など慎重な声も聞かれた。
 ユーロは朝方に比べて対円で小幅上昇、対ドルで小動き。正午現在、1ユーロ=129円93〜94銭(前日午後5時、130円10〜11銭)、対ドルでは1.1747〜1748ドル(同1.1793〜1794ドル)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000013-jijc-brf

[PR]初心者もアクティブトレーダーもFXの取引は「みんなのFX」で。
posted by 切葉鳩 at 13:05 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

安室奈美恵 ライブDVD初ミリオンか



 9月16日に引退する歌手・安室奈美恵(40)の、ラストツアーの模様を収めたライブDVD&Blu−ray「namie amuro Final Tour 2018〜Finally〜」(8月29日発売)の予約数が、50万枚を突破したことが12日、分かった。今月3日のリリース発表から、わずか1週間だけの集計による“スピード記録”。ライブDVD初の100万枚突破の可能性が高く、歌姫の勇姿を永久保存したいというファンの思いが、確かな数字となって現れた。

 安室の映像作品の過去最多売り上げは、2013年2月に発売した「namie amuro 5MajorDomes Tour 2012〜20th Anniversary Best〜」の35・0万枚。ソロアーティストのライブDVD&Blu−rayの歴代トップだったが、予約の段階で大幅に記録を更新した。

 安室の“サヨナラ需要”はまだまだ高まっていくとみられ、歴代ライブDVD&Blu−ray売り上げトップの嵐「5×10 All the BEST! CLIPS 1999−2009」(09年10月発売)の90・4万枚(DVDのみ)も射程圏内にとらえ、新たな歌姫伝説が誕生しそうだ。

 商品は、今月3日の東京ドームでのラストツアー千秋楽、同ツアーの5大ドームいずれかの会場分、昨年9月のデビュー25周年記念沖縄野外ライブの3公演がセットとなり、5パターン(各8800円)で販売される。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000003-dal-ent

posted by 切葉鳩 at 12:04 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

勝俣州和 バラエティ界最強説



 デビューから30年以上に渡りテレビに出演し続けるタレント・勝俣州和。芸能界における彼のポジションはかなり特異だ。冠番組を持つわけでもなく、視聴者が勝俣だけを求めてチャンネルを合わせることも、おそらくないだろう。テレビ番組の企画では“勝俣のファン0人説”も囁かれる一方、どんな大御所によるMC番組でも、ふと気がつけば勝俣がいる。そして視聴者もそれが当たり前だと感じている。そんな勝俣州和の唯一無二の“存在感”はバラエティ界最強のバイプレイヤーという言葉が相応しい。

 勝俣はもともと劇男一世風靡(一世風靡セピアの母体)のメンバーであり、その後、萩本欽一司会の『欽きらリン530!!』(日本テレビ系)のオーディションを経て、1988年にCHA‐CHAを結成、欽ちゃんファミリーの一員として「歌って踊れてお笑いもできるアイドルグループ」という形で売り出された。

 CHA‐CHAの前身の茶々隊は、さまざまな芸能事務所のいわば“寄せ集め”であり、実は木村拓哉や草なぎ剛も在籍し、オーディションはSMAP全員が受けていたという衝撃の事実もある(木村、草なぎはCHA‐CHAになる前に脱退)。勝俣本人も“当時はSMAP並みに人気があった”と自称しており、実際、「確かにそのころは、女子たちにかなりキャーキャー言われていたなあ…」という記憶がある方も多いのではないか? CHA‐CHAはメンバーの西尾拓美(トロリンこと元アイドル・西村知美の夫)などがバリバリのアイドル路線をいく一方で、勝俣と松原桃太郎というメンバーがお笑いを担当するという“分業制”をとっていた。こうした“アイドル+しゃべり(笑い)”というスタイルは、後のSMAPなどに引き継がれるわけで、“しゃべれるアイドル”のルーツでもあり、今のアイドルの活動の礎を築いた元祖的グループと言っていいかもしれない。

 お笑い担当だった勝俣もアイドル的な人気があり、1989年には柴門ふみ氏のマンガを原作としたトレンディドラマ『同・級・生』(フジテレビ系)に俳優として出演。当時、フジテレビのアナウンサーだった中井美穂とカップルになるという、重要な役を演じていたりもする。CHA‐CHA解散後の1992年には、堀部圭亮とともにお笑いユニット『K2』を結成して活動の場を広げると、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)や『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(日本テレビ系)などにレギュラー出演するようになり、現在に至るわけだ。


more...
タグ:勝俣州和
posted by 切葉鳩 at 11:58 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

ドル、110円台半ば





 13日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げペース加速が示唆されることへの期待感からやや買い優勢となり、1ドル=110円台半ばで推移している。午前9時現在、110円45〜45銭と前日(午後5時、110円32〜32銭)比13銭のドル高・円安。
 前日の海外市場では、米朝首脳会談で非核化に向けた具体的な道筋が示されず、「期待されたほどの成果ではなかった」(国内銀行)として、欧州時間には利食い売りが出て、110円近くまで下落した。米国時間の序盤は、米長期金利の上昇を眺めて110円40銭台まで浮上。中盤は伸び悩み、110円10〜20銭台で推移した。終盤は、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げペースが加速するとの思惑からドルが買い進まれた。東京時間の早朝は、海外時間の流れを引き継ぎ、110円50銭台まで上昇した後、伸び悩んでいる。
 リスクイベントとみなされた米朝首脳会談が無事に終わると、「円高へ攻める材料はなくなった」(前出の国内銀行)として、市場の関心はFOMCに切り替わっているという。「利上げペースの加速などタカ派的な発言が期待される」(外為仲介業者)としてドル高基調となっている。ただ、日欧の金融政策決定も控えており、本日の東京時間は「110円20〜70銭で神経質な動き」(同)が予想される。
 ユーロは対円、対ドルで下落。午前9時現在、1ユーロ=129円74〜75銭(前日午後5時、130円10〜11銭)、対ドルでは1.1747〜1748ドル(同1.1793〜1794ドル)。
https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180613-00000061-jijf-market



posted by 切葉鳩 at 09:45 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。