2018年07月11日

AKB48高橋朱里、新たなランジェリーカット公開

AKB48高橋朱里の1st写真集「曖昧な自分」(7月24日発売)の先行カット2点が公開された。

公開されたのは、写真集で初挑戦したランジェリーカットで、ブラックのランジェリーとミステリアスな雰囲気が印象的な1枚と、ミントグリーンのランジェリーが高橋の色白美肌に映えている1枚。

美バストだけでなく、引き締まったウエストや綺麗な腹筋も注目を集めそうだ。

写真集に収録されるロングインタビューでは、セクシーなシーンに臨んだときの心境もつづられており、「本当はランジェリーはもちろん、水着(の撮影)もまったく得意じゃない。ただ、実際にあがってきた写真を見て、写真集じゃないとこういうチャレンジはしなかったから頑張って良かったと思いました」と語っている。

「AKB48のオールナイトニッポン」で高橋と出演した横山由依は公開前の収録カットを見て「アイドルを辞める人とかがやるくらいの、思い切った写真集かも」とコメント。同じく、HKT48の宮脇咲良は「映画のワンシーンみたい」と写真集収録カットのドラマチックさにも注目していた。

ロケは台北・高雄・台南の台湾3都市で実施。どこか懐かしい台湾の街並みに溶け込み、アイドルではなく一人の女性としての魅力を放出。本人も「アイドルの自分の面影が全然ない」と驚くほどの、“素”な表情もおさめられている。前述のインタビューで本人が「頑張って良かった」と振り返るほどの”勝負カット”も収録されており、公開が待たれる。
http://news.livedoor.com/article/detail/14997176/

posted by 切葉鳩 at 21:18 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

ドル、111円台前半





 11日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、売り買いが交錯して1ドル=111円台前半でこう着した。午後5時現在、111円00〜00銭と前日(午後5時、111円07〜08銭)比07銭の小幅ドル安・円高。
 米中貿易摩擦への懸念から、午前のドル円は一時110円70銭台まで下落した。反落して始まった日経平均株価が下げ幅を縮めると、正午に向けて111円10銭台に浮上。午後は買い一服で111円付近でもみ合い、終盤も売り買いが交錯し同水準でこう着した。
 トランプ米政権が対中追加制裁の手続き開始を表明、中国側も対抗措置に言及したが、「新興国通貨が売られる一方でドルと円が買われ、ドル円の値幅は限られた」(FX会社)という。欧米時間は「(直近安値の)110円80銭台を割り込めば、さらに下押すことが懸念され、どのような動きが出るのか見極めたい」(同)と警戒される。
 ユーロは終盤にかけ対円で横ばい、対ドルで小幅上昇。午後5時現在、1ユーロ=130円26〜26銭(前日午後5時、130円46〜46銭)、対ドルでは1.1734〜1734ドル(同1.1745〜1745ドル)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000026-jijc-brf

[PR]初心者もアクティブトレーダーもFXの取引は「みんなのFX」で。
タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 17:31 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

米中貿易摩擦への警戒再燃、東京株下落 一時450円安





 11日の東京株式市場は、トランプ米政権による対中追加関税の対象品目公表が米中貿易摩擦への警戒を呼び、日経平均株価は一時450円安となった。終値は前日より264円68銭(1・19%)安い2万1932円21銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同14・25ポイント(0・83%)低い1701・88。出来高は13億6千万株。

 機械や海運などを中心に幅広い銘柄で売られ、東証1部の7割弱が値下がりした。下落は4営業日ぶり。中国・上海や香港、台湾などアジア市場も軒並み下落した。SMBC日興証券の太田千尋氏は「前週に米国が発表した高関税措置から時間が経ち、投資家が再度リスクを取る姿勢に戻っていたが、一転した」と話す。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000071-asahi-brf

[PR]騰落予想型AIが、日経平均を毎日予想。【日経平均騰落予想AI F-Trader】
posted by 切葉鳩 at 15:30 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

“ダイエット通”渡辺徹、発想の転換…「美食家減量法」

 11日放送のNHK総合「ごごナマ」(月〜金曜・後1時)に俳優の渡辺徹(57)がゲスト出演、さまざまなダイエットに挑戦した結果、たどりついた“究極のダイエット”を明かした。

 イケメンのアイドル俳優としてデビューした渡辺だったが、人気ドラマ「太陽にほえろ!」に出演していた4年間で別人のように体重が増加。食事の場でも「負けちゃいけない」と勧められるままに食べた結果、70キロのさわやかイケメンは最高130キロのお相撲さんクラスまで変貌した。

 その後はダイエットとリバウンドの繰り返し。行った一風変わったダイエットとして「酢の物ダイエット」「ゴムチューブダイエット」「シュガーコーンダイエット」「卵しか食べないダイエット」「すっぽんの卵ダイエット」「ドイツ軍御用達ダイエット」を挙げた。

 司会の船越英一郎(57)や美保純(57)らに謎の「シュガーコーン」について突っ込まれると、「シュガーとコーンという名前の犬を飼ってまして、その犬の散歩をするダイエットです」と話し笑わせた。

 そんな“ダイエット通”の渡辺が最近行き着いた究極のダイエットが「美食家ダイエット」だという。ダイエットと相反するかと思われる「美食」だが渡辺には合っていると話す。

 「医師の友人がいるんですけど、その友人に『お前、美食家になれよ』って言われまして。『味わってない。食べ物に興味を持って食べろ』って」。それをきっかけに、使われている食材に興味を持ち、味わって少しずつゆっくり食べるようになったところ「少しでお腹いっぱいになるんですよ」と渡辺。現在は84、85キロくらいの体重をキープ。「発想の転換です」と胸を張っていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000101-sph-ent

posted by 切葉鳩 at 15:26 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

ドル、110円台後半





 11日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米中貿易摩擦への懸念が改めて台頭し、1ドル=110円台後半に反落している。午前9時現在、110円85〜85銭と前日(午後5時、111円07〜08銭)比22銭のドル安・円高。
 前日の海外市場では、欧米時間はおおむね111円20〜30銭前後で底堅く推移した。内外株高を背景に「リスクオン的なムードが続いた」(同)とされる。その後、東京時間の早朝に米中貿易摩擦の激化が警戒されるニュースが伝えられ、ドル円は110円80銭台に急落した。午前9時に向けても同水準で取引されている。
 トランプ米政権は10日、2000億ドル(約22兆円)相当の中国産品に関税を課す追加制裁を行う方針を発表した。これを受けてドル円は111円台前半から急落。110円80銭台でいったん下げ止まったものの、「急落の余韻からなお売りが出やすい」(FX業者)とみられる。もっとも、追加制裁自体は「既定路線であり、売り一巡後は徐々に落ち着きを取り戻すのではないか」(大手邦銀)との声も聞かれる。
 ユーロも対円で急落。対ドルは小幅安。ドル円の下げにユーロ円もなびいた。午前9時現在、1ユーロ=130円01〜02銭(前日午後5時、130円46〜46銭)、対ドルでは1.1727〜1728ドル(同1.1745〜1745ドル)。
https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180711-00000029-jijf-market

[PR]FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX
posted by 切葉鳩 at 09:18 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

大谷超え 岩手の怪腕が154km

 みちのくの新たな怪物がベールを脱いだ。大船渡(岩手)の2年生右腕・佐々木朗希(ろうき)が、自己最速を1キロ更新する154キロを計測するなど4安打11奪三振で、シード校・盛岡三を相手に2失点完投勝ち。大谷翔平(現エンゼルス)の花巻東2年時の最速151キロを上回った。

 怪物級の実力を、至るところで見せつけた。大船渡の2年生右腕・佐々木朗が1―1の2回無死、6番打者に自己最速を更新する154キロを計測。全国的に無名だが、第12回U18アジア野球選手権(9月3〜9日、宮崎)の高校日本代表候補に選ばれた男が、花巻東2年夏は最速151キロだった“大谷超え”だ。2回はソロ弾、5回には適時失策で2失点も、4安打11奪三振の力投で勝利を引き寄せた。

 「チームが勝つことが一番。3年生の力を感じて投げられた」と佐々木朗は胸を張った。この一戦は直球に頼らず、これまで公式戦で投げていなかったフォークを“解禁”。打者の狙いを外す投球術を披露すると、打撃でも189センチの長身ながら5秒9の俊足を生かし、1番打者として6打数3安打。19安打11得点したチームで、リードオフマン役を十分に務めた。投打に高いレベルでチームを引っ張っている。

 来年のドラフトの目玉となりそうな逸材を、この日はプロ4球団が視察した。楽天・宮越スカウトは「今年でもドラフト1位候補。身体能力は高いし、球もまだ速くなる」と高く評価。エース格にもかかわらず背番号20をつけるが、佐々木朗は「2年生なので、特に気にならないです」。最速更新よりも、背番号よりも、今は3年生と一緒に甲子園に行くことに集中しているのだ。

 「チームとしては甲子園出場。個人的には甲子園最速を出したい」と目標を掲げた佐々木朗。聖地に立てば、2001年夏に日南学園・寺原隼人(現ソフトバンク)が出した158キロ超えを目指すと豪語した。まだ2年生で伸びしろ十分の本格派右腕が投げるたびに成長し、34年ぶりの夏の甲子園出場を目指す。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00000278-sph-base

タグ:佐々木朗希
posted by 切葉鳩 at 07:23 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

円、111円近辺





 10日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、投資家のリスク選好意欲が回復する中、安全資産とされる円を売ってドルを買う動きが優勢となり、取引時間の大半は1ドル=111円台前半で推移していた。ただ、トランプ米大統領が中国製品に追加関税を課す用意があるとの一部報道を受けて円が買い戻され、111円近辺となった。午後5時現在は110円95銭〜111円05銭と、前日同時刻(110円79〜89銭)比16銭の円安・ドル高。
 海外市場では米長期金利の上昇などを背景に円売り・ドル買いが優勢となり、ニューヨーク市場もこの流れを引き継いで111円27銭で取引を開始。その後も好調な米国経済を背景に投資家のリスク選好意欲が回復したことから、円安・ドル高基調が続いた。また今週から米企業決算が本格化することを受けて、全般的に堅調な業績結果が明らかになるのではないかとの期待が高まっていることもドル買いを支えていた。
 ただ、終盤にブルームバーグ通信が関係筋の話として、トランプ大統領が中国から輸入する2000億ドル相当の製品に追加関税を課す用意があると報じたことから、円を買ってドルを売り戻す動きが広がり、円は111円25銭前後から111円近辺に押し上げられた。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1740〜1750ドル(前日午後5時は1.1746〜1756ドル)、対円では同130円38〜48銭(同130円17〜27銭)。
https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180711-00000016-jijf-market



タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 07:19 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中