2018年08月15日

円、111円台前半





14日のニューヨーク外国為替市場では、トルコ通貨リラの下げ止まりや対ユーロでのドル高進行を背景に円売りが優勢となり、円相場は1ドル=111円台前半に下落した。午後5時現在は111円11〜21銭と、前日同時刻(110円68〜78銭)比43銭の円安・ドル高。
 前週末10日から2営業日にわたり通貨急落に見舞われたトルコ中央銀行は13日、預金準備率の引き下げによる流動性供給策に乗り出し、アルバイラク財務相も市場の懸念緩和に向けた行動計画を策定したと発表。これを受け、トルコ・リラは前日に付けた過去最安値圏から反発、他の新興国通貨への売りも一服する中、円はこの日未明の時間帯にいったん111円台に下落していた。
 しかし、朝方にかけては再び110円台に上昇。多額のトルコ向け債権を抱える欧州金融機関への悪影響が懸念されているほか、通貨安が進んでトルコなどの新興国がデフォルト(債務不履行)に陥れば世界的な信用収縮につながりかねないとの思惑が安全資産としての円買いを支えた。ただ、昼ごろからはドル高・ユーロ安の加速が円の上値を重くする格好となり、昼すぎには一時111円31銭の安値を付けた。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1338〜1348ドル(前日午後5時は1.1404〜1414ドル)、対円では同126円02〜12銭(同126円26〜36銭)。
https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180815-00000012-jijf-market



タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 06:50 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

谷村奈南 歌手活動本格再開へ、井岡との離婚危機に関係者「修復困難」

 ボクシングの元3階級制覇王者の井岡一翔(29=SANKYO)と離婚危機にあることがスポニチ本紙昨報で明らかになった歌手の谷村奈南(30)が、歌手活動を本格的に再開する意向であることが14日、分かった。

 井岡と交際中の16年秋に所属事務所を辞め、活動を休止。恋人を食事面などで支え、昨年5月の結婚後もそばに寄り添ってきた。しかし、春先に関係が冷え込み、離婚が決定的になっていくにつれ自身の将来を見据えだしたようだ。

 谷村は6月にオーストラリアで行われたパーティーで歌い、現地でレコーディングを行ったことをSNSで報告。最近は本格的なボイストレーニングも始めている。現在、事務所やレコード会社に所属しておらず帰国子女で英語が堪能なことから拠点を海外に移して活動する可能性もある。

 本紙報道を受け関係者は「2人の関係修復はやはり難しい。お互いの気持ちも離れているようだ」と明かした。井岡は9月8日(日本時間9日)に米ロサンゼルスで行われる興行「SUPERFLY3」で現役復帰戦に挑む。今月8日の同興行の発表会見のため現地入りした際には、谷村とは別の英語ができる女性スタッフが同行したとの情報もある。

 井岡の父で井岡ジムの一法会長(51)は「何も知らない。プライベートのことに関与したらダメでしょう」と離婚問題は関知していない様子。井岡のマネジメント会社は「対応することはありません」と別居などについて否定しなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000061-spnannex-ent

posted by 切葉鳩 at 06:42 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

安室奈美恵「故郷のためなら」沖縄観光キャンペーンに協力で“恩返し”



 9月16日で引退すると表明した歌手の安室奈美恵(40)が、故郷・沖縄県の観光ブランド「Be.Okinawa」のプロモーションキャンペーンに無償で協力することが14日、発表された。今月16日から1か月間、沖縄の海で撮影された写真を用いたポスターが掲出されるほか、安室の歌う「Tempest」が使用された映像がインターネット上で流される。「帰ってくるたびに、初心に戻してくれる場所」と語った故郷に、平成の歌姫は最後まで“恩返し”する。

 芸能界引退まで約1か月となった安室が、地元・沖縄のPRに一役買うことになった。

 16日から引退当日までの期間限定で「Be.Okinawa」のプロモーションキャンペーンに協力することが決定。関係者によると、今回の企画は安室が5月に県民栄誉賞を受賞した頃に県側が提案。安室も「故郷のためなら」と快諾し、6月には無償で協力することが決定したという。

 ポスターは、今年4月に発売されたフォトブック「GIFT」に収録されている沖縄のビーチで撮影されたショットを使用。また、約2分のプロモーション映像では、2011年に発売されたシングルの収録曲「Tempest」が使用されており、同曲をBGMに沖縄を訪れた旅する女性が文化や自然に触れる姿が描かれている。映像に安室は登場しないが、公式ホームページの他、東京・池袋サンシャインシティのサンシャインビジョン・噴水広場大型ビジョンでも放映される。

 県民栄誉賞を授与された際には「(沖縄県は)帰ってくるたびに、いつも初心に戻してくれる、自分にとってはとても落ち着ける場所です」とコメントしていた安室。ポスターには、その気持ちを表したメッセージが記された。直筆サインとともに書かれているのは「ぬちぐすいの島はいつだってあなたをあたたかく迎える。」という言葉。「ぬちぐすい」とは「命の薬、薬になるくらいおいしい」を意味する沖縄の言葉という。

 「Be.Okinawa」は、海外に向けて沖縄ブランドの浸透を図るために県が13年にスタート。国内はもちろん、アジアを中心に海外でも絶大な人気を誇る安室の協力は、大きな力となることは間違いない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000219-sph-ent
posted by 切葉鳩 at 06:35 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。