2018年09月19日

【国認定】不用PCの宅配便回収<リネットジャパン>





・リネットジャパンは、環境省・経済産業省から認定を受けた「小型家電リサイクル法」の認定業者。(認定番号 第24号)
・全国の宅配回収をしているのは、当社だけ!
・国からも認定を受け、各自治体とも連携をして回収・リサイクルをしているので安心してお任せ頂けます。
・回収対象品目は、パソコンから携帯電話・カメラ・ゲーム機・キッチン家電など400品目以上!
 家電4品目(テレビ・洗濯機・冷蔵庫・エアコン)を除く、ほとんどの家電が対象。
 ※乾電池、石油・灯油を利用したストーブは対象外となります。
・宅配便がご自宅まで指定日に回収。最短で翌日回収!
・年中無休で回収。ご都合に合わせていつでも回収日をご指定頂けます。
・箱に入れば、パソコン・小型家電何点詰めても1箱分の料金
・壊れていても、古くてもOK
・パソコンのデータ消去ソフトもご希望の方に無料で配布。データ消去が不安な方には「お任せ安全消去サービス」
 (有料:3,000円/1台 消去証明書付き)もご用意しています。
posted by 切葉鳩 at 22:38 | 北海道 ☔ | Comment(0) | めも

日経平均、一時400円上昇 8カ月ぶり高値





 19日の東京株式市場は、日経平均株価が一時400円以上値上がりし、約8カ月ぶりの高値をつけた。終値は前日より251円98銭(1・08%)高い2万3672円52銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は25・78ポイント(1・46%)高い1785・66。出来高は16億株。

 日経平均はこれまでの4営業日で1000円以上、上昇した。米中双方の追加関税発動が発表されたことで悪材料が出尽くしたとの見方が広がった。これまで割安と見なされてきた日本株に対して、外国人投資家の積極的な買いが入った。

 業種別では、円安基調を受けて、機械や電機株が大きく値を上げた。中国経済に対する懸念も和らぎ、日立建機やコマツなど中国関連銘柄も値上がりした。

 SMBC日興証券の太田千尋氏は「米中双方の追加関税措置が予想ほど強硬でなかったことから、影響は限定的ととらえられた。米国債が売られるなど、リスクをとる動きが出ている」と話した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00000051-asahi-brf

[PR]「トレーダーズ・プレミアム」業界最高水準の株式情報サービス
posted by 切葉鳩 at 22:28 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

井森バラドル路線めざす大島麻衣 バナナマン仕込みの下ネタも高評価

 タレントの大島麻衣(31)が15日、都内で3rd写真集「I am」の発売記念イベントを行った。

 大島はAKB48の第1期生として活躍し、現在はバラエティータレントとして活躍。8年ぶりとなる写真集は「どうしても30歳のうちに再び写真集を出したい!」と本人の強い希望があり、誕生日9月11日の前日である10日に発売した意欲作。水着カットや刺激的なランジェリーカットなど、セクシーさも満載だ。

 ランジェリーでの撮影は自身初ということだが「緊張もありましたけど、すごくオシャレに妖艶にとっていただけました」と大満足。30代となり結婚願望について聞かれると「やっと私のお見合い写真ができました! これを持ち歩いて街を歩きたい」と笑わせた。

 今後の芸能活動の展望については「いまは人生の大事な分岐点。(引退する)安室さんになるか、生涯現役である事務所の大先輩である井森美幸さんの背中を追いかけるか。私はもちろん、井森さんを目指します!」と“井森化”を宣言した。

 大島といえば、コメント力の高さがテレビ局関係者の間でも評判だが、実はそのスキルは超売れっ子お笑いコンビ「バナナマン」仕込みだという。

「バナナマンは事務所の先輩にあたるということもあり、約10年近く、番組で共演して、間近でバラエティーに必要なセンスを学んだ。バナナマンの2人も大島の実力を認めていて、今後も生き残っていく可能性は十分にある」(芸能関係者)。

 特に評価されているのは、バナナマンの“下ネタ”にも大島は「さらに輪をかけて話題をかぶせる。ある意味、女を捨てています」(前出関係者)。

 今回の写真集はある意味「アイドル」だった自分からの卒業。今後は井森のように「バラドル」路線を突き進む。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00000031-tospoweb-ent


posted by 切葉鳩 at 22:23 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

ぎぼむす最終回 19.2%で有終

 女優の綾瀬はるか(33)が主演を務めたTBS系連続ドラマ「義母と娘のブルース」(火曜後10・00)の最終回(第10話)が18日に放送され、平均視聴率が19・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが19日、分かった。これまでの最高だった前週第9話の17・3%を上回り、自己最高、かつ今期民放連ドラ1位の数字を記録して有終の美を飾った。

 初回は11・5%で同枠で大ヒットした新垣結衣(30)主演の「逃げるは恥だが役に立つ」(16年10月)の初回視聴率10・2%を上回る好発進。第2話=11・3%、第3話=12・4%、第4話=12・2%、第5話=13・1%、第6話=13・9%、第7話=15・1%、第8話=15・5%と右肩上がりで推移すると前週の第9話は番組最高を更新し、今期民放連ドラ1位となる17・3%を記録していた。

 裏番組では、日本テレビが、16日に引退した安室奈美恵さんに密着した「これで見納め! 安室奈美恵引退スペシャル!〜最後の1年と最後の1日に独占密着〜」を放送。注目が集まった“国民的歌姫”安室さんの引退特番の平均視聴率は15・0%で、「ぎぼむす」に軍配が上がった形。

 原作は桜沢鈴氏の同名4コマ漫画。綾瀬演じるバリバリのキャリアウーマン・亜希子と、結婚相手・良一(竹野内豊)の連れ子である娘・みゆき(横溝菜帆、上白石萌歌)とのほのぼのした日常を描く心温まる物語で、ドラマでは義母と娘がともに成長する10年間を描く。

 脚本は同局「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004年)、「白夜行」(06年)、「MR.BRAIN」(09年)、「JIN―仁―」(09、11年)、「とんび」(13年)、「天皇の料理番」(15年)などで知られ、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」(13年)では向田邦子賞、橋田賞に輝いた森下佳子氏(47)が担当。主題歌は、歌手のMISIA(40)と音楽グループ「GReeeeN」がコラボした楽曲「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00000075-spnannex-ent


posted by 切葉鳩 at 22:16 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

パソコンが壊れてました。。

しばらく更新できませんでした。

再開します。
posted by 切葉鳩 at 22:10 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 雑記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。