また快挙!藤井七段、最年少新人王!16歳2カ月、31年ぶり記録更新

 将棋の最年少プロ棋士・藤井聡太七段(16)が17日、大阪市内の関西将棋会館で指された新人王戦決勝3番勝負の第2局で、プロ棋士養成機関・奨励会に所属する出口若武三段(23)を105手で破り、優勝した。

 棋戦優勝は、2月の朝日杯将棋オープン戦以来で2回目。現在、16歳2カ月で、森内俊之九段(48)が持っていた17歳0カ月の新人王最年少記録を31年ぶりに更新した。

 10日に行われた第1局で先勝し、王手を掛けていた藤井。この日は序盤から新手を繰り出すなど、積極的な出口に対して落ち着いた指し回しで対応し、貫禄を見せつけた。対局を終え藤井七段は「(新人王戦は)今年で最後のチャンスだったので、優勝という形で卒業できたのはうれしく思う」と話した。

 新人王戦は若手を対象とした一般棋戦で、藤井の参戦は今期がラスト。過去には羽生善治竜王(48)らも優勝し、トップ棋士への登竜門とされる。

 藤井の今年度の成績は23勝5敗となった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000105-spnannex-ent

タグ:藤井聡太
posted by 切葉鳩 at 20:07 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

日経平均、米株高受けて続伸 半導体関連株が買われる





 17日の東京株式市場は、前日の米国の株高を受けて2営業日連続で上昇した。日経平均株価の終値は前日より291円88銭(1・29%)高い2万2841円12銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は25・96ポイント(1・54%)高い1713・87。出来高は12億株。

 午前中、一時400円を超えて上昇する場面もあった。米国の半導体製造装置企業の業績見通しが市場予想を上回ったことで、東京エレクトロンなど半導体関連株が買われた。午後は利益を確定する売りも出て、日経平均は上げ幅を縮めた。

 SMBC日興証券の太田千尋氏は「日本企業の決算発表を控え、(株価が上昇している局面で一時的に下落したタイミングを見計らって買いを入れる)押し目買いの動きが限定的になり、終盤で上げ幅が縮小した」と分析している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000050-asahi-brf

[PR]「トレーダーズ・プレミアム」業界最高水準の株式情報サービス
posted by 切葉鳩 at 20:02 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。