2019年01月27日

楽天 ビジネス書 売れ筋ランキング



posted by 切葉鳩 at 16:01 | 北海道 ☔ | Comment(0) | めも

木村拓哉の主演映画も好発進、『マスカレード・ホテル』文庫が作品初の首位



 木村拓哉主演の映画『マスカレード・ホテル』の“原作本”となる、東野圭吾氏の文庫『マスカレード・ホテル』(集英社文庫・集英社/14年7月18日発売)が、1月18日の映画公開に伴い好セールス。週間2.4万部を売り上げ、最新1/28付の週間文庫ランキング(集計期間:1月14日〜20日)で作品初となる首位を獲得した。また、シリーズ第2弾の『マスカレード・イブ』(集英社文庫・集英社/14年8月21日発売)も8位に上昇し、14年12/15付以来、4年1ヶ月ぶりのシリーズ2作同時TOP10入りとなった。

 『マスカレード・ホテル』は、11年から刊行されている「マスカレード」シリーズの第1弾作品。一流ホテルを舞台に起きる殺人事件に挑む刑事と相棒の女性ホテルマンを描く。

 公開中の実写映画では、木村が初の刑事役に挑戦。女性ホテルマンを長澤まさみが演じるほか、小日向文世や菜々緒、生瀬勝久ら豪華キャストが出演。監督は『HERO』でも木村とタッグを組んだ鈴木雅之氏が務めている。公開初週の映画動員ランキングでは初登場1位を獲得。初日から3日間の累計動員は61万人を突破、興収は8億円に迫る勢いのヒットスタートとなっている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190125-00000324-oriconbiz-ent

マスカレード・ホテル (集英社文庫)


posted by 切葉鳩 at 15:58 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

直木賞作『宝島』が急上昇、著者・真藤順丈初のTOP10入り



 先週1月16日の『第160回 芥川龍之介賞・直木三十五賞』発表を受け、直木賞を獲得した真藤順丈(41)の『宝島』(講談社/18年6月21日発売)が、最新1/28付週間BOOKランキング(集計期間:1月14日〜20日)を急上昇。週間1.7万部を売り上げ、前週100位圏外から著者初のTOP10入りとなる4位にランクインしたほか、ジャンル別「文芸書」では首位を獲得した。直木賞作品の総合TOP10入りは、第156回受賞の恩田陸『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)以来となる。

 本作は、戦後の沖縄を懸命に生きた3人の若者を描いた群像劇。作品では米軍統治下から本土復帰までの20年間を、実際の史実に基づいた出来事や事件も盛り込みながら描いた意欲作となっている。08年に『地図男』で「第3回ダ・ヴィンチ文学賞大賞」を受賞しデビューを飾った真藤氏は、同年『庵堂三兄弟の聖職』で「第15回日本ホラー小説大賞」など、新人賞4賞をそれぞれ別の作品で受賞。なお『宝島』は、昨年「第9回山田風太郎賞」も受賞している。

 そのほか、今回の芥川賞、直木賞関連作では、芥川賞候補となっていた社会学者・古市憲寿氏の『平成くん、さようなら』が同付ジャンル別「文芸書」ランキングで4位にランクインした。次週以降も、第160回 芥川賞を受賞した上田岳弘の『ニムロッド』、町屋良平の『1R(いちらうんど)1分34秒』やノミネート作品など、芥川賞、直木賞関連作の動向には注目だ。

 なお今週のBOOKランキング1位には、前週1/21付で初の1位を獲得した樹木希林さんの名言集『一切なりゆき 樹木希林のことば』が獲得。週間売上部数は、同作最高を記録した前週付の5.5万部をさらに上回る週間6.2万部を記録し、累積売上部数は20万部突破の22.1万部とした。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190125-00000319-oriconbiz-ent

posted by 切葉鳩 at 15:50 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

けやき坂46・渡邉美穂の初写真集がTOP10入り、写真集ジャンルでは首位

 けやき坂46の渡邉美穂にとって、また同グループのメンバーとしても初めての写真集となる『けやき坂46 渡邉美穂ファースト写真集『陽だまり』』(幻冬舎/1月17日発売)が週間1.7万部を売り上げ、最新1/28付週間BOOKランキング(集計期間:1月14日〜20日)5位に初登場。ジャンル別「写真集」では1位を獲得した。

 本作の撮影は、海外未経験の渡邉の希望でニュージーランドの主要都市・オークランドを中心に行われ、グランピング体験や羊とのショットのほか、プライベートでも着たことがなかったというビキニ姿にも挑戦。本作について渡邉は、「自分でもドキッとしてしまうような表情を見せられた」と同作特設サイトにコメントを寄せている。

 同じ“坂道グループ”の乃木坂46や欅坂46のメンバーの写真集は、白石麻衣や長濱ねるを筆頭に好セールスを記録している。本作の今後のセールス動向をはじめ、渡邉に続き“ひらがなけやき”メンバーの誰が写真集を発売するのか?といった部分も注目していきたいところだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190125-00000322-oriconbiz-ent

posted by 切葉鳩 at 15:45 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

2019年01月20日

生田絵梨花“純白ランジェリー”で女性も憧れる抜群スタイル披露

 初版部数が20万部、さらに発売前に2万部の重版で話題となっている乃木坂46の生田絵梨花(21)の2nd写真集『インターミッション』(22日発売・講談社)から、純白のランジェリーをまとったカットが先行公開された。

 このカットはニューヨークのアパートの一室で撮影された一枚。大胆に肌を見せた生田がベッドの上で髪をかきあげた瞬間をとらえており、生田の抜群のスタイルがヘルシーな雰囲気で表現されている。

 これまでに先行公開されたカットには、同性からも「細いのにメリハリのあるスタイルがすごい」「女性らしいラインがステキ」と羨望の声が寄せられている生田。乃木坂46メンバーは女性からの支持も高く、多くのファッション誌にもモデルとして起用されているが、生田も1月30日発売の『anan』で初ソロ表紙に抜てき。表紙では美しいくびれと腹筋を披露し、新しい魅力を開拓し活躍の幅を拡大している。

 本作はミュージカル女優でもある生田の希望も反映され、昨年9月にミュージカルの本場といえるニューヨークで撮影を敢行。生田は写真集の撮影を振り返り「ここまでの表現をするのは、本当に初めてなので、みなさんがどういう反応をするのか、ちょっぴりドキドキしていますが、とても素敵な作品になったと思うので、楽しみにしていてください!」とコメントした。

 今年110周年を迎える出版元の講談社の歴史において、女性ソロ写真集として史上最多となる22万部でスタートすることが決定。公式ツイッター【@erika_newyork】ではオフショットやメンバーが写真集を見ている動画などを公開し、早くも2019年を代表する作品となりそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00000321-oric-ent

posted by 切葉鳩 at 17:39 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

乃木坂46・北野日奈子1st写真集、3週連続写真集ジャンル1位

『乃木坂46 北野日奈子 1st写真集 『空気の色』』が、1月18日発表のオリコン週間BOOKランキング ジャンル別「写真集」(集計期間:1月7日〜1月13日)で、1/7付、1/14付に続き3週連続の1位を獲得(週間売上0.3万部)。同ジャンルでの3週連続1位は昨年7/9付、16付、23付で『乃木坂46写真集 乃木撮 VOL.01』が獲得して以来となる。

 本作は、北野が北国での撮影を希望したことで、北欧・スウェーデンでのロケが決定。首都ストックホルムと国内最北端のキルナで撮影が行われ、サンタクロースやトナカイとのショットや犬ぞり体験、氷で出来たアイスホテルでの撮影といった北国ならではのショットのほか、自身初のランジェリー姿にも挑戦している。

 なお今週付の写真集ジャンルでは、上記の北野日奈子を始め、乃木坂46メンバー5作品と、今週付で累積売上部数が写真集ジャンル歴代1位となった『乃木坂46写真集 乃木撮 VOL.01』の計6作がTOP10入りとなった。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190118-00000318-oriconbiz-ent


posted by 切葉鳩 at 17:35 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

『乃木撮 VOL.01』写真集ジャンル累積売上歴代1位 歴代記録9年5ヶ月ぶり更新

『乃木坂46写真集 乃木撮 VOL.01』の累積売上が、1月18日発表の最新オリコン週間BOOKランキング(集計期間:1月7日〜1月13日)にて32.2万部(32万2044部)となり、2009/8/17付で『上地雄輔フォト&エッセイ『上地雄輔物語』』(2008年7月発売)が記録した累積売上32.2万部(32万2030部)を9年5ヶ月ぶりに塗り替え、「写真集ジャンル累積売上記録」の歴代1位となった。

 本作は、乃木坂46メンバーが1年6ヶ月にわたって撮影してきたオフショットをまとめた写真集。2018/7/9付BOOKランキングで初登場1位を獲得。また初週売上18.2万部は、写真集ジャンルの歴代最高週間売上を記録した。

 なお本作は今週付同ジャンル4位にランクイン。これで29週連続の同ジャンルTOP10入りとなった。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190118-00000314-oriconbiz-ent

posted by 切葉鳩 at 17:32 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

乃木坂46・高山一実の初小説『トラペジウム』6週ぶりTOP10返り咲き

 乃木坂46・高山一実の初小説作品『トラぺジウム』が、1月18日発表の最新オリコン週間BOOKランキング(集計期間:1月7日〜1月13日)で、週間売上1.4万部で7位を獲得。2018/12/10付に続き、6週ぶり通算2度目のBOOKランキングTOP10入りとなった。

 本作は、「絶対にアイドルになる」ために4箇条を課して高校生活を送る主人公・東ゆうの、夢のためにすべてをかけた10年間を描いた青春小説。雑誌『ダ・ヴィンチ』で2016年5月号から2018年9月号の2年以上にわたり連載され、乃木坂46から初の小説家デビューとして話題となった。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190118-00000316-oriconbiz-ent

posted by 切葉鳩 at 17:28 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

2019年01月15日

楽天で買い物するなら「ちょびリッチ」!

楽天で買い物するなら「ちょびリッチ」!

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ


買い物した額の最大15%がポイントバックされるのでおすすめです!


サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
posted by 切葉鳩 at 23:32 | 北海道 ☔ | Comment(0) | めも

楽天売れ筋ランキング






posted by 切葉鳩 at 23:29 | 北海道 ☔ | Comment(0) | めも

2019年01月11日

楽天 本の売れ筋ランキング




posted by 切葉鳩 at 23:56 | 北海道 ☔ | Comment(0) | めも

Twitterで人気の猫漫画『ぽんた ニャアアアン!』の2年ぶり新作が2週連続1位

 『鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!』最新3巻が、週間3.3万部を売り上げ、1/14付オリコン週間BOOKランキング(集計期間:2018年12月31日〜2019年1月6日)で1位を獲得。前週1/7付に続き2週連続の1位となった(累積売上9.1万部)。

本作は、著者の鴻池氏が、飼い猫“ぽんた”に翻弄される日々を描いた人気コミックエッセイ第3弾。15年10月発売の第1巻は、累積売上40.0万部のベストセラーを記録。16年12月発売の第2巻も27.3万部を売り上げるなど、高い人気を誇っている。今作では、ぽんたの便秘や、前作で仲間入りした猫のアルフに見つかったしこりなど、猫の健康問題に直面し奮闘したエピソードなども描かれている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190111-00000309-oriconbiz-ent

posted by 切葉鳩 at 23:47 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

1月、2月公開映画原作本が多数上位入り 『十二人の死にたい子どもたち』が初TOP3入り

十二人の死にたい子どもたち (文春文庫)




 1/14付オリコン週間文庫ランキング(集計期間:2018年12月31日〜2019年1月6日)では、1月、2月に公開する映画の原作文庫が複数作、上位入りした。1月25日公開の『十二人の死にたい子どもたち』が初TOP10入りを記録した先週10位から2位に浮上し、初のTOP3入りとなった。また、来週1月18日公開の『マスカレード・ホテル』(集英社/2014年7月18日発売)が前週付13位から上昇し、2014年12/15付で獲得した9位以来4年1ヶ月ぶりのTOP10入りとなる3位となった。さらに、2月1日公開の『七つの会議』が、2016/5/16付での7位以来、2年8ヶ月ぶりのTOP10入りとなる10位にランクインした。


 『十二人の死にたい子どもたち』は、2016年10月に発表され『第156回直木賞』候補作にもノミネートされた冲方丁初の長編ミステリー。映画は堤幸彦監督が手がけ、杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、橋本環奈ら旬の若手俳優陣が集団安楽死をするため集まった12人の少年少女を演じる。

 『マスカレード・ホテル』は、東野圭吾が2011年より発表している、ホテルを舞台に描いたミステリー新シリーズ。映画では主人公の刑事を木村拓哉、相棒となるホテルマンを長澤まさみが演じている。

 『七つの会議』(集英社/2016年2月19日発売)は、電子版日本経済新聞で連載。2013年にはNHK総合でテレビドラマ化もされた池井戸潤の企業犯罪小説。主人公の“ぐうたら社員”を野村萬斎が演じている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190111-00000311-oriconbiz-ent

七つの会議 (集英社文庫)


posted by 切葉鳩 at 23:37 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中