2019年08月30日

『おっさんずラブ』映画公式本、BOOK4位に初登場

 8月30日発表のオリコン週間BOOKランキングでは、『劇場版おっさんずラブ〜LOVE or DEAD〜 オフィシャルBOOK』が、週間売上2.6万部で初登場4位を獲得した。

『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)は、おっさん同士の“笑って泣ける究極の純愛ストーリー”を描き人気を博したTVドラマ。その劇場版として、先週8月23日より公開がスタートした『劇場版おっさんずラブ〜LOVE or DEAD〜』の公式本となり、主演の田中圭をはじめ、吉田鋼太郎、林遣都、映画新キャストの沢村一樹、志尊淳らの撮り下ろし&独占インタビュー、そしてスタッフしか知らない舞台裏、撮影現場レポートなどさまざまなコンテンツを収録している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00000304-oric-ent

劇場版おっさんずラブ〜LOVE or DEAD〜 オフィシャルBOOK [ 2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会 ]



posted by 切葉鳩 at 11:34 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

『読みたいことを、書けばいい。』BOOK100位圏外から3位に急上昇

 8月30日発表のオリコン週間BOOKランキングでは、田中泰延『読みたいことを、書けばいい。人生が変わるシンプルな文章術』が、週間売上3.2万部で100位圏外から3位に急上昇。初TOP3入りとなった。また、ジャンル別「ビジネス書」では初の1位を獲得した。

 本作は、大手広告代理店のコピーライターとして24年間勤めたのち、「青年失業家」と称しフリーランスで執筆活動を行う田中氏による初の著書。「なんのために」、「なにを」、「だれに」、「どう」、「なぜ」書くのかといった、「書く」ことの根幹に迫った文章術を指南している。

 8月18日放送のバラエティ番組『林先生の初耳学』(TBS系)にて、林修氏が田中氏にインタビュー。「物書きは『調べる』が9割9分5厘6毛」、「書くことはたった一人のベンチャー起業」など、印象的な見出しを挙げながら本作が紹介され、大きな反響を呼んだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00000303-oric-ent

読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術 [ 田中 泰延 ]


posted by 切葉鳩 at 11:31 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

『おしりたんてい』読み物シリーズ最新刊がシリーズ3作目の1位

おしりたんてい ラッキーキャットは だれの てに! (おしりたんていファイル 9) [ トロル ]




 8月30日発表のオリコン週間BOOKランキングでは、人気児童書『おしりたんてい』の読み物シリーズ最新刊『おしりたんてい ラッキーキャットは だれの てに!』が、週間売上4.2万部で初登場1位を獲得。『おしりたんてい かいとうと ねらわれた はなよめ』が5/20付で4週連続1位を獲得して以来、シリーズ通算3作目の1位となった。

『おしりたんてい』シリーズは、見た目がおしりでも推理はエクセレント。「フーム、においますね」が口癖の名探偵「おしりたんてい」が、ププッと事件を解決する人気の児童書。本作では、おしりたんてい事務所の下にある喫茶店「ラッキーキャット」のマスターとオークション会場に出かけたおしりたんていが、ある事件に巻き込まれ、事件解決に奮闘する姿を描く。

 なお、5月29日に発表した『オリコン上半期“本”ランキング2019』では、作者のトロルが「作家別」ランキングで自身初の1位を獲得。またジャンル別「児童書」では、『おしりたんてい かいとうと ねらわれた はなよめ』、『おしりたんてい ププッ ゆきやまの しろい かいぶつ!?』、『おしりたんてい みはらしそうの かいじけん』がTOP3を独占し、児童書ジャンル初の記録となっていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00000302-oric-ent
posted by 切葉鳩 at 11:27 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

2019年08月23日

乃木坂46・山下美月、初表紙「blt graph.」が写真集1位

 乃木坂46の山下美月が初表紙を務めたグラビア&インタビュー誌『blt graph.vol.46』(東京ニュース通信社)が、最新の8/26付オリコン週間BOOKランキング「写真集」部門で1位を獲得した。山下は、表紙のほか巻頭18ページにおよぶロンググラビアで掲載されている。

 16年9月に3期生としてグループに加入した山下は、18年3月に発売した20thシングル「シンクロニシティ」で初選抜に選ばれ、8月にはファッション誌の専属モデル、10月には『日日是好日』で映画初出演、19年3月には坂道AKB第3弾となる「初恋ドア」でセンターに抜擢されるなど、ここ1、2年で躍進を遂げてきている。今年はさらに女優としての道を広げ、3月から放送されていたドラマ『電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-』では初主演を務めた。今年4月からは、乃木坂46としての活動を一時休止していたが、7月3日の全国ツアーの名古屋ドーム公演から再開させている。

 そんな山下が初登場にして初表紙を飾った『blt graph.vol.46』では、「“逃げてもいいんだよ”と認めてくれる同期の存在にすごく助けられました」と活動休止前の心境を赤裸々に語り、休止期間がもたらした自身の変化、誕生日を迎え20歳になった彼女が抱く理想像など、“第2章”ともいえるこれからをしっかりと見据えた今の姿を、心身ともにさらけ出している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00000301-oric-ent

posted by 切葉鳩 at 17:00 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

興収100億突破、映画『天気の子』原作小説が文庫ランキング首位返り咲き



 新海誠監督による劇場アニメ『天気の子』の原作小説『小説 天気の子』(KADOKAWA/7月18日発売)が週間5.1万部を売り上げ、最新8/26付オリコン週間文庫ランキングで1位を獲得。7/29付、8/5付、8/12付の3週連続1位に続き、首位に返り咲いた。また8/26付BOOKランキングでは、挿絵付きの小・中学生向け児童書版『天気の子』(KADOKAWA/8月9日発売)が週間2.4万部を売り上げ、初TOP3入りとなる2位に上昇。ジャンル別「児童書」では、2連続で1位を獲得した。

 本作は、天候の調和が狂っていく時代に、家出少年と祈るだけで空を晴れにすることができる能力を持つ少女が、運命に翻弄されながらも自分の生き方を選ぼうとする物語。映画は7月19日より公開され、興行通信社の週間映画ランキングで3週連続1位を記録。息の長いヒットとなり、公開34日目となる8月21日時点で興行収入100億円を突破(100.7億円)した。

 映画のヒットと合わせ、主題歌を担当したRADWIMPSのサウンドトラックアルバム『天気の子』も最新8/26付オリコン週間デジタルアルバムランキングで5週連続の1位を獲得するなど、引き続き各方面で好調に推移している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00000321-oric-ent


posted by 切葉鳩 at 16:56 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

矢部太郎『大家さんと僕』続編、発売4週目で累計売上10万部を突破

 お笑いコンビ・カラテカの矢部太郎によるコミックエッセイ『大家さんと僕』の第2弾『大家さんと僕 これから』(新潮社/7月25日発売)が、週間2.6万部を売り上げ、最新8/26付オリコン週間BOOKランキング1位を獲得。発売初週の8/5付以来、3週ぶりの首位返り咲きとなった。累積売上は今週付で12.3万部となり、発売4週目で10万部を突破した。

 矢部と大家のおばあさんとの心温まる交流を描いた第1弾『大家さんと僕』は、2017年10月に発売され、ロングヒットを記録。2018/9/10付、9/17付で1位を獲得したほか、朝日新聞社主催『第22回 手塚治虫文化賞 短編賞』を受賞し、80.1万部(8/26付週間BOOKランキング時点)を超えるベストセラーに。また、昨年のオリコン年間“本”ランキングでは、ジャンル別「タレント本」「コミックエッセイ」で1位となった。

 続編となる本作には、第1弾のヒットにより変化した矢部の生活についての話題も交えながら、大家さんとの季節のイベントや戦争にまつわる話、そして大家さんとの別れのエピソードなどが収録されている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00000323-oric-ent

posted by 切葉鳩 at 16:50 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

2019年08月16日

『小説 天気の子』累計売上30万部超え 今年度文庫で初、映画と共にヒット中



 新海誠監督の映画『天気の子』の原作小説『小説 天気の子』(KADOKAWA/7月18日発売)が、週間売上5.3万部で最新8/19付週間文庫ランキング(集計期間:8月5日〜11日)で2位にランクインした。累計売上は31.8万部となり、今年度(※今年度は2018年12/3付〜)初の文庫作品30万部突破となった。なお、同週付のBOOKランキングでは、挿絵付きの小・中学生向け児童書版『天気の子』(KADOKAWA/8月9日発売)も、初週1.3万部を売り上げ9位に初登場。ジャンル別「児童書」では1位を獲得している。

 本作は、天候の調和が狂っていく時代に、家出少年と祈るだけで空を晴れにすることができる能力を持つ少女が、運命に翻弄されながらも自分の生き方を選ぼうとする物語。

 映画は7月19日に公開され、興行通信社の週間映画ランキングで3週連続1位を記録。8月11日時点で、累計動員584万人、興収78億円を超えるヒットとなっている。また、主題歌のRADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」及びサウンドトラックアルバム『天気の子』は、最新8/19付の週間デジタルシングル(単曲)ランキング、デジタルアルバムランキングで4週連続1位をキープ。映画だけでなく、関連作品が共に好セールスを記録している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00000316-oric-ent
posted by 切葉鳩 at 20:46 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

欅坂46を総力特集、『別冊カドカワ』第3弾が首位 第2弾に続き2作目の1位獲得

 欅坂46の『別冊カドカワ』総力特集シリーズ第3弾『別冊カドカワ 総力特集 欅坂46 20190807』(KADOKAWA/8月7日発売)が、初週3.2万部を売り上げ、最新8/19付週間BOOKランキング(集計期間:8月5日〜11日)初登場1位にランクイン。昨年9月発売の第2弾『別冊カドカワ 総力特集 欅坂46 20180918』に続き、2作目の1位獲得となった。

 表紙には、第2弾に続きグループの“絶対的センター”である平手友梨奈が登場。ロンググラビアや女優・北川景子との対談が掲載されているほか、巻頭では7月5日〜7日まで山梨・富士急ハイランド コニファーフォレストで行われた野外ライブ『欅共和国2019』の密着レポートを特集。メンバーコメントのほか、分刻みのレポートも掲載される。

 また、メンバーのレギュラーラジオ潜入企画『全ラジオ番組潜入記』や、2期生の井上梨名、関有美子、武元唯衣、田村保乃、藤吉夏鈴、松田里奈、松平璃子、森田ひかる、山崎天の9名にフォーカスした巻末特集など、多彩な内容となっている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00000315-oric-ent

posted by 切葉鳩 at 20:42 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

2019年08月09日

星野源、対談集第2弾が1位を獲得 香取慎吾、石田ゆり子らとの“雑談”掲載

 シンガー・ソングライター星野源の対談集『星野源 ふたりきりで話そう』(朝日新聞出版・アエラムック/7月31日発売)が初週4.1万部を売り上げ、最新8/12付週間BOOKランキング(集計期間:7月29日〜8月4日)1位に初登場した。

 本作は、2016年4月〜18年3月までの2年間、週刊誌『AERA』で連載した星野源の対談コーナーを書籍化したもの。前半の1年間をまとめた第1弾『星野源 音楽の話をしよう』(朝日新聞出版)は昨年6月に発売。今回発売された第2弾『星野源 ふたりきりで話そう』は、後半1年分の内容をまとめたものになる。

 星野と2人きりで“雑談”を繰り広げるのは、MIKIKO、日村勇紀、香取慎吾、石田ゆり子、友近、山岸聖太、渡辺直美、吉田ユニ、坂口健太郎、三浦大知、中村七之助(掲載順)というジャンルを超えたゲスト計11名。本書には、誌面連載ではカットされた部分も含めノーカットで対談の模様を掲載するほか、お互いに撮り合ったインスタント写真も添えられている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00000312-oric-ent

posted by 切葉鳩 at 19:06 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

ヒット中の映画『天気の子』、原作小説の累積売上が今年度No.1を更新



 新海誠監督の映画『天気の子』(7月19日公開)の原作小説『小説 天気の子』(KADOKAWA/7月18日発売)が、週間7.0万部を売り上げ最新8/12付週間文庫ランキング(集計期間:7月29日〜8月4日)1位を獲得。7/29付から3週連続で1位をキープした。累積売上は26.5万部となり、現時点で今年度最高の文庫売上部数を記録している。

 本作は、天候の調和が狂っていく時代に、家出少年と祈るだけで空を晴れにすることができる能力を持つ少女が、運命に翻弄されながらも自分の生き方を選ぼうとする物語。

 映画は3週連続で動員数・興行収入1位を獲得。主題歌のRADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」及びサウンドトラックアルバム『天気の子』も、週間デジタルシングル(単曲)ランキング、デジタルアルバムランキングで3週連続1位を獲得するなど、各ジャンルで盛り上がりを見せている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00000311-oric-ent

posted by 切葉鳩 at 19:03 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

岩田剛典、永瀬正敏撮影の3rd写真集が初登場1位

 EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS・岩田剛典の3rd写真集『Spin』(講談社/8月2日発売)が初週2.8万部を売り上げ、最新8/12付週間BOOKランキング(集計期間:7月29日〜8月4日)4位に初登場。ジャンル別「写真集」では、前作『AZZURRO 特別限定版』(16年11月発売)に続き、通算2作目の1位となった。

 本作は、映画での共演をきっかけに、俳優で写真家の永瀬正敏が撮り下ろした写真集。制作にあたり、2人は綿密な打ち合わせを行い、樹海や廃墟など国内の神秘的なスポットでロケを敢行。また、岩田が大勢のバレリーナたちと共演したファンタジックなショットや、妖艶に変身したビジュアル、肉体美が露わになるショットなど、多種多彩な写真が掲載されている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00000309-oric-ent

posted by 切葉鳩 at 18:57 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

浜崎あゆみの自伝的小説『M 愛すべき人がいて』文芸書1位を獲得

 歌手・浜崎あゆみの自伝的小説『M 愛すべき人がいて』(小松成美・著/幻冬舎)が初週3.8万部を売り上げ、最新8/12付週間BOOKランキング(集計期間:7月29日〜8月4日)2位に初登場。ジャンル別「文芸」では、1位を獲得した。

 本作は、浜崎あゆみのデビューから“歌姫”となるまでの軌跡を綴った作品。発売前に浜崎は、「もしも誰かに『今回の人生で一生に一度きりだと思えるほどの大恋愛をしましたか?』と問われたなら私は何の迷いもなくこう答えるだろう。『はい。自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました』と」とのコメントを発表。赤裸々な告白ともとれる内容に、出版発表時から大きな注目を集めていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00000310-oric-ent

posted by 切葉鳩 at 18:53 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

2019年08月03日

『凪のお暇』話題の中村倫也、5ヶ月ぶり写真集ランキングTOP20入り



 7月期ドラマ『凪のお暇』(TBS系)で演じる危険な香りのする男役が好評の中村倫也。昨年8月に発売した自身初の著書『童詩』(ワニブックス)が、再び「写真集」ランキングを上昇している。7月に入ってからTOP30内に再登場。最新の8/5付オリコン週間BOOKランキング「写真集」部門で14位にランクイン。今年3/18付の15位以来、約5ヶ月ぶりのTOP20入りとなった。

 本作は、『プラスアクト』誌で約5年にわたって掲載された撮り下ろしフォトストーリーを書籍化。新たな撮り下ろしカットや新録のパーソナルロングインタビューも掲載し、オールカラー208ページのボリュームで“中村倫也のすべて”を凝縮させている。

 そんな同作は、発売からロングヒットとなっているなか、今年1月期の出演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS)が話題になるとランキングを急上昇。2月から3月にはTOP10入りも果たしている。その後も好セールスを続け、6/24付で前週の50位圏外から34位へ登場。さらに7月に入って20位台を推移していたが、『凪のお暇』がスタートしたタイミングで大きく売上部数を伸ばし、TOP20へ返り咲きを果たした。

 ドラマや映画など幅広く活躍する中村は、興収100億円を突破した大ヒットディズニー映画『アラジン』で日本語版吹き替えを担当。6月21日の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演し、ミュージカル女優・木下晴香とともに劇中歌「ホール・ニュー・ワールド」のデュエットを生放送で披露。別会場の2人の“魔法の力”による息のピッタリあった熱唱が大きな話題になった。

 そして、コンフィデンス誌のオリコンドラマバリューにて初回満足度ランキング1位を獲得するなど、スタート直後から話題騒然となっている『凪のお暇』でのインパクトを残す好演。常にメディア露出が絶えず、エンタテインメントシーンの第一線で活躍を続ける中村だが、こうした大きなトピックが重なったことで、より幅広い注目を集め、ファン層を拡大していることがうかがえる。

『はじこい』出演時は、ドラマ後半でランキングTOP10入りを果たしていた。今期も『凪のお暇』のこの先の展開とともに、さらなるランキング上昇が十分期待できるだろう。中村への関心度のバロメーターのひとつとなる『童詩』の推移に注目していきたい。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190803-00000306-oric-ent

posted by 切葉鳩 at 11:39 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

三浦百恵さん、初のキルト作品集がオリコン週間BOOKランキング2位…30数年間にわたり製作

 昭和時代の伝説的アイドル・三浦百恵さん(60)による初のキルト作品集「時間(とき)の花束 Bouquet du temps 幸せな出逢いに包まれて」(日本ヴォーグ社)が週間売上3・6万部を記録。5日付のオリコン週間BOOKランキング(集計期間:22日〜28日)で初登場2位にランクインした。

 本作は、三浦さんが芸能界引退後、30数年間にわたり作り続けてきたキルト作品を初めて一冊にまとめた作品集。子どもや家族、友人のために手掛けた作品から、クリエイターとしての斬新な作品まで、約70点の作品をエピソードや舞台裏と併せて紹介している。

 なお本作の出版を記念し、東京・池袋サンシャインシティで10月3日よりスタートするキルト作家による作品展「キルト&ステッチショー」での特別展示が決定。以降、大阪、広島の同会場でも展示が予定されている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00000139-sph-ent

posted by 切葉鳩 at 11:34 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

矢部太郎、ベストセラーの続編『大家さんと僕 これから』が初登場1位に

 8/5付週間BOOKランキング(集計期間:2019年7月22日〜7月28日)では、お笑いコンビ・カラテカの矢部太郎によるコミックエッセイ『大家さんと僕 これから』が、週間売上3.7万部で初登場1位を獲得した。

 矢部と大家のおばあさんとの心温まる交流を描いた第1弾『大家さんと僕』は、2017年10月に発売され、ロングヒットを記録。2018/9/10付、9/17付で1位を獲得したほか、朝日新聞社主催『第22回 手塚治虫文化賞 短編賞』を受賞し、79.1万部(8/5付週間BOOKランキング時点)を超えるベストセラーに。また、昨年のオリコン年間“本”ランキングでは、ジャンル別「タレント本」「コミックエッセイ」で1位となった。

 その続編となる本作には、第1弾の発売前後のことから、大家さんとの別れまでのエピソードを収録。矢部は「描きたかったものを全部描いたかなという感じがしています。全部描ききったかな」とWEBサイト『ORICON NEWS』のインタビューに答えている。

 なお今年6月に発売された番外編『「大家さんと僕」と僕』では、漫画家・ちばてつや氏や里中満智子氏によるイラストページなどが収録され、話題を呼んだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190802-00000314-oric-ent

大家さんと僕 これから


posted by 切葉鳩 at 11:28 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中