2020年05月22日

深田恭子、21作目の写真集が自身初のBOOK総合TOP10入り 写真集ジャンルでは通算4作目の1位に

 深田恭子の2年ぶり、21作目となる写真集『Brand new me』(集英社)が、週間売上1.6万部で、5月22日発表の最新「オリコン週間BOOKランキング」自身初のTOP10入りとなる7位に初登場。同ジャンル別「写真集」では通算4作目の1位を獲得した。

 ボディメイクトレーナー・樫木裕実氏監修のもと、撮影前からトレーニングで体作りを行い、撮影に臨んだという本作は、昨年12月にハワイで撮影。水着姿や自然体の笑顔、港やサーフショップなどでのあどけない表情のほか、数年来の趣味というサーフィン姿も披露され、波に本気で取り組む生き生きとした姿も話題となり、発売前重版が決定。現在、発売後と合わせ3度の重版となっている。

 本作について深田は、「日焼けをしようとしたわけではないのですが、ハワイだとウェットスーツを着ずにサーフィンができるので、撮影しているうちに今までで一番まっくろになっちゃいました(笑)。実際の撮影は、風が強い日で…。普段と違って撮影チームが横にいるというだけですごく難しかったです。ハードな撮影でしたが、砂浜で遊ぶのも楽しいけれど、そのもっともっと先の海に出ていくと、こんなに楽しい世界があるんだよっていうことが、見てくださった方に伝わると嬉しいです」と公式コメントを寄せている。

 なお深田の公式Instagramでは、ドローンで撮影されたサーフィンを楽しむ動画が「憧れていたので今回夢が叶いました」とコメント付きで投稿。5月20日現在で263万回を超える再生数を記録している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/96878b7d0c9ecf378800ce68cdbd305d6b4f5ae5

posted by 切葉鳩 at 23:07 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

『鬼滅の刃』、最新20巻が1位、2位独占 歴代3位の「コミックシリーズ別売上」6000万部を突破





 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』(集英社)最新20巻が、週間108.6万部を売り上げ、5月22日発表の「オリコン週間コミックランキング」で1位を獲得。また同巻の特装版も週間90.4万部を売り上げ2位に初登場し、1位2位を独占した。さらに、3/30付で歴代3位となった「コミックシリーズ別売上」は、今週付で6002.7万部となり、史上3作目のコミックシリーズ別売上6000万部超えも記録した。

 『鬼滅の刃』は、人喰い鬼の棲む世界を舞台に、主人公の少年・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)と鬼との戦いを描くダークファンタジー。昨年のTVアニメ化をきっかけに人気が急上昇。今年に入ってからは、社会現象になるほど人気が過熱し、週間コミックランキングでも次々と歴代記録を達成している。

 また今週のBOOKランキングでも、『鬼滅の刃』のノベライズ作品第1弾『鬼滅の刃 しあわせの花』、第2弾『鬼滅の刃 片羽の蝶』が、通算2度目の1位2位独占を記録。人気の高さがうかがえる結果となった。

 なお『鬼滅の刃』は、今週5月18日発売の『週刊少年ジャンプ』24号で最終回を迎えている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/8d374b29e67da527d885060fc1a56a7d1ebe3b99


posted by 切葉鳩 at 23:03 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。