2009年07月21日

衆議院解散、総選挙へ 8/30投票

21日午後1時から開かれた衆議院本会議で、衆議院が解散された。 8月30日の投票日に向け、事実上の選挙戦スタートとなる。
 河野議長が解散詔書を読み上げると、各議員は「バンザイ」を叫んで、議場を後にした。
 午後2時からの臨時閣議で、政府は、8月18日公示、30日投票という衆議院選挙の日程を決定する。

 これに先立って麻生総理は、自民党の両院議員懇談会で、自らの発言のぶれや指導力不足が支持率の低下につながったとして、陳謝した。
 「私の発言や、また、ぶれたと言われる言葉が、国民の方々に政治に対する不安・不信を与え、深く反省しています」(麻生首相)

 一方、民主党は、鳩山代表が両院議員総会で、「大きな革命的な解散総選挙だ。歴史的使命感を持って臨まなければならない」と述べて、政権交代に向けた決意を強調した。

 自民・公明の連立政権が継続されるのか、民主党が政権をとるのかを最大の焦点に、2005年9月の郵政選挙以来、ほぼ4年ぶりの選挙戦が事実上スタートすることになる。


posted by 切葉鳩 at 17:38 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック