2010年06月19日

ダライ・ラマ来日 善光寺(長野市)で平和祈念、金沢市・横浜市でも講演

- ダライ・ラマ来日 善光寺で19日平和祈念 -

 19日から3日間の日程で長野市を訪れるチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世は18日朝、亡命先のインドから成田空港に到着した。招待した善光寺(長野市)の僧侶4人や、ダライ・ラマの日本代表部事務所の関係者ら計約30人が空港で出迎えた。

 午前8時すぎ、えび茶色の僧衣で到着ロビーに現れたダライ・ラマは、出迎えた善光寺事務局の若麻績敏隆・法務局長の手を取り、あいさつ。若麻績局長が「このたびは私どもの願いをかなえていただきありがとうございました」と述べる言葉を、にこやかに聞いていた。

 善光寺とダライ・ラマ側は、2008年4月に長野市であった北京五輪聖火リレーで、チベット問題に伴う中国政府への抗議活動の高まりなどを踏まえ、善光寺が出発地を辞退したことをきっかけに交流していた。

 ダライ・ラマの来日は14回目。この日は都内に滞在し、19日は午後2時半から、善光寺本堂で同寺一山の住職らと世界平和を祈る法要を営む。20日午後2時からはビッグハット(長野市)で仏教関係者や一般向けの講演会を開催。21日午前に西方寺(同)で大仏の開眼
法要などに出席する。金沢市、横浜市でも講演し、6月28日に出国する。

posted by 切葉鳩 at 06:47 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック