2010年06月30日

日本はPK戦の末、惜敗−W杯8強が決まる

●日本 0−0 ポルトガル○
    3−5(PK)

日本vsポルトガルは延長戦でも決着が着かず、試合はPK戦にもつれ込んだが、惜しくも敗戦、ベスト8進出はならなかった。


サッカーW杯決勝トーナメント


○ウルグアイ 2−1 韓国●
○ガーナ 2−1 米国●
○ドイツ 4−1 イングランド●
○アルゼンチン 3−1 メキシコ●
○オランダ 2−1 スロバキア●
○ブラジル 3−0 チリ●
○スペイン 1−0 ポルトガル●

フランスのスポーツ紙レキップ(電子版)は29日、サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で日本がパラグアイに惜敗した試合について、松井大輔選手や本田圭佑選手を中心に何度も相手ゴールを脅かした闘志は「ベスト8に値していたかもしれない」とたたえた。

同紙は試合全体は「(両チームの)厳格な規律に支配され、守備的で、時につまらないミスが目についた」と総括しながらも、「日本は時折、激しく仕掛け、攻撃のレベルを上げようという姿勢を示した」と指摘。特に田中マルクス闘莉王選手の攻撃参加が「何度も相手を戦慄させた」と分析した。

ワールドカップ全記録(2010年版)
posted by 切葉鳩 at 11:30 | 北海道 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック