2011年01月27日

宮根、エリカ強奪!(笑)




 夫でクリエーターの高城剛氏(46)と「離婚の意思合意をした」ことを突然発表した女優の沢尻エリカ(24)。芸能活動の再開に向けてフリーアナウンサー、宮根誠司(47)の所属する事務所が救いの手を差し伸べた−との仰天情報が飛び込んできた。


 スペインから帰国した沢尻は23日、都内で「たかの友梨エステティックシンデレラ大会」に特別ゲストとして登場。

 今後について聞かれると、「今の段階では、全く決まっておりません。ただ、女優として仕事がしたい、芝居がしたいという気持ちは変わりません。しかしながら、今回本当に多くのみなさまにご迷惑を掛け、信頼を裏切る行動をとってしまいました」と、報道陣に涙ながらに訴えた。

 離婚に関しては、高城氏が「寝耳に水」とマスコミに語るなど、まだまだ紆余曲折がありそうだが、芸能活動には光が見え始めている。芸能関係者が明かす。

 「自身の司会する番組で、沢尻取材への食い込みを見せている宮根さんの所属事務所が、救いの手を差し伸べているというのです。宮根さんがフジテレビ系『Mr.サンデー』で東京進出を果たしたことを機に設立された事務所で、今や飛ぶ鳥を落す勢い。沢尻にとっては、急先鋒の芸能マスコミを味方につけることにもなり一石二鳥です」

 さらに、宮根の所属事務所には、日本テレビの退社が正式に明らかになった羽鳥慎一アナ(39)や、フリー転身が噂される他局の看板アナが合流するとのうわさもあり、実現すれば芸能界の台風の目になりそうだ。

posted by 切葉鳩 at 01:39 | 北海道 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック