2011年06月03日

原口氏に「何やってんだ」の声

きのう(2011年6月2日)の内閣不信任案騒動に、キャスターの赤江珠緒が「あきれ果てたと思った人が多かった」と話す。菅首相の辞意表明を受けて、「賛成する」と息巻いていた造反議員の大半が反対票を投じたからだ。では、菅が「若い世代に任せる」タイミングとしてあげた「一定のメド」とはいつなのか。
菅は民主党代議士会で「一定のメドがついた段階で、若い世代に」といったが、採決後の会見では「福島原子炉の冷温停止状態」を持ち出し、工程表のステップ2、つまり来年1月を臭わせた。鳩山前首相が菅と交わした確認文書には、「復興基本法案」「第2次補正予算」の成立を期するとなっていて、鳩山はだから6月末だという。



不信任案に賛成から反対に転じた原口一博・前総務相が出演して、「総理の退任というのはきわめて重い。だから細かいことはいわない。その善意や信頼を逆手に取るとは、マキャベリスト」と非難する。

ところが、吉永みち子(作家)は「菅さんの話には原発も入っていた。私はアレを続投宣言と受け取った」と、逆に賛成から反対に変わった原口に疑問を呈した。司会の羽鳥慎一も赤江も同じ視線だ。
原口「民主党の中で辞めさせることができないのなら、自民党に乗るのも手段だったが、総理が決断したのだからみな受け入れる。ただ、テレビの女性キャスターが『菅首相がにやりとしたのを見て、背筋が寒くなった』というのを聞いて、ハッとした」
羽鳥「どういうこと?」
原口「いまを乗り切ればいいと…。そうじゃないんです」
赤江「やはり賛成した方がよかったということですか」
原口「そうは思いません。ボールは菅さんの手にある。次に進まないといけないのに、元に戻してる。だからいけないと」
吉永「これからも菅さんを支えていけますか」
原口「辞めるまでは支えていきます」
吉永 「来年でも?」
原口「ちょっと吉永さん、辞めるといった人が2か月も3か月もいられるもんじゃない。挙国内閣を作らないといいけない」
羽鳥「きのうの様子では、挙党一致にはならないんじゃないかと見えますけどね」
赤江「ではどなたがいいと…。首相を変えると本当にいいのでしょうか」
原口は名前をあげず、「信頼できる人がビジョンと工程を示せば、官僚も仕事をする」
吉永はなおも「一丸になって菅さんを支えられますか。1年先でも」
原口「どうも吉永さんとは波長が合わない」
吉永「そうですよ、きのうから何やってんだと思ってるから」
羽鳥「世論調査では、このまま菅さんがやれが70%、しかし支持率は20%。 ちゃんとやってくれればいい」
吉永は今回の動きを「タイムロス」といったが、原口は「タイムロスじゃない」と、 話は最後までかみあわなかった。


posted by 切葉鳩 at 17:18 | 北海道 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック