2011年06月20日

AKB「江口愛実」CGを“告白” パーツの組み合わせも公表



 AKB48の新センターとしてデビューした江口愛実(16)は、メンバーの顔のパーツを組み合わせたCGキャラクターだったことが分かった。CMに“起用”していた江崎グリコが明らかにした。

 同社によると、江口の顔のパーツは鼻が板野友美、髪と体が大島優子、口が篠田麻里子、輪郭が高橋みなみ、目が前田敦子、眉が渡辺麻友からとった。声は12期研究生の佐々木優佳里が担当。 名前の由来も「(江)崎グリコ−アイスの(くち)づけ−(アイ)スの(実)」から、「陸上部」というプロフィールは同社のキャッチフレーズ「ひとつぶ300メートル」からとった。

 撮影はメンバーの顔に合成のためのマーキングを施したうえで、顔が動かないよう頭の両側を器具で固定して行われた。

 江口を巡ってはCMの発表後、CGキャラクターではないかとの噂が広がり、ファンの間で話題となっていた。同社では公式サイトとで20日から、AKB48のメンバーの顔のパーツを組みあわせて楽しむことができる「AKB48推し面メーカー」を公開する予定で、自分だけの「江口愛実」を作ることができる。




AKB48“江口愛実”の正体が判明! 顔はメンバー6人のCG合成、声の担当は研究生だった

 AKB48の新メンバーとして登場した江口愛実がCG合成だったことを19日、江口をイメージキャラクターに起用している江崎グリコが明らかにした。同社によると江口は、板野友美(鼻)、大島優子(髪・体)、篠田麻里子(口)、高橋みなみ(輪郭)、前田敦子(目)、渡辺麻友(眉)の各パーツを組み合わせて制作され、声は12期研究生の佐々木優佳里が担当。江口の正体が明かされる新CMおよびメイキング映像は、同社ウェブサイトで20日より公開される。

モッピー | お金がたまるポイントサイト

 前田の涙の首位奪還で幕を閉じた『第3回AKB48総選挙』。その興奮冷めやらぬうちに、ファンに衝撃を与えたのは「彼女こそ究極」と秋元康プロデューサーに言わしめた“ニューヒロイン”の誕生だった。江口は13日発売の『週刊プレイボーイ』誌で、いきなりの表紙&巻頭グラビアデビュー。続いて14日には『アイスの実』(同社)の新CM起用が一斉に報じられ、主力メンバー6人(板野、大島、篠田、高橋、前田、渡辺)との共演にもかかわらずセンターポジションを獲得するなど、一躍“時の人”となった。

 そんな中、共演メンバーたちの特徴をどことなく感じさせる江口の風貌に「CG合成説」が浮上。ネット上などで論争が巻き起こったが、誕生日や特技といった彼女のプロフィールに同社との関連性が散見されたことや、メンバーのブログでの書き込み(※現在は内容を修正)などもあり、「CG合成」はほぼ確定と見られていた。多くのファンの関心は各パーツに起用されたメンバーの“答え合わせ”にシフトし、あとは同社からの詳細発表を待つばかりとなっていた。

 同社は今回の企画意図について「それぞれが魅力的なAKB48のメンバーが、もしも合体して1人の女の子になったとしたら、一体どんな女の子が誕生するのか・・・という想いから、ファンならずとも胸躍る夢の企画として制作しました」と説明。本人のみならず、江口としての演技も要求される“一人二役”の撮影となったメンバー6人を「ものづくりに取り組む真摯な姿勢が印象的でした」と称えつつ、「“江口さん”のリアリティーあふれる表情とアクションはまさに必見」と自信をうかがわせた。

 江口を含むAKB48の7人が出演する『アイスの実』新CM「アイスのくちづけ」篇の放送は20日から。江口の正体が明かされる「江口愛実誕生」篇とメイキング映像は、同社ウェブサイトで20日から公開されるほか、同日のみ一部限定で全国放送される。なお同サイトでは総勢47人のメンバーが参加している「AKB48推し面メーカー」も展開。各メンバーの髪&輪郭、目&眉、鼻、口を組み合わせて、自分好みのメンバー作りを楽しむことができる。


posted by 切葉鳩 at 07:26 | 北海道 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック