2011年06月21日

AKB江口騒動で干される人物も!?

モッピー | お金がたまるポイントサイト

アイドルグループ、AKB48で電撃的にグラビアデビューした新人、江口愛実が、合成CGであったことが明らかになった。今回は大手広告会社と江崎グリコ、そして週刊誌「プレイボーイ」が組んで仕掛けた広告戦略だが、グラビアが出た時点から、「CG説」が有力となっていた。

 「かわいそうなのはプレイボーイでしょうね」と語るのは週刊誌記者。「もし、CG説が囁かれることなく、今週発売のプレイボーイが独占で報じていれば、売り上げも相当だったでしょう。ただ、“ああ、やっぱりな”という程度で、わざわざ雑誌を買う読者は少なくなったはず」

 また、もう一人、大損したのが、AKB48メンバーの菊地あやかだ。「天然といえば天然ですが、ネタばれさせてしまった。以前にスキャンダルで、クビになっている“前科”があり、干されていた時期もある。最近では選抜メンバーに復帰するなど挽回し、秋元康氏には励まされたようだが、今後は再び干されることは間違いないのでは」(週刊誌記者)

 ただ、結果として、これだけ騒がれれば、商品の認知度は高くなり、広告戦略的には結果オーライということなのかも。


posted by 切葉鳩 at 00:04 | 北海道 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック