2011年06月22日

AKB前田、江口の撮影秘話を告白




AKB48の新メンバー江口愛実がCG合成だと話題になっている。前田敦子がその撮影に要した時間を明かしているが、かなり大変だったようだ。

江崎グリコの『アイスの実』のCMに総選挙1位の前田敦子を差し置いてセンターに躍り出た新人、江口愛実に話題が集中している。現在は江崎グリコのHPで彼女はAKBメンバーのパーツを集めたCGキャラクターだと明かされている。鼻は板野友美、髪型は大島優子、輪郭は高橋みなみ、口は篠田麻里子、眉は渡辺麻友。そして目は前田敦子ということだ。

前田敦子がその江口愛実についてブログで触れている。「前田敦子オフィシャルブログ」で6月21日に『アイスの実』というタイトルでアップした記事で彼女は目を担当したことを明かすと、江口愛実の完成度について「自分達もびっくりするほど」だとそのクオリティーの高さに驚いている。そして彼女はその江口愛美の為に要した撮影時間を明かしている。「1人、1日。計6日間もかけて撮影したんです」とかなりの長時間をかけたことが分かる。

顔の一部をパーツとして撮影するだけとはいえ、CMを見ると分かるように人間なのかCGなのか判別しにくいほど精巧な仕上がりなのだ。相当細かい撮影が行われたのだろう。この江口愛実とは別に『AKB48推し面メーカー』も登場しているが、こちらは動画でなく写真から選択するタイプなので撮影にはそう手間取ってはいないようだ。


posted by 切葉鳩 at 22:08 | 北海道 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック