2012年01月30日

強い寒気 週後半にかけ大雪に



寒気の影響で、30日の朝は厳しい冷え込みとなり、日本海側などでは雪が降っています。今週はさらに強い寒気が南下するため、31日から週の後半にかけて日本海側を中心に大雪になるおそれがあります。

 気象庁によりますと、日本付近は冬型の気圧配置が続き、強い寒気に覆われているため、30日朝は各地で厳しい冷え込みとなっています。盛岡市の玉山藪川では、午前3時すぎに氷点下25度8分まで気温が下がったほか、各地の午前4時の気温は、北海道旭川市で氷点下11度2分、秋田市で氷点下8度3分、名古屋市で氷点下1度2分、東京の都心で1度5分などとなっています。また、日本海側などでは断続的に雪が降り、午前4時の積雪は山形市で67センチ、富山市で53センチ、兵庫県豊岡市で41センチなどとなっていて、北海道から山陰にかけて積雪が平年の2倍から3倍に達している地域があります。

31日から来月の3日ごろにかけて、さらに強い寒気が南下するため、今週は厳しい寒さが続き、北日本から西日本の広い範囲で雪が降る見込みで、日本海側を中心に大雪になるおそれがあります。今週の半ばには東海や西日本の太平洋側でもところによって雪が降る見込みです。気象庁は、雪崩や除雪作業中の事故などに十分注意し、雪や凍結などによる交通への影響にも注意するよう呼びかけています。



寒さ対策ストア
電気暖房に湯たんぽ、カイロ、ファッション小物から食品まで、ホットなアイテム大集合!
posted by 切葉鳩 at 07:52 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック