2006年11月17日

ふるさと銀河線

今年4月に廃止された銀河線の財産処分について気になる記事が財界さっぽろに載ってた。以下引用

しかし、一部の個人株主らは反発している。
「車両の処分価格をどう査定したのか明らかでない。また、ミャンマー政府に3両譲渡するというが、どんな経緯でそうなったのか、どこのバイヤーが仲介に入ったのかは全く不明だ。そのため政治家の介入の疑惑が消えない。自治体に一括譲渡する土地やレール、枕木の譲渡価格、解体額もどうなるのか。自治体と業者の癒着の噂もある」

関係者も「変な事件に発展しなければよいが」と心配顔。
posted by 切葉鳩 at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック