2012年07月13日

河本問題で毎日新聞に意見広告 「個人攻撃は不要」と訴える

一億総ガキ社会 「成熟拒否」という病 (光文社新書)


毎日新聞の2012年7月12日付朝刊に、インターネットで集まった有志による、タレント・河本準一さんの生活保護受給問題に対する意見広告が掲載された。

関連 「片山批判」で意見広告の動き ネットで募金、賛同者いる?

一面広告で、「制度を改正するために個人を攻撃する必要はありません」として、実名は伏せつつも片山さつき・参院議員ら一部政治家やメディアによる「吊し上げ」を批判、理性的な議論を呼びかけている。名義は「シビル アクション ジャパン」。

この意見広告出稿のため、ツイッターなどで5月末から寄付が呼びかけられ、6月19日時点で600万円を超える額が集まったことが公表されている。


学校崩壊と理不尽クレーム (集英社新書 455E)
学校崩壊と理不尽クレーム (集英社新書 455E)


モンスターペアレントの正体―クレーマー化する親たち (シリーズCura)
モンスターペアレントの正体―クレーマー化する親たち (シリーズCura)


いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新書)
いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新書)

<生活保護>対策全国会議など、冷静な報道と議論求める声明

片山さつき「私はネトウヨや在特会とは一切関係ありません。思想も行動も違います」
posted by 切葉鳩 at 05:55 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック