2012年07月19日

父は投手 AKB倉持「死球式」

AKB48ユニット“フレンチ・キス”コンビニ限定CD+DVD購入特典生写真ラミネート加工済コレクションカード


 人気アイドルグループ・AKB48の派生ユニット、フレンチ・キスが18日、横浜スタジアムで行われたプロ野球・DeNA‐ヤクルト戦で始球式を行った。一昨年9月以来、約2年ぶりの再登板となった元ヤクルトの投手・倉持明さん(59)の長女、倉持明日香(22)が全力投球したボールは、左にそれながらワンバウンドし打席の内村賢介選手(DeNA)にデッドボール。ノーバウンド投球の再現とはならず意気消沈していた。

AKB48公式生写真 真夏のSounds good ! 通常盤【倉持明日香】


 横浜で生まれ育ち、何度も通ったという横浜スタジアムでの始球式に、父親とのキャッチボールと“ハマの番長”三浦大輔投手のアドバイスも受けて準備万端で臨んだ倉持だったが、結果はまさかの死球。「三浦投手に横浜の選手だから当てていいよって言われて、“そんな、そんな”って言ってたら本当に当たってしまって…」と恐縮しきりだった。

AKB48公式生写真 真夏のSounds good! DMM.com特典【高城亜樹、倉持明日香】



 登板後、両親に迎えられた倉持は「お父さんに、お前バウンドかよ」と言われたと明かし残念がったが、柏木由紀(21)は「足が上がった瞬間、スイッチが切り替わってかっこよかった」と称賛。高城亜樹(20)は「スポーツが得意なので、投げる機会があったら私も投げたい」と意欲をみせたが、柏木は「2人が投げて、その後に回ってきたらやります…」と終始及び腰だった。

 この日、8ヶ月ぶりの新曲「ロマンス・プライバシー」を発売したフレンチ・キスは、リリーフカーに乗って登場し、始球式前に同曲をパフォーマンス。蒸し暑いスタジアムに一服の清涼感をもたらしていた。


ロマンス・プライバシー  タイプA初回盤
ロマンス・プライバシー タイプA初回盤
posted by 切葉鳩 at 01:22 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック