2012年08月01日

台風10号 1日に九州上陸も

大雨、台風情報 http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/typhoons/

 台風10号は31日夜、日本の南を九州方面に進んだ。8月1日昼から夕方にかけ九州に接近し、上陸する可能性がある。気象庁は、九州や四国、紀伊半島の太平洋側を中心に暴風や大しけ、土砂災害などに警戒するよう呼び掛けている。
 一方、大型の台風9号は、沖縄県の先島諸島付近にほとんど停滞しており、暴風と高波に厳重な警戒が必要。
 台風10号は午後9時、日本の南を時速約30キロで西へ進んだ。中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。中心から半径70キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。
 九州南部から四国では8月1日、最大風速20〜28メートル、最大瞬間風速30〜40メートル、波の高さ6〜9メートルと予想される。九州から紀伊半島の太平洋側では、台風の接近で非常に湿った空気が流れ込み、断続的に非常に激しい雨が降る。8月1日午後6時までの24時間予想降水量は多い所で、東海250ミリ、九州南部、四国、近畿200ミリ。 

台風への備えにコロッケは常識だよね!
posted by 切葉鳩 at 02:54 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。