2012年10月25日

「日本は沈没しろ!」韓国ネチズン激怒 グーグルマップが竹島韓国住所削除

竹島


 「ウルルン郡799−800」。島根県・竹島について、グーグルマップから、こんな表記の韓国住所が削除されたことが分かった。日本のネット上では、歓迎する声が聞かれる一方、韓国では、怒りの声が上がっている。

  「大勝利」「まあ当然だ」「海外マスコミ呼んで紛争地域って宣伝されちゃったからw」

 韓国住所が削除されたことが2012年10月24日報じられると、ネット上では、こんな書き込みが相次いだ。

■「中立的な立場で修正した」

 グーグルマップの日本版を見ると、もはや欄外の所在地として韓国の住所はなく、地図上に「竹島」の表記がされている。これまでになかったものだ。

 政府や島根県では、竹島は日本固有の領土だとして、以前から再三、グーグル側に表記の訂正を要請してきた。国会で自民党議員からも質問があり、政府は6月、グーグルが対応を検討しているという答弁をしていた。

 グーグルは10月19日に韓国住所を削除するなどしており、政府などの要請を受けて行ったらしい。島根県の総務課によると、24日にグーグル側から連絡があった。

 グーグルマップの韓国版には、韓国名の「独島」と地図上に表記されており、こちらも韓国住所が削除されていた。また、日・韓版以外は、欧米などで使われている「リアンクール岩礁」の表記になっている。島根県によると、グーグル側は、「中立的な立場で修正した」と説明したという。

韓国インターネットネチズン

 これに対し、韓国の大手紙「朝鮮日報」などは、修正について、「日本政府からの圧力があった」などと報じた。サイト上の記事のコメント欄には、書き込みはまだそれほどないものの、過激な文言がいくつか見られた。

  「仇敵日本は、早く海の中に永遠に沈没して、借金だらけの国に没落してほしい」「日本は呪いをうけてきっと滅亡する」「もうグーグルの検索エンジンを使わないぞ!」

日本人が知っておくべき竹島・尖閣の真相 (ポスト・サピオ ムック)
日本人が知っておくべき竹島・尖閣の真相 (ポスト・サピオ ムック)


■「日本海」も表記された

 グーグルの修正について、外務省の北東アジア課では、「以前よりもよくなったのは事実」と一定の評価をした。ただ、「100%満足ではありません」と言う。

 島根県によると、グーグル側には、島根県隠岐の島町の住所を入れてほしいと要請しており、総務課では、「一部進展しましたが、住所明記を引き続き要請したい」としている。

 また、「竹島」でグーグルマップを検索すると、未だに鹿児島県の地名が出てきたり、「竹島 島根県」と入れても、島根県庁の竹島資料室などが表示されたりする。「dokdo」と検索しないと、竹島は出てこない。この点については、「要請はしていませんが、検索で出てこないのは別問題。電話などでグーグル側に確認したい」と話している。

 なお、グーグルマップの日本版では、以前はなかった「日本海」の表記も、ここに来て地図上に書き込まれた。日・韓版以外では、「Sea of Japan」になっている。一方、韓国版では、韓国名である「東海」の表記になっている。

 2012年8月に国連の地名会議で、「日本海」の呼称のままにすることが決まったが、グーグル側はそれを考慮したのだろうか。外務省に聞いても、「グーグル側との信頼関係があるので、具体的なやり取りは差し控えたい」と明言はなく、グーグル日本法人に取材しても、担当者は出張中というだけでメールにも回答がなかった。

決定版! 尖閣諸島・竹島が日本領土である理由がわかる本 (宝島社ブックレット)
決定版! 尖閣諸島・竹島が日本領土である理由がわかる本 (宝島社ブックレット)
posted by 切葉鳩 at 22:51 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック