2012年10月27日

ロンブー淳が警官にマジギレ、怒声浴びせる 大人気なさすぎる姿がネットで生放送

一億総ガキ社会 「成熟拒否」という病 (光文社新書)
一億総ガキ社会 「成熟拒否」という病 (光文社新書)

 「俺の仕事侮辱しておいて…!」「もっとちゃんと謝ってください!」――夜の東京に響いた怒声の主はなんと、人気タレント「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さんだった。

 突っかかった相手は、2人組の警察官だ。両者の押し問答は10分近くに及んだ。しかもその一部始終は、田村さん自身によってネット上に動画で生配信されていた。いったい何があったというのか。

■「謝ってる人の言い方じゃないでしょ!」

 トラブルが起きたのは、2012年10月26日夜のことだ。この日、田村さんは自分が率いるロックバンド「jealkb(ジュアルケービー)」のライブをPRするため、都内の路上でスタッフらとともに自らチケットを販売、さらにその様子を動画サービス「ツイキャス」を通じてインターネット上で生配信していた。

漫画となりのクレーマー基本編
漫画となりのクレーマー基本編

 田村さんは最近「ニコニコ生放送」や「ツイキャス」を通じて、個人制作のインターネット生番組を積極的に配信している。この日の配信もその一環として行われたもので、突然の有名人の登場に、通行人からは歓声が上がっていた。

 ところが、そこに男女2人組の警察官が現れたことで雲行きが一変した。女性警官は田村さんらの車を駐車違反で取り締まるとともに、動画配信も「道路の許可は?」と止めさせようとする。

 映画などの場合、撮影に道路の使用許可を得ている場合は多いようだが、田村さんのケースが違法かどうかは画面からははっきりわからない。

 田村さんはカチンときた様子で、「パソコンの生配信なんですけど、許可はいるんですか? 生配信は許可取りなさいって言われてないですよ?」と反論する。険悪な雰囲気を見かねた男性警官が、

  「テレビ出られている方ですからね、周りの目があるので……」

となだめようとするが、この一言が田村さんの「逆鱗」に触れた。

  「テレビに出ているから何なんですか!? 芸能人だから、僕普通の生活しちゃダメなんですか? それは職業差別でしょう! 俺、町も歩けないし生配信もできないんですか?」

 予想外の剣幕に男性警官も「すいませんでした」と詫びるが、田村さんは「謝ってる人の言い方じゃないでしょ、どう考えたって!」「俺の仕事侮辱しておいて、なんでそんな言い方なの」とさらにヒートアップする。男性警官は「そんな、侮辱って……」と困惑、ついには無言で田村さんに背を向けてしまった。

必ず黙らせる「クレーム」切り返し術―どんな相手にも通用するとっさのひと言 (日文新書)
必ず黙らせる「クレーム」切り返し術―どんな相手にも通用するとっさのひと言 (日文新書)


■女性警官「なんでそんなに突っかかってくるんですか?」

 なおも田村さんは収まらず、さきほどの女性警官に対し「態度が高圧的だ」と食ってかかる。女性警官が、田村さんの名前を田村さん本人ではなく周囲の人間に確認したこと、それに文句をつけた田村さんに「名前を存じ上げないので」を連発したことも、火に油を注いだようだ。しかし女性警官も一歩も譲らず、「なんでそんなに突っかかってくるんですか?」と反撃する。

 結局、警官側が動画に映りこむことを拒絶して、「バトル」は幕に。田村さんは、

  「これが(警察の)現状ですよ、結局。あの対応です」

と苦々しげにぼやいてみせた。

 田村さんは現在、問題の動画をパスワードがなければ閲覧できない状態にしている。ツイッターでは、「警察を否定するのがカッコ良いスタンスは俺には理解できない」との匿名ユーザーからの批判に対し、

  「わざわざ別アカウントを使ってでしか、自分の意見を言えない奴の方が俺には理解できない♪(´ε` )」

と返しているが、それ以外では「事件」に直接言及していない。

「クレーマー」を「リピーター」に変える3つのステップ-ストレスなし!  クレーム対応の基本から売上を伸ばす!  クレームトコトン活用術まで- (DO BOOKS)
「クレーマー」を「リピーター」に変える3つのステップ-ストレスなし! クレーム対応の基本から売上を伸ばす! クレームトコトン活用術まで- (DO BOOKS)

クレーマーの脅迫 女子アナウンサー [DVD]
クレーマーの脅迫 女子アナウンサー [DVD]
posted by 切葉鳩 at 23:19 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック