2012年11月04日

接戦を制し巨人が3年ぶり日本一!−−コナミ日本シリーズ2012第6戦

関連記事
巨人2ケタ大勝で日本一へ王手!!−−コナミ日本シリーズ2012第5戦
世紀の大誤審!加藤小芝居?危険球退場の多田野「だます方もだます方」

日本シリーズ第6戦、巨人4−3日本ハム、巨人4勝2敗、3日、東京ドーム

巨人が4−3で日本ハムを下し、4勝2敗として3年ぶり22度目のシリーズ制覇を果たした。MVPは2勝を挙げた内海が獲得した。日本ハム・栗山監督は就任1年目での日本一はならなかった。

 試合は一回に巨人が先制。長野が中前打で出塁すると、松本哲が犠打、坂本が左前打で一死一、三塁の好機。阿部は一直に倒れたが、村田は死球を選び満塁となり、矢野が左翼フェンス直撃の2点適時打を放った。さらに二回、長野が左翼席に飛び込むソロ本塁打を放ち追加点をあげた。日本ハム先発の武田勝は2回3失点で降板した。

 六回、日本ハムはここまで本塁打、打点ともにゼロだった中田が、左翼席に飛び込む3ランを放ち同点。しかし、七回は沢村に替わってマウンドに上がった福田を攻め二死満塁の好機を迎えたが、糸井が巨人3番手・高木京に右飛に打ち取られ勝ち越しできなかった。

 するとその裏、巨人は長野が四球を選び松本哲の犠打で二塁進塁。ここで右ひざ裏の違和感で第4戦と第5戦を欠場した阿部が、勝ち越しの中前適時打を放ち試合を決めた。

2012 日本シリーズ読売ジャイアンツ優勝記念号 【雑誌】

日本シリーズ速報号 おめでとう! 原巨人日本一! 【雑誌】
posted by 切葉鳩 at 03:47 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック