2006年12月26日

◆ハゲに実刑判決

姉歯に懲役5年の実刑判決が出ました。
多くの人が軽すぎると考えるでしょうね。

でも、ちょっと待って下さい。

気持ちは分かりますが彼が多くの人の命や人生を台無しにしたとか批判されちゃうんだけど言い過ぎじゃないか、と。
変な話、地震さえ来なければ安いマンションまる儲け、です。
殺人未遂を適用しろ、なんて人もいますがそれこそ暴論です。

安いものを買う、というのはリスクも高いってことです(談合問題も完全自由競争入札にはリスクもあると覚悟の上で導入すべきです)

買った人は事故責任。
それが小泉流市場原理主義における常識ですね。

官から民へ

このテーゼは権限はもちろん、責任も民に丸投げするものです。

そこいら辺も含め、国会でも議論されるべきでした。が、忘れやすい国民性のためか、何も解決もせず終わってしまいました。
あのとき騒いでいた4点セットをどれだけ覚えている人がいるんでしょう?

姉歯というズラの男を厳罰に処するのであれば、その前に自分を省みるべきでしょう。
posted by 切葉鳩 at 19:05 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック