2014年01月31日

「ビタミンD」の摂取が"冬季うつ"に効果 - インフルエンザや花粉症にも有効

日本でも年々うつ病の患者が増加。2011年には、厚生労働省の定める「5大疾病」の中にうつ病を含む精神疾患が加わり、患者数は約323万人と「5大疾病」のなかで一番多くなっているという(平成20年現在)。

うつ病など精神疾患には、季節によって発病する疾患が存在。その中でも、日照時間の短くなる冬には「冬季うつ(冬型SAD)」になる危険性が高まる。この病気の原因は、日照時間が短くなることで起こる「ビタミンD不足」。日本でも北海道や東北、北陸地方のような日本海側で、緯度が高く、日照時間が少ない地域に多く見られる。

「冬季うつ」は通常のうつとは少し違った症状が現れ、生活のリズムの変調などが見られる疾患。特に顕著なものが、冬になると眠くてたまらない、甘いものが欲しくなるという症状で、うつと自覚しにくいが、10月〜11月頃から始まり3月ごろには快方に向かうようなパターンが見られる場合、冬季うつの可能性が高いといわれている。
冬季うつを解消するためには、照明器具による治療よりも「ビタミンD」の摂取のほうが効果的という結果が出ている。冬季うつの患者15人のうち8人には「ビタミンD」のサプリメントを投与、7人には光線療法を実施したところ、両群ともにうつ病は改善に向かったが、光線療法(36%)よりも「ビタミンD」投与(74%)のほうが有効であるという結果となった(1999年 米国ユニオン・メモリアル病院とジョンズ・ホプキンス大学のグロス博士の研究より)。

冬季うつに効果的な「ビタミンD」は、油に溶ける脂溶性ビタミン。ビタミンD2(エルゴカルシフェロール)とビタミンD3(コエカルシフェロール)に分けられ、前者は植物に、後者は動物に多く含まれる。「ビタミンD」は、カルシウムの吸収を助け、くる病や骨粗鬆症の予防に不可欠であることが広く知られているが、近年では、先に述べたうつ病などの精神性疾患、大腸がんや乳がんといったがん予防(細胞の不健康な増進をコントロールし、正常な細胞にする)、結核、インフルエンザ予防・改善(免疫強化)、花粉症などのアレルギー緩和、糖尿病の予防などにも効果が期待できる試験結果が出ており、いまだ効果的な予防法が見当たらない疾病にも有効である可能性が示唆されている。

このようにさまざまな疾病の予防に効果が期待される「ビタミンD」は、サンシャインビタミンとも呼ばれ、日光(紫外線B波)を浴びることによって皮膚でつくられる"ホルモン"でもあり、、魚やきのこなどの食品からも摂取できる。

ネイチャーメイド スーパービタミンD 1000IU(90粒)【ネイチャーメイド(Nature Made)】[サプリ サプリメント]


posted by 切葉鳩 at 22:45 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | めも
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック