2015年06月14日

韓国MERS「長期化」 WHO、初動遅れ指摘

韓国での中東呼吸器症候群(MERS=マーズ)コロナウイルス感染の実態調査を進めていた世界保健機関(WHO)と韓国の合同調査団は13日、調査結果を発表。「韓国でのMERSの流行は大規模で、感染者が今後も増える可能性がある」と指摘した。

 調査団は「防疫措置はある程度効果をあげているが、感染終息には時間がかかり、短期間での解決は期待できない」と展望した。韓国でのウイルスについては「変異していないことを分析で確認した」とする一方「地域社会への拡散の証拠はないが、持続的な監視は必要」と強調した。また、韓国政府の初期段階での情報公開が遅れたことを感染拡大原因のひとつとし、国内外への情報公開を促した。

 一方、韓国保健福祉省は13日、感染者が新たに12人確認されたと発表した。このうち70歳の男性が、最初の患者から2人を介した4次感染者だったことが初めて確認された。韓国での感染者は死者14人を含む計138人となった。

 4次感染した男性は救急車の運転手で、院内感染した患者を搬送していた。また、12日から13日未明にかけて死亡した3人はいずれも60〜70代の高齢者だった。医療機関や自宅での隔離対象者は4千人を超えた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150614-00000047-san-kr



タグ:MERS 韓国
posted by 切葉鳩 at 10:38 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック