2015年06月15日

セ・リーグ全滅…交流戦でパ・リーグが8年ぶり同一リーグ6勝

意外!? 交流戦、パ・リーグ「6戦全勝」は8年ぶり
http://bylines.news.yahoo.co.jp/tajirikotaro/20150614-00046654/

6月14日(日)の「日本生命セ・パ交流戦」はパ・リーグ本拠地各地で6試合が行われた。
結果は以下のとおり

日本ハム3−1DeNA(札幌ドーム)
楽天4−0中日(コボスタ宮城)
西武3‐2ヤクルト(西武プリンスドーム)
ロッテ3×‐2巨人(QVCマリン)
オリックス10−1阪神(京セラドーム)
ソフトバンク7−2広島(ヤフオクドーム)

パ・リーグの1日6試合全勝は、まだ(?)4回目
ご覧のとおりパ・リーグが6戦全勝した。
毎年のようにパ・リーグが圧倒する交流戦。なので、「パ全勝」といっても、それほど驚くような事実ではないと思っていたのだが、調べてみると意外な事実が。パ・リーグが6戦全勝したのは2007年5月22日まで遡らなければならなかったのだ。
それ以前は2006年5月12日、同年6月7日に達成しており、今回が4回目の出来事だった。

セ・リーグでは借金チームが2位の異常事態
今年で11年目を迎えた交流戦は、すでに前日13日の時点でパ・リーグが6年連続10度目となる勝ち越しを決めていた。これで60勝43敗3分とさらに差を広げた形だ。
この影響でセ・リーグの方では異常事態も起きている。この日で10連敗を喫してしまったDeNAは遂に借金1(32勝33敗1分)となってしまったのだが、それでもセ・リーグ順位は2位をキープしているのだ。首位の巨人でさえ貯金はわずか2(34勝32敗)。パ・リーグに当てはまれば、4番目の勝率でしかないのだ。

日本ハムかソフトバンクに絞られた「交流戦1位」
とはいえ、首位から最下位まで4.5差という「混セ」となっており、今後いい方向に盛り上がっていけば、それはそれで悪い話ではない。
また、今季の交流戦は「優勝」は決めないものの、「勝率1位球団」の表彰はある。現在の首位は日本ハム。16日に予定されている阪神戦(甲子園)で勝つか引き分ければ1位。敗れれば、ソフトバンクが逆転1位となる。

posted by 切葉鳩 at 01:02 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック