2016年03月19日

清原被告 1日5万円超個室で厳戒治療 糖尿病悪化…入院長期化へ

 覚せい剤取締法違反(所持、使用)罪で起訴された元プロ野球選手の清原和博被告(48)が保釈から一夜明けた18日、入院している千葉県松戸市内の病院で精密検査を受けた。持病の糖尿病が悪化し、重い症状が出ているという。外部との連絡は断っており、肉体的にも精神的にも弱り切っている状態。今後、糖尿病の治療に専念するが、入院は長期化するとみられる。

 この日、病院で精密検査を受けた清原被告。「体がだるい」「夜間尿が多量に出て眠れない」など糖尿病の重い症状が出ているという。精神的にも憔悴(しょうすい)していて、外部とは連絡を取っていない。

 午後1時40分ごろには病室の窓からカーテンを少しだけ開き、外の様子をうかがう清原被告を日本テレビがキャッチした。2月4日に送検された際に撮影されて以来、43日ぶりの姿。スポニチ本紙昨報通り、顔はげっそりとやつれ不安げで、口の周りは白髪まじりの無精ひげで覆われていた。その表情にかつて「番長」と呼ばれた男の面影はなく、肉体的にも精神的にも弱り切っている様子をうかがわせた。

 一昨年に糖尿病と診断されたという清原被告は息子2人と離れた後、自暴自棄になり薬の服用をやめたことがあった。しかし、仕事が増え、恋人もできた昨年秋ごろから薬を服用するように。通院もして本格的な治療を始めようとしていた矢先に逮捕され、再び病状が悪化した。

 2月2日の逮捕時には、東京都港区の自宅マンションから警視庁に身柄が移送される前に、中野区の東京警察病院に寄って糖尿病の検査を受けた。捜査関係者によると、勾留中も複数回、病院で治療を受けたという。

 清原被告は正常値100〜140とされる血糖値が900以上もあるといい、横浜市の福田医院の福田伴男院長は「血糖値が900以上になると、インスリンで抑えるしかない。急激に下げるのは体に危険なので、理想の数値になるには3カ月くらいはかかる」と指摘。勾留中には出なかった禁断症状が今後出る可能性もあり、糖尿病と薬物依存の“二重苦”を抱える清原被告の入院は長期化するとみられる。

 入院先の病院は糖尿病の専門医がいて、施設も充実。TBS「スーパードクターズ」などで紹介された名医もいる。循環器内科医の三角和雄院長は狭心症と心筋梗塞のカテーテル治療で世界的な権威。清原被告が入った病室は、指紋認証でしか扉が開かない特別室。1日の室料が5万4000円でホテルのような設備が整っている。

 病院は主人公の「私、失敗しないので」のセリフでおなじみのテレビ朝日ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」のロケで使われたこともある。初公判の期日は5月17日。“失敗しない名医”の治療を受け、どこまで回復するか注目される。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160318-00000154-spnannex-base




posted by 切葉鳩 at 08:09 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック