2016年03月30日

中国 一時Google使えて騒然

なぜ? 中国で突然グーグル閲覧可能に 一瞬の自由に「テスト説」飛び交う

 あの“万里の長城”を打ち破ったのか、それとも何らかの奇策を繰り出したのか−。インターネットの閲覧制限が厳しい中国で、グーグルの検索機能や写真共有サイト、インスタグラムの利用が、突然可能になった。このため、中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」などでは驚きや歓迎の声が飛び交い、13億人を擁する大国が騒然となった。だが、“異変”を察知した中国当局が、約1時間45分後に接続できないよう遮断措置を講じたため、うたかたの夢に終わった。グーグルへの接続ができた理由は不明で、臆測が臆測を呼ぶ状態が続いている。

 ◆SNSで「すごくハッピー」

 グーグルは2006年、中国でも検索サービスなどの提供を開始。しかし、中国当局から要請を受けて実施していた“自主検閲”が批判を浴びたこともあり、4年後の10年にサーバーを香港に移し、中国本土から“撤退”した。

 その後は、仮想プライベートネットワーク(VPN)を使うなど、利用者もあの手この手で接続を試みる状態が続いていた。

 香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)や米紙ワシントン・ポスト(いずれも電子版)などによると、中国本土でグーグルが利用できるようになったのは27日午後11時半ごろ。香港、米国など4地域のグーグルのサイトにアクセスできたという。

 グーグルにアクセスできることが分かると、中国全土のネットユーザーが「微博」などSNSで一斉に声を上げ始めた。

 広東省深センのITエンジニアは「私も友人たちに試すよう勧めた。(当局側の)一時的なトラブルか、政策を変えたのか分からないが、すごくハッピー」と興奮気味。その上で「グーグルにつながった瞬間、中国本土に言論の自由が戻ってきた」と喜びを爆発させた。

 ◆2時間たたずにブロック

 しかし、多くの人の喜びは、瞬く間に吹き飛んでしまった。グーグルが閲覧できる状態に気付いた当局がブロック。28日午前1時15分、閲覧は不可能になってしまった。その1分後にアクセスしたユーザーは「今、再びグーグルがブロックされた。われわれは短い幸せの時間を忘れるべきではない」と嘆いた。

 中国は、政府に不都合な情報をブロックする「グレートファイアウオール」(万里の長城)と呼ばれる強力なネット検閲システムを構築。体制批判や世論形成のきっかけになりそうな交流サイト(SNS)や動画サイト、ホームページなどを閲覧できないようコントロールしている。

 それなのになぜ、急に閲覧可能になったのか。中国はもちろん、グーグル側もこの件について、何もコメントしていないため、理由は不明と報じる海外メディアが多い。ただ、中国が“誇る”万里の長城に、何らかの不具合があり、閲覧できるようになった可能性が高いとの見方が強い。

 ◆「テスト説」まで飛び交う

 また、一度撤退したとはいえ、中国市場はグーグル側にとって魅力的な存在。昨年12月、上海の自由貿易区にソフト開発会社を設立したことで、グーグルの再上陸が近いとの観測も流れた。このため、今回の件は、グーグル側が何らかのテストを試みたからでは、というまことしやかな噂まで流れている。

 実態は藪の中だが、グーグルのサンダー・ピチャイ最高経営責任者は昨年、米経済誌フォーブス(電子版)にこう語っている。

 「中国とは過去に問題を抱えてきたが、基本ソフトのアンドロイド開発者やユーザーが多く、中国は決してブラックホールではない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00000502-fsi-bus_all

中国ネット最前線―「情報統制」と「民主化」


posted by 切葉鳩 at 14:16 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック