2016年07月08日

石田純一、都知事選出馬か!!??

 あのトレンディー俳優が名乗り!? タレントの石田純一(62)が7日、東京都知事選(31日投開票)について「まだ出馬を決めてはいないが、気持ちはある」と出馬を検討していることを明らかにした。東京・羽田空港で取材に応じ、「子育て支援が大事なことを訴えたい」などと強調。政界関係者によると、早ければ8日にも出馬会見を開く可能性が浮上。選挙は文化だぁ〜!

 「まだ決めてないですけど、そういう気を持たせたりとか、もったいぶったりする悪趣味はない。意識はしています」

 午後9時20分ごろ、札幌市から帰京した石田が羽田空港到着ゲートに登場。集まった報道陣にもみくちゃにされながら、出馬を検討していることを明かした。現時点で特定の政党から出馬要請はなく、市民団体と話をしているという。

 突然の伏兵登場! 政界関係筋によると、石田は出馬する方向に大きく気持ちが傾いており、各方面の調整がつけば8日にも出馬会見する見通しだ。

 石田は近年、政治活動を活発化させていた。昨年9月、安全保障関連法の廃止を求める学生グループ「SEALDs(シールズ)」などが行った国会前の反対デモに飛び入り参加。かつての自身の「不倫は文化」という“名ゼリフ”にかけて「戦争は文化ではありません」と熱く訴えた。昨年12月にもSEALDsなどが東京都内で開いた集会にスペシャルゲストで参加し、安保関連法の廃止を訴えた。

 石田の父はNHKアナウンサーで報道番組の司会も務めた石田武さん(1989年死去)。祖父の石田武太郎さんは中外商業日報(現・日経新聞)の記者で目黒区議も務めた。大学時代に結婚した最初の妻は反原発活動をしていた。実は政治や社会活動に縁が深い。石田の出馬オファーにもSEALDsが一役買っているとみられる。

 この日は具体的な政策として「一番は子育て。次の世代(に向けたもの)ですね」と、3月に妻でプロゴルファーの東尾理子(40)との間に第2子が生まれたばかりのパパらしい回答。一方、理子と結婚する際には「政治はなし」が条件だったそうで、「やめてよね、という感じでした」。義父の野球解説者、東尾修氏(66)には電話をかけたが、現時点で連絡は取れていないとした。

 CMやレギュラー番組などへの対応は「まだ全然わからない。クリアできていない」。ただ、スポンサー側には出馬の可能性について既に相談しているという。

 靴下を履かないことで知られる石田。「選挙戦では靴下を履くのか?」と聞かれると、「いやいや、まだ何も決めていないんで」と苦笑。「明日(8日)か月曜日(11日)に何らかのアクションを…」と予告して去っていった。

 自民党の小池百合子元防衛相(63)をはじめ、さまざまな名前が取りざたされる首都決戦。ノーソックスで殴り込みをかけるのか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160708-00000501-sanspo-ent
posted by 切葉鳩 at 06:23 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック