2017年09月12日

新iPhone 争奪戦は史上最難関か

最上位モデル iPhone X (仮) が発売日に入手できるかどうか戦々恐々としている皆さんに心温まるニュースです。

アップル製品のインサイダー情報で知られるKGI Securities の投資家向け最新リポートによると、アップルのiPhone X 生産能力は一日1万台に満たず、発売直後だけでなく長期にわたり厳しい供給不足が予測されるとのこと。

iPhone X(仮)は、13日未明のスペシャルイベントでアップルが発表するとみられる新iPhone計3機種のうち最上位モデル。

現行 iPhone 7, iPhone 7 Plus の後継機種が「7s」ではなく『iPhone 8』『 iPhone 8 Plus』 になる一方で、iPhoneでは初となる有機ELディスプレイ採用などを備えた高級モデルが『iPhone X』になると考えられています。

iPhone X はもともと、数千万台単位で安定して量産の必要がある iPhone の全機種ではまだ導入できない新技術をいち早く導入するフラッグシップとして、高価で出荷数も少ないモデルの位置付けです。

しかし今年に入ってからのうわさやサプライ関係者のリークでは、iPhone X は生産上でさまざまな課題に直面し歩留まりが想定以上に低く、発売日に向けた「作り置き」が間に合っていないとする説がたびたび繰り返されてきました。

今回のKGIのアナリストによる推定では、アップルが製造できる iPhone X は1日1万台以下。

1日1万台は立派に大量生産ではありますが、たとえば iPhone 6s / 6s Plus は発売週末の3日間に計1300万台超を販売しています。

アップルは発売直後の売上台数について、供給数で決まってしまうために市場からの支持を反映していないとして以前のようには公表しなくなりましたが、仮に iPhone X が発売直後に300万台しか売れないとしても、1日に1万台以下では続く需要にとても充分な数は用意できず、発売後も品薄が続くことになります。

さらに、今年のiPhoneの新色と見られる濃い金色 Blush Gold は製造工程に問題が生じており、ただでさえ僅少な iPhone X のうちさらに少ない数しか用意されないか、発売日が後にずれる可能性があるとKGIでは推測しています。
http://news.livedoor.com/article/detail/13603548/






posted by 切葉鳩 at 23:39 | 北海道 ☔ | Comment(0) | めも
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。