2017年09月13日

田中みな実、“肘ブラ”じゃ覚悟足りない!?

 13日発売の女性誌「an・an」(マガジンハウス)の表紙で、バストトップを肘で隠した“肘ブラヌード”に挑戦した元TBSのフリーアナウンサー、田中みな実(30)。これからセクシー路線も期待されるが、どうも覚悟が足りないらしい。

 今回披露されるのは、上半身裸に、ジーンズ姿で、胸は肘で隠すという限界ショット。これまでの田中アナとは一線を画するセクシーなイメージを醸し出している。

 もともと“隠れ巨乳”といわれていた田中アナ。以前のバラエティー番組で「Dカップ」以上であることを告白していたが、「胸が大きいことがコンプレックスでさらしをまいて仕事をしていたそうです。実際にはEカップはあるようです」と民放関係者。

 TBS時代には“ブリッ子キャラ”でブレークするも、いまだに自身が“タレント”なのか、“アナウンサー”なのかの立ち位置に悩んでいるという田中アナ。

 それだけにセミヌードには大きな期待がかかるが、「同じフリーでも元日本テレビの脊山麻理子は男性誌で大胆なランジェリー姿を披露している。それに比べて田中アナは女性誌での展開。過去の“ブリッ子キャラ”のために女子受けしていないだけに、本気で再ブレークを狙うなら男性誌で披露すべきだった」と出版関係者はみる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00000004-ykf-ent

anan (アンアン)2017/09/20[美乳強化塾]


posted by 切葉鳩 at 23:13 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: