2017年10月19日

ドル、113円付近





 19日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、利食いなどに押され、1ドル=113円付近で伸び悩んでいる。午後3時現在、113円00〜00銭と前日(午後5時、112円51〜51銭)比49銭のドル高・円安。
 東京の早朝は買いが先行し、113円10銭付近に浮上。午前9時すぎには、戻り待ちの売りなどに押され、112円80銭台へ軟化したが、その後は日経平均株価の上昇に沿って買い戻され、正午前には113円前後に持ち直した。午後は手掛かり材料が乏しい中、おおむね112円90銭〜113円05銭で推移した。
 ドル円は、国内外の株高や北朝鮮リスクの一服などで底堅さを増したが、「113円台では利益確定売りが出る」(FX会社)とされ、上値も限定的となっている。関係者からは「113円台にしっかり乗せるかどうか、海外市場の動向を見極めたい」(国内銀行)との声が聞かれた。
 ユーロは対円、対ドルともに高値もみ合い。午後3時現在、1ユーロ=133円32〜32銭(前日午後5時、132円33〜33銭)、対ドルは1.1797〜1798ドル(1.1761〜1761ドル)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00000022-jijc-brf

[PR]初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
posted by 切葉鳩 at 15:43 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: