2017年11月08日

円、113円台半ば





 8日午前のニューヨーク外国為替市場では、米税制改革をめぐる先行き不透明感を背景に円買い・ドル売りが進み、円相場は1ドル=113円台半ばに上伸している。午前8時45分現在は113円45〜55銭と、前日午後5時(113円96銭〜114円06銭)比51銭の円高・ドル安。
 米ワシントン・ポスト(電子版)は7日夜、税制改革の焦点となる法人減税をめぐり、上院の共和党執行部が実施時期を下院案の2018年から19年に遅らせることを検討していると報じた。これを受けて、米税制改革への期待が後退したことから、ドルを売って円を買う動きが先行している。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1585〜1595ドル(前日午後5時は1.1580〜1590ドル)、対円では同131円50〜60銭(同132円03〜13銭)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171108-00000060-jijc-brf

[PR]初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 23:37 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: