2017年11月09日

石原さとみ 最新写真集10万部超え 次は指1本で「ワレメ隠し」も原案に!

 30歳という年齢にもかかわらず、人気アイドルに引けをとらない好調な売れ行きで、世間を驚かせている。石原さとみ(30)の写真集が激売れ中だ。だが、彼女はこれにとどまらず、すでに次回の写真集企画に着手。指1本で「ワレメ隠し」も原案に上がっているという。
 「“好きな女優”“なりたい顔”など、各種ランクもので石原の1位は定番です。もともと男性人気は抜群でしたから、その人気が女性にも波及しているということ。女性人気では新垣結衣(29)もいい勝負をしていますが、男性人気では若干落ちる。そこが2人の差」(アイドル評論家)

 では、石原と新垣の決定的な違いは何か。
 「新垣には、やはりセクシーさが足りない。清楚さばかり前面に出し、石原のような色気がない。たとえば、男性誌では美人度なら北川景子の名前が出てくるし、エロ魅力ならB88の巨乳、綾瀬はるか。やはり美人、セクシー、男女人気という総合力を考えると、石原の存在感はすごい」(同)

 冒頭のように、石原が9月1日に発売した写真集『encourage』が10月23日現在、約103000部の大ヒット。今も1週間に7000部以上という驚異的な売れ行きだ。
 「今年は『乃木坂46』の白石麻衣(25)のソロ写真集『パスポート』が2月7日に発売され、23万部を突破。しかし、業界内では20万人以上が買ったのか、疑問視する声もある。“乃木坂ファン”が1人3冊、4冊とまとめ買いし、部数を伸ばしたと考えられています」
 と語るのは出版社幹部。
 「でも、版元にとっては売れれば、何でもいい。ただ白石の話題が、今度は石原に変わる可能性もある。今の石原の写真集の売れ行きなら白石を抜くことはあり得ます」(同)

 白石の部数は約9カ月を要している。石原の写真集の部数はまだ白石の約半分だが、わずか2カ月弱。
 「白石は発売前に重版が2度かかり、13万部でスタートした。やはり、熱狂的なファンがいたからでしょう。ところが、その後9カ月で10万部しか売れていない」(写真集編集者)

 石原はT158、B85・W57・H86の隠れDカップ巨乳という抜群のスタイル。豊満ボディーとともに人気ナンバー1として、白石には負けたくないはず。
 「大粒の汗をかきながら体型維持に努める石原のストイックなトレーニングは、高級ジムで何度も目撃されている。これからボーナスの12月とお年玉の1月は写真集がもっとも売れる時期です。白石を抜けるか微妙ですが、意地は絶対にある。万一、白石に負けるようなことがあったら、石原は続けて写真集を出す意気込みです。今回は着衣のセクシーカットでしたので、次はいよいよヌード。彼女自身はフルヌードでもいいと考えているようです」(芸能プロ関係者)

 石原はこれまでドラマでは入浴シーンを披露。決して出し惜しみしない女優だ。
 「次作はいよいよギリギリに挑戦するものと見られます。指だけで乳首隠し&ワレメ隠し、あるいは初乳首出し。30万部超えは確実です」(写真集コーディネーター)

 さとみが1番奪取! ジャンル別「写真集」1位獲得数を4週連続とし、こちらも今年度最高となった。
http://wjn.jp/article/detail/1277305/



posted by 切葉鳩 at 02:22 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: