2017年12月01日

ドル、112円台半ば





 1日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米税制改革の実現期待を受けて、1ドル=112円台半ばに上昇している。午前9時現在、1ドル=112円57〜58銭と前日(午後5時、112円28〜29銭)比29銭のドル高・円安。
 ドル円は前日の欧州時間、東京終盤に買われた流れを引き継ぎ112円40銭台へ上伸。米国時間の序盤は112円20〜40銭台で上下動し、中盤に向けては月末要因によるドル売り・円買いフローやティラーソン米国務長官の更迭検討報道などで売りが強まり、111円70銭台に失速。その後は、共和党重鎮が税制改革法案に支持を表明したことから米長期金利上昇・株高が進み、112円60銭台へ切り返した。終盤は上昇が一服し、おおむね112円50〜60銭台で取引された。東京早朝は112円70銭に接近した後、112円60銭前後で伸び悩んだ。午前8時半に10月の消費者物価指数などが発表されたが、ドル円への影響は限定的だった。
 東京市場のドル円は、米税制改革の年内成立への期待や、続伸が見込まれる日経平均株価に支えられ、底堅い展開が予想される。市場関係者は「ニューヨーク終値で112円台にしっかりと乗せたことから、下を試す動きは後退した」(国内銀行)との見方を示す。もっとも、米税制改革法案の成立は、仮に上院を通過しても、下院と法案を一本化する必要があるため、先行きは依然不透明だ。今後も同法案の行方を見極める必要があるため、「ドルを積極的には買いづらい」(FX会社)との声が多い。
 ユーロは対円、対ドルで堅調。午前9時現在、1ユーロ=133円95〜96銭(前日午後5時、133円22〜23銭)、対ドルでは1.1897〜1898ドル(同1.1864〜1864ドル)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00000011-jijc-brf

[PR]【考えないFXトレード】
posted by 切葉鳩 at 09:58 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: