2017年12月24日

有馬 キタサンブラック有終V

 師走のグランプリ競走「第62回有馬記念」(G1、芝2500メートル)が24日、中山競馬場11Rで行われ、武豊騎手騎乗の圧倒的1番人気キタサンブラック(牡5=清水久厩舎、父ブラックタイド、母シュガーハート)が優勝。ラストランで有終の美を飾った。

 好スタートから先手を奪ったキタサンブラック。ペースを落としてレースを支配すると、直線半ばで堂々と抜け出した。最後は外から追い込み馬が殺到したが逃げ切った。1馬身半差の2着は8番人気のクイーンズリング、さらに鼻差の3着には3番人気シュヴァルグランが入った。勝ちタイムは2分33秒6(良)。

 勝ったキタサンブラックはシンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクト、ウオッカに並ぶ歴代最多タイのJRA・G1通算7勝目。また、獲得賞金でもテイエムオペラオー(18億3518万9000円)を抜き、JRAのレースのみを対象にした賞金ランクで歴代1位、賞金王となった。通算戦績は20戦12勝。

 鞍上の武豊は中央G1通算75勝目で今年4勝目。有馬記念はオグリキャップ(1990年)、ディープインパクト(2006年)以来の3勝目で、過去2勝も騎乗馬の引退レースだった。管理する清水久師は中央G1通算7勝目で今年4勝目。

 グランプリ競走恒例のファン投票では昨年の宝塚記念から堂々の4連覇を達成。オーナーは歌手の北島三郎氏、主戦騎手は競馬の第一人者・武豊。ファンに愛され続けた名馬が偉業達成とともにターフに別れを告げた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00000119-spnannex-horse




posted by 切葉鳩 at 17:36 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: