2018年01月15日

藤井四段が現役名人に勝利

中学生プロ棋士・藤井聡太四段が、地元・愛知で公式戦に臨み、初めて現役のタイトルホルダー・佐藤天彦名人から大金星を挙げた。
14日、名古屋で行われた「朝日杯将棋オープン戦」。
1回戦に勝った藤井四段、午後の2回戦の相手は佐藤天彦名人。
将棋界で最も権威があるとされる現役の名人と対局するのは、初めて。
持ち時間40分の早指し戦、序盤から優勢に進めた藤井四段が、121手で勝った。
藤井四段は「勝負の上では対等という気持ちで、臨もうと思った。佐藤名人を指し負かすことができたことは、自信になった」と語った。
藤井四段は、2月の準決勝で、国民栄誉賞受賞が決まった羽生善治竜王と公式戦で初めて対局する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00024575-houdouk-soci



posted by 切葉鳩 at 15:42 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。