2018年01月23日

ドル、111円近辺





 23日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米国のつなぎ予算案の成立が確実になったことから、1ドル=111円近辺に上昇している。午前9時現在、1ドル=110円97〜98銭と前日(午後5時、110円78〜79銭)比19銭のドル高・円安。
 前日の欧州時間、ドル円は110円60〜70銭台で小幅な値動きとなった。米国時間の序盤は、上院でのつなぎ予算案の採決を控える中、110円70〜80銭台でもみ合い。中盤は、米野党が予算案を可決することで合意したと複数のメディアが報じると111円20銭台へ上昇。終盤は戻り待ちや利益確定の売りに押され、111円近辺に水準を切り下げた。東京早朝は110円80銭台へ緩んだ後、111円付近へ買い戻されている。
 きょうの東京市場では、ドル円は日銀金融政策会合と黒田総裁会見を見極めたいとのムードが強く、上値追いには慎重となっている。市場関係者は「黒田総裁の会見までは111円前後でもみ合う」(FX会社)と予想している。
 ユーロは対円、対ドルで上昇。午前9時現在、1ユーロ=136円01〜02銭(前日午後5時、135円56〜58銭)、対ドルでは1.2256〜2256ドル(同1.2237〜2237ドル)。
https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180123-00000040-jijf-market

[PR]【考えないFXトレード】
タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 09:18 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: