2018年01月23日

日経平均、2万4000円台を回復 26年2カ月ぶり

 23日の東京株式市場は日経平均株価が3営業日連続で値上がりし、約26年2カ月ぶりの2万4000円台を回復した。終値は前日終値より307円82銭(1・29%)高い2万4124円15銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同19・15ポイント(1・01%)高い1911・07。出来高は14億1千万株。

 米政府機関の一部閉鎖が解除される見通しとなったことで、前日の米株式市場が続伸。海外勢の投資意欲が上向き、東京株式市場でも幅広い銘柄が買われた。市場では「経済環境はよく、節目の2万5000円台の回復に向けて、これから本格化する企業決算が注目される」(大手証券)との声が出ている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180123-00000055-asahi-brf



posted by 切葉鳩 at 17:48 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: