2018年01月25日

ドル、109円前後





 25日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、ムニューシン米財務長官のドル安容認発言で急落した後の買い戻しが一巡する中、1ドル=109円前後で伸び悩んでいる。正午現在、109円05〜07銭と前日(午後5時、109円95〜95銭)比90銭のドル安・円高。
 ドル円は早朝、109円20〜30銭前後で推移した。午前9時以降は仲値に向けて実需筋の買いが優勢となり、109円50銭近くまで回復したが、同水準で買いは一服。その後は徐々に売りが強まり、正午に向けては109円に接近する展開となった。
 ドル円は大幅に下落した後を受けて「いったん実需筋が値ごろ感からの買いを入れたが、109円台半ばで息切れした」(為替ブローカー)という。米財務長官が「ドル安を歓迎する発言を行っている以上、ドル円の反発は難しい」(FX業者)とみられ、なお下値不安が根強い。
 ユーロは対円で小高い。対ドルは続伸。全面的なドル安を受けてユーロドルの上昇が目立つ。正午現在、1ユーロ=135円49〜49銭(前日午後5時、135円37〜38銭)、対ドルでは1.2422〜2422ドル(同1.2311〜2312ドル)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180125-00000019-jijc-brf

[PR]FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX
タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 13:47 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: