2018年01月28日

580億円相当の「NEM」流出のコインチェック、日本円で返金へ





 1月26日に不正アクセスを受け、約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した仮想通貨取引会社のコインチェックが28日、顧客への補償方針を発表した。NEMを保有する約26万人全員の「コインチェックウォレット」に日本円で返金するという。

 返金時のレートは、売買停止期間中の他社の取引価格を基に算出。 1XEM(NEMの通貨単位)当たり88.549円とし、顧客の保有分に応じて返金する。

 補償時期や手続き方法は検討中。返金の原資は自己資金を充てるという。

●なぜ流出した?

 コインチェックは通常、顧客から預かった仮想通貨をオフライン環境で厳重に管理する「コールドウォレット」と呼ぶ方法を採用。「ビットコイン」などをこの方法で管理している。

 しかしNEMは技術的な難易度が高く、同方法の適用が困難だったため、オンライン環境で管理する手法「ホットウォレット」を用いていた。その欠点を突かれ、何者かに「NEM」を不正に送金されたとしている。

 コインチェックは「お客さま、取引先、関係者の皆さまにご迷惑をおかけしており、おわび申し上げます。原因究明、セキュリティ体制の強化などを含めたサービスの再開に尽力します」とコメント。

●登録申請も継続

 同社は昨年9月、金融庁に仮想通貨交換業の登録申請を行ったが、審査結果はまだ明らかになっていない。この点についても「登録申請の継続的な取り組みもあわせて、今後も事業を継続してまいります」とした。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-00000013-zdn_mkt-bus_all



posted by 切葉鳩 at 09:00 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: